国会から福島瑞穂がいなくなったら

福島に大きな影響を受けた岸本さとこ次期杉並区長も応援に駆けつけた。「絶対に国会に戻って来てよ」と顔が語っているようだった。=3日、上野 撮影:田中龍作=

 福島みずほが参院予算委員会(2015年4月1日)で安倍政権の安全保障関連法案を「戦争法」と呼び、自民党が議事録からの削除を求めたことがあった。福島は頑として拒否した。

 あれから7年、日本は戦争ができる国に向けて益々前のめりになっている。政権与党の実力者たちが「敵基地先制ナンチャラ」「核ナンチャラ」と騒がしい。

 政界入りして24年、一貫して護憲平和を訴えてきた福島だが、今回の参院選で当選が危ぶまれている。

 2020年にあった社民党の分裂で地方組織の半分が抜けたのである。分裂前の2016年の参院選でも福島は当落線上にあった。今回の危うさは前回の比ではない。まさに崖っぷちである。

 永田町が改憲に向けて突き進む時、護憲勢力は福島みずほという大きな盾を失う危険性がある。平和もまた崖っぷちなのである。


正規労働者と同じ仕事をしているのにもかかわらず低賃金。辛酸をなめた非正規労働者たちが手製のウチワを持って街宣に訪れた。=3日、上野 撮影:田中龍作=

 国会議員になる前、福島は労働問題の弁護士だったこともあり、労働者それも非正規労働者たちから頼りにされてきた。

 派遣労働が社会問題になり始めた頃だった(2007~8年)。厚労省との交渉でユニオンの事務局長が「自殺者が出ないうちに派遣会社を指導してください」と泣くように直訴した。

 派遣労働の枠拡大は政権与党の大方針だったこともあり、厚労省は派遣会社への指導を渋った。

 だが交渉に同席していた福島は「それは労働基準法●条違反」とピシャリ。役人は法律違反を指摘されると痛い。

 福島の指摘で違法な派遣労働が次々と炙り出されていった。

 街宣に行くと福島に救われた非正規労働者たちが必ずといってよいほどいる。懐かしい面々に会える場所でもある。きょうも再会を喜んだ。

 働く者の生活は厳しくなるばかりだ。国会から福島がいなくなれば、路頭に迷う非正規労働者が数えきれないほど出てくるだろう。(文中敬称略)

「消費税はどうですか」。アメ横で果物店の店員に聞く福島。ごく普通の主婦目線だった。=3日、上野 撮影:田中龍作=

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙

【会計報告】6月期

従軍取材と客観報道

山本太郎は弱者の期待を裏切ってはならない 

【参院選公示】杉並区長選挙の熱気を国政へ 水道橋博士

【杉並区長選】無名の市民派候補がオール与党の現職を破る

ウクライナ情勢と参院選挙

【ウクライナ報告】ブチャの大虐殺はなぜ起きたのか

【ウクライナ報告】報酬は前金で 生きて帰れるか分からない戦争取材案内人

【ウクライナ報告】「アゾフ大隊=ネオナチ」説の荒唐無稽

香港とウクライナ 弱い側に立つということ