世界のメディアが呆れる海洋投棄の決定

原発汚染水の海洋投棄に反対する抗議集会を取材するフランスの通信社。=13日、官邸前 撮影:田中龍作=

 福島の原発事故からちょうど10年目の年、この国はまた世界に恥ずべきことをしでかした。

 政府は東電福島第一原発の事故処理で大量に発生する汚染水を海洋に投棄することを、きょう13日、閣議決定した。

 海洋投棄以外の処理方法としては、「セメント状に固形化して地下に埋設」「大型タンクの新設(空地はまだある)」がある。

 だが、政府は海洋放出という最も安あがりな方法を選んだ。東電に配慮してのことだ。

 セメント状に固形化して地下に埋設すると2,431億円かかるが、海洋投棄だと34億円で済む。約80分の1なのである。経産省が「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」に提出した資料で明らかになった。2019年のことだ。

経産省が「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」に提出した資料。

 海は世界とつながっている。福島原発由来の放射能は各国の海を汚染するのだ。日本の記者クラブメディアを抑えることはできても、海外のメディアを抑えることはできない。

 13日、首相官邸前で行われた抗議集会には、田中が目視しただけで米国AP、フランスAFP通信社、中国中央電視台、韓国のテレビ局SBSが取材に来ていた。各国を代表するメディアである。AP、AFPは世界的メディアでもある。

 韓国SBSのユ・ソンジェ記者は田中のインタビューに次のように語った―

 韓国の政府も市民団体も心配している。(福島は太平洋側、韓国は日本海側だが)2年後くらいに回流するかもしれない。

 韓国では、福島に近い千葉県産の物まで海産物輸入禁止にしている。禁止措置は当分の間続くだろう。

 日本政府や東電の発表だけでは信用できない。

 いずれはこういうことになる(海に放出する)と分かっていたが、やっぱりこれか。なんで今なのか。

 韓国も中国も(放出しないよう)求めてきたが、日本(政府)は(日本)市民の声も聴いていない。これは問題じゃないか」。

中国のNHKに相当する中国中央電視台の女性リポーターも抗議集会のもようを伝えた。=13日、官邸前 撮影:田中龍作=

   ~終わり~

   ◇
『田中龍作ジャーナル』は新聞テレビにない視点からニュースを伝えます。読者の御支援により維持されています。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

原発災害

6月末までに終わりっこない高齢者のワクチン接種 五輪に間に合わず

食料配布の難しさ 撮影NGなら生活困窮者が長蛇の列

コロナワクチン供給システムは止まっていた 冷凍を冷蔵で送る致命的ミスも

【聖火リレー】島根県知事が一転、無条件降伏 決め手は二階幹事長

銀座の隣町で食料配布

広がる貧困 「死のうと思ったけど死ねなかった」

新たな売国協定 審議入りにNO

在日ミャンマー人が日本政府に要請「内戦になったら(反国軍の)連邦軍に付いて下さい」

【ミャンマー軍事政権】外務省「新規ODAは止めない」

国家と個人の尊厳などあったもんじゃない デジタル庁設置で最終局面に入ったグローバリゼーション