【ガザ発】 激戦地シジャーイヤで何が起きているのか 記者の同行認めず

3人はアル・シジャーイヤから辛くも脱出したが、家族はまだ取り残されている。=23日、シファ病院 写真:筆者=

3人はアル・シジャーイヤから辛くも脱出したが、家族はまだ取り残されている。=23日、シファ病院 写真:筆者=

 ガザ東部のアル・シジャーイヤに向かうレスキュー隊の救急車に同乗した。レスキュー隊は救急車、消防車、大型ブルドーザーの20台余りから成る。

 イスラエルとの国境の町、アル・シジャーイヤは、イスラエル軍が雨あられのごとく爆撃を浴びせており、おびただしい数の死傷者が出ているものと見られる。

 国境沿いの畑は対戦車地雷源になっており、中心部の住宅街に入ると道は迷路のようになる。

 「迷路のようになっているのはイスラエル軍をおびき入れて せん滅する ためだ」。ハマスより過激といわれる「イスラム聖戦」の兵士がこう話していた。

 イスラエル軍がアル・シジャーイヤに猛爆撃を加えるのは、先に叩いておかねば自らが危なくなるからだ。もちろんハマスの地下施設を見つけ出し潰すのが第一義だ。

 民家がハマスの地下トンネルにつながっていたりするため、民家も破壊される。トンネルの入り口を探すのに家人は邪魔になる。虐殺はこうした際、発生する。

 アル・シジャーイヤに向かう途中、救急隊員は言った。「You will see new Holocaust 」と。

アル・シジャーイヤに向かう救急車の中。手前の防弾チョッキを着けている男性は、地元パレスチナ人記者。=23日、アル・シジャーイヤ入口 写真:筆者=

アル・シジャーイヤに向かう救急車の中。手前の防弾チョッキを着けている男性は、地元パレスチナ人記者。=23日、アル・シジャーイヤ入口 写真:筆者=

 レスキュー隊は負傷者を一刻でも早く助けだすために、アル・シジャーイヤへの道を急いでいた。

 近づくにつれ爆撃音は大きくなった。無人攻撃機の飛行音がいつも以上に騒々しい。低空を飛んでいるからだろう。

 アル・シジャーイヤの入り口に差しかかった時だった。レスキュー隊の車列はブレーキを踏んだ。イスラエルの爆撃が激しくて入れないのだ。

 1時間ほど待つとレスキュー隊の隊長から説明があった。「10時(3時間前)から国際赤十字を通して『シジャーイヤに入れさせろ』とイスラエルに要請しているが、イスラエルは拒否したままだ」。

 国際赤十字は「2時間の人道停戦」をイスラエルに持ち掛けたが、断られたのだ。

 救急車、消防車、ブルド-ザー、約20台は、やむなくUターンした。またしても救える命が救えなくなったのだ。

 若き隊員は力なく話す。「人々を救いたくてレスキュー隊員になった。(入り口で引き返すことになり)大きな挫折感を覚えている。とても悲しい。イスラエルは病院であろうが容赦しない。尊敬はできない」。

 隊員たちは肩を落としながら引き揚げていった。「ドーン」。轟音とともにアル・シジャーイヤの方角から黒い雲があがった。

 それから2時間30分後、イスラエル軍は 救急車に限って アル・シジャーイヤに入ることを認めた。

 だがジャーナリストの同行は認められなかった。激戦地、アル・シジャーイヤで何が起きているのか? もしイスラエル軍が遺体を始末すれば、大虐殺が起きていても闇に葬られるだけだ。

  ◇

読者の皆様。田中はクレジットカードをこすりまくってガザに来ております。借金です。ご支援よろしくお願い致します。

パレスチナ(ガザ・西岸)

【ガザ発】 中心部も爆撃され始めた 救える命も救えず

【ガザ発】 生死分ける6㎞ たどり着いても避難所は満杯

【ガザ発】 「イスラエルはなぜ私たちの子供を殺すのか」

【ガザ発】 囚われの地、囚われの人々

【ガザ発】 イスラエル利する西側メディア報道

【ガザ発】 田中にも爆撃予告 イスラエル軍「ホテルから出て行け」

【ガザ発】 強大な殺傷力 「悪魔の兵器」 イスラエル軍が使用か

【ガザ発】イスラエル、空爆本格再開 逃げ惑うパレスチナの民

【ガザ発】 一瞬にして19人の命は奪われた

【ガザ発】 イスラエル軍 「住民はここを立ち去りなさい」