木を切る区長は小池知事の元秘書

作業員が幹にチェーンソーをあてると火花が飛び散った。=9日夜、神田警察署通り 撮影:田中龍作=

 チェーンソーの暴力的なエンジン音とともにイチョウが次々となぎ倒されていった。

 皇居がある東京都千代田区では再開発のため神田警察署前のイチョウ並木をすべて伐採(2本だけ移植)する。

 戦争で焼け野が原となった神田に、人々は火災に強いイチョウの木を植えた…戦中戦後の歴史さえ再開発の前には、いとも簡単に亡き者にされてしまうのである。

 樹齢70年直径40㎝余りの巨木でさえ幹を切断するのには2分とかからない。唖然とする他なかった。

 地元住民は伐採を阻止するため工事費の支出差し止めを求める訴訟などを起こしてきた。

 しかし千代田区は昨年すでに7本伐採。今年は16本を伐採、2本を移植する予定だ。これでイチョウ並木は完全に姿を消す。

住民は「切らないで」と叫び続けた。=9日夜、神田警察署通り 撮影:田中龍作=

 今年の伐採作業が昨夜(9日夜)9時頃から始まった。

 イチョウを切らせまいと監視を続けてきた住民20人が、神田警察署通り南側の歩道に張り付いた。だが千代田区は裏をかいて北側の歩道を囲い込んだ。トラック、カラーコーンを置き、大勢のガードマンを配置した。

 「切らないで下さい」「一度壊してしまったら取り返しがつかないんですよ」・・・住民たちから悲鳴のような叫びがあがったが、作業員たちは気に留めることもなく作業を続けた。

 チェーンソーの凶暴なエンジン音が夜空に響いた。9日夜は3時間半かけて7本を伐採した。

 ちなみに樋口高顕区長は、小池都知事の秘書だった人物だ。小池知事が3選されたら神宮外苑はどうなるか。察しがつくはずだ。

伐採されたイチョウはトラックに積み込まれて行った。=9日夜、神田警察署通り 撮影:田中龍作=

  ~終わり~
 
  ◇
《読者の皆様》

昨年末から借金が続いております。赤字に次ぐ赤字です。

ご支援何とぞ宜しくお願い致します。

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治

前川喜平氏、地元有権者に「萩生田さんを落として下さい」

【ガザ】エイドワーカーが “誤爆” される理由

【裏金議員】詰め腹二人、他は大甘の処分

【衆院東京15区補選】須藤元気「右でも左でもない、私たちの生活を取り戻す」

これがガザに降り注ぐ砲弾だ

【会計報告】 3月期

蚊取り線香が蘇らせるアジアで一番長い内戦と拷問部屋

森喜朗の開発で滅亡する銀杏並木の種を子どもたちが次世代に残す

小池独裁下の都議会 知事の「答弁拒否」を追及したら削除動議が可決した

【中国ロゴ事件】国民に費用負担させ、安全保障を危うくする日本の政治家