雨ニモ負ケズ「戦争法案反対」 学生たちのハンスト続く

差し入れの本を読みふける。しばし寒さと空腹を忘れて。=29日、参院会館前 写真:筆者=

差し入れの本を読みふける。しばし寒さと空腹を忘れて。=29日、参院会館前 写真:筆者=

 「戦争法案」に反対する学生たちのハンストは3日目に入った。

 きょうの東京地方は10月初旬の肌寒さとなった。冷たい風と共に雨が横から降りつける。
 
 人通りもまばらな土曜日の国会前、ハンスト実行者の4人は傘をさして座り込みを続ける。  

 座り込みのスペースをビニールシートで覆ったりすると、警察から工作物とみなされ強制排除される恐れがあるからだ。

 「何がいま一番つらいか?」と尋ねた。

 「空腹よりも寒さです」。4人は異口同音に答えた。

 パーカーの上にヤッケを羽織るなどして体温を奪われないようにしているが、それでも寒くて仕方がないようだ。

点字ブロックは1ミリたりとも塞いでいない。安倍首相やその周辺と違って、学生たちは礼儀正しい。=29日、参院会館前 写真:筆者=

点字ブロックは1ミリたりとも塞いでいない。安倍首相やその周辺と違って、学生たちは礼儀正しい。=29日、参院会館前 写真:筆者=

 「手袋がしたい」と話す元木大介さん(専修大学4年生)の唇は紫色だった。

 寒さを忘れるためだろうか。4人とも差し入れの本を読みふける。

 井田敬さん(上智大学2年生)が目にしているのは、コミックの単行本「フードファイター」。大食い競争を描いた作品だ。15㎏も食べさせられる場面もあったりする。

 「こんな目に遭うよりいい」。井田さんは空腹を笑い飛ばした。

 維新の党の分裂もあり、安保法案は参院で9月11日にも採決されるとの見方もある。

 「採決は許さないつもりでハンストを続けたい」。嶋根健二さん(専修大学4年生)は、寒さを吹き飛ばすように熱っぽく語った。

  ~終わり~

  ◇    ◇

読者のご支援の御蔭で『田中龍作ジャーナル』は続いています。

   ◇
『田中龍作ジャーナル』では取材助手を募集しています。時給、交通費払います。ジャーナリスト志望の若者を歓迎します。学生可。詳しくは…tanakaryusaku@gmail.com

憲法

国会前ハンストの学生 深夜、警察が強制排除匂わし圧力

学生たちが国会前でハンスト「戦争法案反対」

【安保国会】 創価大生「太郎さんの質問を聞きに来た」

泉田知事と初会談 狼狽する田中・原子力規制委員長

禁演落語 アカウント凍結は現代の ‘はなし塚’

「信心が足りない」と村八分 学会員が戦争法案反対の署名集め

山本太郎議員、永田町最大のタブーを追及 シラを切る政府

元公明党副委員長、単独インタビュー 「不満を無視すると学会崩壊」

【終戦の日】 天皇陛下、アベシンゾーに苦言 

日本のいちばん長い日 「昔陸軍、いま安倍政権」