武装解除とは米製兵器を買わせることだった 

武装解除に応じて武器弾薬を兵営に運び込んだマスード派民兵。愛機との別れを惜しむかのようだった。=2002年、カブール郊外 撮影:筆者=

武装解除に応じて武器弾薬を兵営に運び込んだマスード派民兵。愛機との別れを惜しむかのようだった。=2002年、カブール郊外 撮影:筆者=

 日本が米国から高額な兵器を 言い値で 売りつけられる度に、ある光景を思い出す―

 2002年、アフガニスタンの首都カブール郊外。米軍とアフガン北部同盟がタリバーンから首都を奪還してから6ヵ月あまりしか経っていない頃のことだ。

 アフガン和平プロセスの一丁目一番地は各部族の武装解除だった。田中は最も精強で北部同盟の中核をなしたマスード派(部族=タジク)の兵営を訪ねた。

 兵営の正門にはソ連製のT55戦車が無造作に停めてあった。マスード派の民兵たちは次から次へと武器・弾薬を運び込んだ。高射砲、対戦車バズーカ、ロケット砲から地雷、手りゅう弾まであった。すべての兵器はロシア製か中国製だ。中国製は安いので人気があった。

 運び込みが終わると国防省の役人が書類を持ってやって来た。いずれかの部族の民兵だった役人は、もったいぶった態度で兵器の種類と数量をチェックした。

 政府庁舎に足を運ぶと国防省幹部が事情を説明してくれた。米国が仕組んだ巧妙なカラクリがあった。

路肩爆弾で破壊された米軍車両。田中は 鉄くず泥棒 と間違われ、現地人に射殺されそうになった。=2002年、カブール郊外 撮影:筆者=

路肩爆弾で破壊された米軍車両。田中は 鉄くず泥棒 と間違われ、現地人に射殺されそうになった。=2002年、カブール郊外 撮影:筆者=

 カラクリとはこうだ―
アフガン新政府は各部族から(ロシア製、中国製の)兵器を買いとる。
    ↓
米軍が兵器を買い上げる。
    ↓
アフガン新政府はそのカネで米製兵器を購入する。

 武装解除とは『米国製の兵器を買わせる』ことだったのである。恐るべきマッチポンプではないか。戦争を仕掛けておいて、戦争が終わったらロシア製や中国製の兵器を駆逐して、米製兵器を買わせるのだから。

 部族間の紛争が絶え間ないアフガンで、よくも武器・弾薬を手放したものだ。不思議でならなかったが、マスード派将校の言葉を聞き合点がいった。

 「戦争になったら、また兵器を買い付ければいいだけのことさ」。

 兵器買い付けの資金源はケシだ。アフガンでは麻薬の原料となるケシの栽培が全盛時代と同レベルにまで復活した。そうでなくてもケシ栽培はアフガン最大の産業である。

 芝刈り機でケシを刈っていた米軍兵士の姿はどこに行ったのだろうか??? ケシが米製兵器に化けて、アフガンや周辺諸国に流れ込んでくる光景が目に浮かぶようだ。

    〜終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

アフガニスタン

【国立発】地方自治潰し、元市長個人への巨額賠償命令 全国5千人の寄付で完済

マスコミが報道しなかった「森友疑惑」明るみに 木村市議に日隅一雄賞

【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家

低所得者をも生活困難にする 厚労省が絶望的な生活保護政策

【神戸報告】「新聞社は原稿入力端末を警察に置いたらええ」

【神戸発】「共謀罪の試し斬りは左翼で」 次は一般紙、SNSに言論弾圧

逮捕のスパコン社長 諮問会議メンバー入りもアベ友案件か

「意識混濁の詩織さんホテルに引きずる山口」録画公開の可能性

「めぐみさん娘の義父」スクープ 他紙が追えない理由

【長野発】立憲民主への移籍説 杉尾議員「重く受け止める」