コロナで休業補償が出なかった大手飲食会社のアルバイト従業員は泣き寝入りしなかった

「際コーポレーション」本社前でシュプレヒコールをあげる労働者たち。=25日、目黒区 撮影:小杉碧海=

 コロナを理由に会社から「あしたから来なくていい」と言われ、休業補償をビタ一文も受け取っていない非正規労働者は、今、日本に数えきれないほどいる。

 紅虎餃子房など350店舗を展開する際コーポレーションがアルバイト・パート従業員に休業補償を支払っていないことが分かった。

 アルバイト従業員のIさんは「際コーポレーション」傘下の飲食店で月24日、1日11時間労働でシフト勤務に入っていた。月収は手取りで30万円。生活のすべてをアルバイト収入で支えていた。

 困り果てたIさんは労働組合の飲食店ユニオンに入り、5月7日、会社に休業補償を求める団体交渉を申し入れたが、会社側はコロナ禍を理由に団体交渉を断った。

厚労省で記者会見するIさんと飲食店ユニオン。=25日、霞ヶ関 撮影:小杉碧海

 生活の糧を失い追い詰められたIさんは、あらためて今日、「際コーポレーション」本社(東京都目黒区)に出向き団体交渉の申し入れをした。田中は記録係として同行した。

 「生活がかかっているんですよ」Iさんは声を震わせて訴えた。

 だが会社側はまたもやコロナ禍を理由に話し合いを拒絶した。コロナ禍であるからこそ、労働者は急ぐ必要があるのだ。

 申し入れ書によると、「際コーポレーション」は—

 「アルバイトに対する全額の休業補償は行わないし考えてもいない」「雇用調整助成金を活用しない」旨を電話で答えた。

 Iさんはこの後、ユニオンのメンバーと共に厚労省で記者会見を持った。それによると—

 ちょうど2ヵ月前、3月25日だった。Iさんが勤務するのとは別の店のアルバイトスタッフからコロナ感染者が出た。

 Iさんによれば、会社側はコロナ感染を理由に「アルバイトは全員休め」とのお達しを出した。

 会社都合で休ませる場合は最低で収入の6割を補償しなければならない(労働基準法第26条)。「際コーポレーション」広報担当者によれば、アルバイト・パートは休業補償の対象外となっている。

Iさんの給与明細。3月を最後に収入は途絶えた。

 厚労省記者会見から3時間あまり経った夕方7時、「際コーポレーション」広報担当者から田中の携帯に電話があった―

 「団体交渉については日程の調整に入る」と。一歩前進だ。

 アルバイトの収入がなくなって困窮する学生やパートの皆さん。泣き寝入りせず、声をあげよう。それもできるだけ大きな場所で。

 そもそも雇用調整助成金などという会社を通しての煩雑な支援システムではなく、労働者に直接振り込まれるようにしていたら、働く者がこんなに苦しむことはなかった。明らかに国の不作為がもたらした被害である。

   ~終わり~

        ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミが報道しないニュースを伝えます。政権やその補完勢力の幇間にはなりません。

取材には交通費等がかかります。ご支援何とぞお願い申し上げます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治

「あんな人達」が「安倍辞めろ」の聖地で「補償しろデモ」

ツイッターデモの次はレノンウォールだ #辞めるなら今だぞ安倍晋三

弁護士ら662人が安倍首相を刑事告発 桜を見る会

後の最高裁長官も記者と賭けマージャン 検察司法とマスコミの腐れ縁

救国内閣 「右大臣・玉木雄一郎 左大臣・山本太郎」

安倍レームダック化 「誰か総理ができる政治家はいないか」

強行採決防ぐ自民切り崩し 回線がパンクするまで電話を鳴らそう

永田町古老が証言 「自民良識派が裏技で強行採決を防いだ」

【検察庁法改正案】泉田の乱 自民党内の造反は瞬殺された 

500万人デモに永田町界隈 「ツイッター社に圧力を掛けてでも止めさせろ」