【パレスチナ発】戦争に巻き込まれれば、殺され家も自由も奪われる

イスラエル軍によって破壊された住宅。いずれ子どもと親たちはここからも追い出される。=1日、東エルサレム・シルワン地区 撮影:田中龍作=

 「アラブ人に死を」と叫ぶベングビール国家治安相がナクバと呼ばれる民族浄化を企図しているエリアのひとつ、東エルサレム・シルワン地区-

 ユダヤ教徒の聖地である嘆きの壁からは1㎞と離れていない。雨さえ降っていなければ肉眼で見える近さだ。

 今からちょうど1か月前のことだった。狂信的宗教右派であるネタニヤフ新政権が発足して間もなくである。

 イスラエル軍が重機を伴ってムーサさん(仮名)宅にやって来た。「許可していない建物だ」と言い放って壊したのである。

 家族はまだ残っている部屋で暮らすが、ナクバが本格化すれば、いずれ土地を追われるだろう。

 イスラエル建国(1948年)に伴い75万人ものパレスチナ住民が家と土地を奪われた(国連広報センター)。これをナクバ(大災厄)という。民族浄化でもある。

 家も生業も奪われる難民は一人といえども出してはならないのだが、ベングビール国家治安相の目論見どおり21世紀のナクバが起きてしまったら、夥しい数のパレスチナ住民が路頭に迷うことになる。

昨年末まで子や親たちが暮らしていた住宅は破壊のあとも生々しい。=1日、東エルサレム・シルワン地区 撮影:田中龍作=

 狭い谷にひしめくようにして住宅が貼り付いている。高い場所はユダヤ人が所有し、アラブ人は谷底に追いやられている。

 一帯は監視カメラだらけ。用心深いイスラエルのことである。死角はないはずだ。パレスチナ住民は一挙手一投足までがイスラエルの管理下に置かれている。

 イスラエル建国=第1次中東戦争(1948年)と第3次中東戦争(1967年)で大量のパレスチナ住民が住み慣れた土地を追われた。

 だが戦争当事者であるアラブ諸国はパレスチナ人を受け入れなかった。こうして発生したパレスチナ難民は現在、590万人(UNRWA=国連パレスチナ難民救済事業)にのぼる。

 人が虫けらのように殺される難民キャンプの悲劇は、拙ジャーナルで繰り返しリポートしてきた通りだ。

 戦争に巻き込まれれば、殺され家も自由も奪われるのである。ウクライナを見ればお分かり頂けよう。日本とて対岸の火事ではない。

谷の一番高い所にはユダヤ人住宅が。監視カメラ(国旗の右斜め下)が、一帯をにらむ。=1日、東エルサレム・シルワン地区 撮影:田中龍作=

  ~終わり~
     
   ◇
田中龍作が戦地で見て聞いたことを記事にしています。世界でたった ひとつ しかない情報です。

戦地取材はガイドへの危険手当などで費用がかさみます。

ご支援何とぞ御願い申し上げます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

パレスチナ(ガザ・西岸)

【パレスチナ発】水は国防である 水道民営化という自殺行為

【パレスチナ発】民族浄化はもう始まっている

【パレスチナ発】田中はなぜ戻ってきたのか 米国務長官が制止に

田中龍作に紛争地報道を続けさせて下さい

民族紛争の地で噛みしめる 鈴木邦男氏が説いた保守と寛容

ウクライナへの最強戦車供与 玉突きで動く国際情勢

【コソボ発】セルビア人“支配地域”にZマーク

【コソボ発】きょうも銃撃戦 ウクライナ戦争に乗じてセルビアが蠢く

【アルメニア発】紛争地育ちは国際政治のリアル知る

脱出ロシア青年に聞く「いつ徴兵されるか」と怯え アルメニアに10万人