「米製兵器買え」ってことか ウクライナ危機

旧知の間柄のように話すハンナ議員(左)とジェフリー大使。ハンナ議員は先月末、国会議員に初当選したばかりなのだが…。=19日、キエフ 写真:筆者=

旧知の間柄のように話すハンナ議員(左)とジェフリー大使。ハンナ議員は先月末、国会議員に初当選したばかりなのだが…。=19日、キエフ 写真:筆者=


 アメリカ人がオープンなのには驚く。オープンというより「あからさま」と言った方が正確だろう。

 19日、キエフのヒルトンホテルで開かれた「ユーロマイダンから1年」と題するシンポジウム。二人は会場に到着するなり近づいて顔を合わせた。

 二人とはウクライナのハンナ・ホプコ議員と米国のジェフリー・パイアット大使である。

 ジェフリー大使はマイダンのさなか、ヤヌコビッチ大統領追放後(※)の閣僚人事を米国務省高官と電話で協議していた御仁だ。

 電話はロシアに盗聴されユーチューブ上に流れた。マイダンへのアメリカの関与が改めて明らかになった“事件”だった。

 ハンナ・ホプコ議員(32歳)は、ポロシェンコ与党の一角をしめる政党「自助(Self Reliance) 」の所属だ。

 汚職まみれでウクライナ国民の支持を失ったティモシェンコ元首相に代わって、米国が新女王と期待する議員である。国際情勢通であれば「ハンナ」と言う名前でピンとくるだろう。

  ~米国産シェールガス輸入計画も~

 ハンナ議員は「ウクライナ危機後のシナリオ」と題する分科会で「ロシアからの天然ガスの輸入を減らす」と発言した。

 ウクライナはエネルギーの70%をロシアから輸入する天然ガスに依存している。(財団法人 高度情報科学・技術研究機構調べ)

 出席者から「他に代替エネルギーはあるのか?」と質問が飛んだ。ハンナ議員は「アメリカをはじめとする他の国々が助けてくれる」と答え、ジェフリー大使を喜ばせた。

 ハンナ議員が所属する政党「自助」のエネルギー政策担当者によれば、米国産シェ―ルガスの輸入ターミナル建設計画がある、という。

メモを採るウクライナ軍人。戦闘服のままシンポに出席する光景はこの国が戦時中であることを物語る。=19日、ヒルトンホテル 写真:筆者= 

メモを採るウクライナ軍人。戦闘服のままシンポに出席する光景はこの国が戦時中であることを物語る。=19日、ヒルトンホテル 写真:筆者= 

 さらに驚いたのは、前駐ヨーロッパ米軍総司令官のマーク・ハートリング氏の発言だ。総司令官は次のように述べた―

 「ウクライナの国防予算は断食ダイエットだ。GDPの0.8%しかない。軍隊を改造するのに一番いいタイミングは戦時下だ」。

 要は軍備を増強せよ、ということである。

 ウクライナが今さらロシアの兵器を買うことはできない。そうなればオレンジ革命(2004年)からの浅からぬ関係で米製兵器ということになるだろう。

 総司令官は米製兵器を買えと言外に迫ったのである。総司令官と符帳を合わせるように、ジェフリー大使は「ロシアの戦車に脅えるな」と檄を飛ばした。

 米国はエネルギーと軍事でウクライナをロシアから切り離し、さらにはこの2つでウクライナを がんじがらめ にするつもりのようだ。

 ウクライナの財政は崩壊に近い所にまで来ており、常識で考えれば米製兵器を買う金などない。

 米国はウクライナの豊かな地下資源、森林資源、穀物を担保に資金を貸し付けるものと見られている。

 経済が崩壊した後、ウクライナは国の天然資源まで、ハゲタカにしゃぶり尽くされることになる。

  ◇
(※)
電話の時点で、まだヤヌコビッチ大統領は追放されていない。

ウクライナ

米強欲資本が姿を見せた 「ウクライナ危機」

【ウクライナ発】 「年金をもらえない」

【ウクライナ発】  親露民兵「誰も戦争なんてしたくない」

【ウクライナ発】 民兵司令官 「ロシアの本格攻撃は3~5か月後」

【ウクライナ発】 本格介入の口実探すロシア

【ウクライナ発】 親露勢力、「欧米の砦」15km手前に迫る 陥落はプーチンしだい

【ウクライナ発】レーニン像跡に十字架 「ソ連時代に戻りたくない」

【ウクライナ発】「レーニン像と戦車」 親露勢力の支配地域に入った

【ウクライナ発】 戦闘経験なき民兵たちの愛国心

【ウクライナ発】「分離主義者は夜動く」 ゲリラ戦で戦略要衝陥れるロシア