銀座・商店「大震災の時よりも人が減っている」

21日をもって閉店したラーメン店。=22日、銀座 撮影:田中龍作=

 2019年、飲食店の倒産件数は過去最多を記録した。倒産原因の8割は販売不振(東京商工リサーチ)。明らかに消費税増税の影響だ。

 消費税増税によるボディーブローが効いているところに、新型コロナがアッパーカットを食らわした。

 銀座を足が痛くて歩けなくなるまで歩いた。歩行者天国、小売店、飲食店・・・どこに行っても人はまばらだった。日本人は人の集まる所を避け、中国人の足は遠のいた。

 甘味処のベテラン店員は「大震災(2011年)の時より人が減っている」と呆然とする。

 店員は「消費税の伏線があって、これ(新型コロナ)ですからね」と説明してくれた。

 和菓子の甘味処であるため中国人客の割合は4分の1に過ぎない。日本人の消費が落ち込んでいる証左だ。

中国人観光客を当て込んだ有名免税店にも人影はない。=22日、銀座 撮影:田中龍作=

 銀座を“占拠”していた中国人は、新型コロナ流行後、めっきり減った。以前は中国語ばかりが耳に飛び込んできたものだが、今となっては聞くのも難しい。

 週刊誌恒例だった「美味いラーメン全国ベスト10」の最上位に必ず顔を出す店は、中国人観光客が門前市をなしていた。

 昨年12月ごろ店長に「消費税増税の影響はないか?」と尋ねた。店長は「ウチは金持ちの中国人客が相手ですから、影響はありませんね」と豪語していた。

 きょうラーメン店の前に行ってみた。土曜の昼時にもかかわらず、順番待ちの客は一人もいなかった。門前市をなしていたかつての面影は、ひとかけらもなかった。

 店長はタカをくくっていたのである。インバウンド頼みの脆さである。

 昔のように地産地消の経済構造であれば、こんな事にはならなかった。グローバル化や新自由主義が国民の底力を奪ったのである。

これまでは歩くのも大変だった銀座歩行者天国。土曜午後なのに殺風景でさえある。=22日、撮影:田中龍作=

   ~終わり~

      ◇
『田中龍作ジャーナル』は新聞テレビが報道しない社会の真実を伝えます。

取材には交通費等のコストがかかります。ご支援何とぞお願い致します ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治

このまま行くと「コロナ倒産」大量発生

長妻氏側が山本太郎側に圧力「立憲の選挙区に候補者を立てないでくれ」

新型コロナと学級閉鎖 「文科省の指示を待てない」

山本太郎「自民党含む超党派で消費税5%を今国会に緊急提案すべし」

日本人はここまで貧しくなっている

新型コロナを防ぐには「まず休め」 日本人の常識と政治の大転換を ー木村知医師に聞く 

木内みどりさん偲ぶ会 れいわ育ての母惜しむ

連合への上納金なし JR新労組は格安の組合費 

JRに数千人規模の新労働組合 闘わない連合傘下の御用組合に見切り

番記者制度という災厄 フリーに開放したところで…