コロナ爆発的感染、東京は1ヵ月以内にNYのようになる 厚労省「否定できない」

赤=東京、青=NY。東京は2週間遅れでNYとよく似た増加トレンドをたどる。それを表すグラフ。=野党合同ヒアリング配布資料=

 新型コロナウイルスがオーバーシュート(爆発的感染)し、7万6千人が感染、300人超が死亡したニューヨーク州。(3月31日現在)

 「東京が1ケ月以内にニューヨークのようになる可能性があるか?」。2日の野党合同ヒアリングで野党議員が政府側に質問した。

 厚労省・健康局結核感染症課の日下英司課長は「同じトレンドなので同じように患者が増える可能性は否定できない」と答えた。

 日下課長は医師の資格を持つ。「NYは今我々がやっているようなクラスター対策をやってないので…(中略)これ(NY)と同じような経過をたどるかどうかというのはなんとも申し上げられないが、爆発的に増えて行くとクラスター対策がなかなか追いついていかないという可能性もある」と危機感を示した。

厚労省が東京都の実情を把握していないのか。東京都が厚労省に隠しているのか。都議会議員も加わって政府を追及する。=2日、衆院第4控室 撮影:田中龍作=

 山中伸弥教授(京大iPS細胞研究所)は、提言のなかで次のように警鐘を鳴らす(太字が山中教授の言葉)―

 検査数が世界の中でも特異的に少ないことを考えると、患者数の急増はすでに始まっていると考えるべきです。

 中国は都市封鎖をはじめとする強硬な対策をとりましたが、第1波の収束に2ヵ月を要しました。

 アメリカの予想では、厳密な自宅待機、一斉休校、非必須(必須ではない)の経済活動停止、厳格な旅行出張制限を設けたとして(も)、第1波の収束に3ヶ月かかると予測しています。

 我が国でも、東京や大阪など大都市では強力な対策を今すぐに始めるべきです。

 東京は感染者数の増加が2週間遅れでニューヨークと似た経路をたどっているとされる。

 社会保障費の削減で、行政は医師を減らすなどしてきた上に、公立病院を統廃合しようとさえしている。東京のみならず、日本の医療インフラは脆弱だ。このまま行けば医療崩壊は免れない。

   ~終わり~

     ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミが報道しないニュースを伝えます。政権やその補完勢力の提灯持ちはしません。

取材には交通費等がかかります。ご支援何とぞお願い申し上げます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治

「緊急事態宣言出すべき」 ただし「72時間前に告知、十分な減収補償を」

コロナがあぶり出した 強欲オリンピックの罪

非正規の定年は貯金なし、退職金なし

「昭恵さんだって花見してるって言うじゃない」 同調圧力にも負けず外出

小池都知事「外出自粛」が引き起こしたパニック買い 

自民・森山国対委員長、れいわ木村議員と面談 「安住先生が直接聞いて下さらない以上、森山先生に窮状を訴えていくしかないと思いました」

【公有地叩き売り】五輪選手村と森友につながる因縁の迫田元理財局長

【れいわ外し】自民・森山国対委員長「出席しても構わない」 立憲・安住氏「自民が難しいと言っている」

家賃が払えず、食費も尽きる 25日がヤマ

カメラが捉えていた 安倍首相答弁の直後、財務省幹部が改竄のため大阪入り