戦わなくなった野党第一党

安保法制反対集会に登壇した村山元首相。学徒出陣を経験し骨の髄まで反戦だった。=2015年、国会正門前 撮影:田中龍作ジャーナル取材班=

 「予算案は2日に衆院を通すことで(自民党と立憲の間で)話ができているみたいだね」。前日、永田町を歩いているとある国会議員が明かしてくれた。

 元社会党の古参秘書は「当時、自民党と裏で握り合っていた節もあったが、戦う時は徹底的に戦った。今のように最初から握り合っていたりはしなかった」と腹立たしそうに語った。

 村山富市元首相は社会党でありながら保守政治家であったため、「自民党村山派」とまで揶揄された。自社さで自民党を政権復帰させた “主役” だった。

 それでも社会党国対委員長として自民党に徹底抗戦した。それはPKO国会(1992年)に象徴される。社会党衆院議員132人全員が議員辞職届を出して衆院を解散に追い込む作戦に出たのである。桜内議長は受理しなかった。

 もちろん牛歩戦術も使った。

 PKO法案は自衛隊を海外に派兵することを可能にする法律だった。安保法制(2015年)どころの騒動ではなかった。究極の与野党対決法案だったのである。

 田中は自衛隊派遣先のカンボジアに向けて渡航準備を進めていたので、国会の行方をハラハラしながら見守った。

 

講演のため母校明治大学を訪れた村山元首相。後ろは村山氏の長女。その後ろは田中。=駿河台 撮影:及川健二氏=

 村山氏は清貧なことで有名だった。田中は大分市の邸宅を訪ねたことがある。近所の人に「村山富市さんの自宅はどこですか?」と尋ねると「あれです」と指差された。腰を抜かすほど驚いた。指の先にあったのはあばら家だった。

 学徒動員を経験している村山氏は骨の髄から「反戦」だった。PKO法案で自民党に妥協するわけにはいかない人生を背負っていたのだ。

 氏がカネにきれいだったことを物語るエピソードがある。自民党側から国会対策費として提供された現金500万円を突き返したのだ。

記者団「500万円を自民党に突き返したって本当ですか?」

村山氏「そんなん相手に悪うて(相手の立場を考えると)言えんわ」

 社会党の衆院議員132人全員が辞職届を書いて、自民党に徹底抗戦する。

 あれから30余年。野党第一党はすっかり変容した。国対委員長も。

 ~終わり~
  
  ◇
田中龍作の取材活動は読者の御支援により維持されています。

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治

れいわ大石あきこ議員、本会議で投票できず

「3月1日から値上げ」ではない ずっと前からだ

【会計報告】2月期

小池都知事は東京15区から衆院補選に出馬するのか?

刑務所がセーフティーネットとなった国 「もう食べてゆけない」

株価最高値の現実は「炊き出しに並ぶ長蛇の列」

ウクライナはそれでも戦う 「我々には選択肢がない」

オール八王子の「萩生田落選運動」

【確定申告】 庶民イジメの税務署に行ってきた

【ラファ】大量虐殺はこうして証拠隠滅する