安保法案 「維新が急ぐようであれば・・・」民主・岡田代表は慎重

「(自民の言うことを)信じるには政治的経験を積み過ぎた」と苦笑する岡田代表。=3日、衆院第16控室 写真:筆者=

「(自民の言うことを)信じるには政治的経験を積み過ぎた」と苦笑する岡田代表。=3日、衆院第16控室 写真:筆者=

 政府案と一線を画し、小林節・慶大名誉教授が合憲とのお墨付を与えた維新の安保法案。民主党の岡田代表は共同提案には慎重な姿勢を示した。

 きょうの定例記者会見で田中は「自衛隊の海外派遣はさせないといっている維新案には乗らないのか」と質問した。

 岡田代表は「PKO法、周辺事態法など多くの面で共通している」としながらも「維新が急ぐようであれば、そこから先は・・・」と答えた。

 維新が急いで提出するようであれば乗れないという意味である。

 与党は15日の委員会採決を目指す。自民は強行採決のイメージを薄めるために維新を審議に引きずり出したい。

 高村副総裁などが「早く提出してほしい」と催促しているのはこのためだ。

 民主党までもが乗ってしまえば、自民は大喜びである。

領域警備法については民主と維新の両党で作成した経緯もあり、共同提案になりそうだ。=3日、衆院第16控室 写真:筆者=

領域警備法については民主党と維新の両党で作成した経緯もあり、共同提案になりそうだ。=3日、衆院第16控室 写真:筆者=

 野党第一党の党首の面目にかけて、自民を利するようなことはしたくない。これが岡田代表の真意だろう。

 維新の松野代表は岡田代表と同じく慎重姿勢だ。昨日の記者会見で田中の質問に「それ(自民に利用される恐れ)もあって迷っている」と答えている。

 官邸の意を汲んだマスコミは維新に早く独自案を提出させたくて仕方がないようだ。「民主・維新、対案を共同提出へ」のタイトルを躍らせる御用メディアもある。

 マスコミ世論の後押しを受けた大阪維新と松野代表ら良識派との力関係が、強行採決の行方を決めることになりそうだ。

   ◇        ◇

『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。取材制作にはコストがかかっています。

   ◇

『田中龍作ジャーナル』では取材助手を募集しています。時給、交通費当日払。ジャーナリスト志望の若者を歓迎します。学生可。詳しくは…tanakaryusaku@gmail.com

憲法

小林教授も太鼓判 維新が合憲独自案「地球の裏側まで派遣させない」

安倍政権の報道弾圧は入り口にさしかかっただけ

会計報告 6月期 (6月1日~6月30日)

放射能で殺されるか、戦争で殺されるか

大学生「安倍総理、国民を守るためとウソをつくのは止めて下さい」

「経済的徴兵制」 日本学生支援機構・委員がマッチポンプ

マスコミが誘導する戦争法制 動じぬ維新・松野代表

「ダメなものはダメ」会期延長に怒り 3万人が国会包囲

戦争をしない国 ~明仁天皇からのメッセージ~

安倍政権にレッドカード 母親「執念の戦いだ」