「グローバリズムから日本を守れ」 右翼も共産党もTPP反対

北海道清里町から抗議に来た農民。専業農家は農業の他に生活の術がない。TPPで壊滅的なダメージを被る。=23日、衆院会館前 写真:筆者=

北海道清里町から抗議に来た農民。専業農家は農業の他に生活の術がない。TPPで壊滅的なダメージを被る。=23日、衆院会館前 写真:筆者=

 共産党議員と民族派右翼が同じ場所でスピーチし、「JR総連」「土建労組」の旗がはためく。TPPの裾野の広さをこれほど見せつけられたことはなかった。

 米国のオバマ大統領とフロマン通商代表らの来日に合わせて、きょう、TPPに反対する人々が、議員会館前に座り込んだ。明日、オバマ大統領が訪れる首相官邸のすぐそばだ。

 JRのような全国網の鉄道事業にまさか外資が進出・・・などと侮ってはいけない。レールを敷き列車を走らせなくても、西武鉄道のように外資が乗っ取るケースがあるからだ。

 土建労組がTPPに反対するのは、規制撤廃で地元建設業者の優先枠がなくなる恐れがあるからだ。もちろん農民たちもムシロ旗を立てて座り込んだ。茨城県の農業団体はオバマ大統領とフロマン通商代表にアピールするため、英語で書いた横断幕を持ち込んだ。

イデオロギーを超えて。一水会の木村三浩代表(左)と共産党の紙智子議員(右)。=写真:筆者=

イデオロギーを超えて。一水会の木村三浩代表(左)と共産党の紙智子議員(右)。=写真:筆者=

 北海道清里町の農民(50代・男性)は35ヘクタールの畑でジャガイモ、小麦、ビートなどを栽培する専業農家だ。「(安い外国産が入ってきたら)生活ができる状態でなくなる」と危機感を強める。

 「TPP反対」を掲げて選挙に勝った安倍政権への反発の声も聞かれた。「安倍首相は屁理屈つけているけど背信行為じゃないか」。網走市の農民(60代・男性)は怒りを隠さなかった。

 「右も左も関係なくグローバリズムから日本を守ろう」と訴えたのは民族派右翼・一水会の木村三浩代表だ。木村代表は「ISD条項が日本の主権を奪う」としてTPPに反対する。

 この後、共産党の紙智子議員がマイクを握った。「アメリカの金融資本が日本を支配したいため、日本のルールを壊そうとしている」と核心を突いた。

 イデオロギーも産業分野も関係なく、ことごとく日本を破壊する。それがTPPである。安倍首相は愛国者を気取る一方で、日本を米国の金融資本に売り渡そうというのだろうか。

.

シリア臨時大使 「83ヵ国からテロリストが来ている」

 混沌とするウクライナ情勢は「シリア内戦」に なぞらえ られつつある。シリアのワリフ・ハラビ代理大使がきょう、記者会見し、深刻化する国内事情とウクライナとの類似点を語った。 代理大使:「ユーチューブではテロリストがシリア …
続きを読む»

ワリフ・ハラビ代理大使はメディアやNGO関係者を集めて記者会見を開いた。 =21日、シリア大使館 写真:筆者=

自然を冒涜したシッペ返し アースデイに想う 

 「戦争は最大最悪の環境破壊」と言われていたが、福島の事故以降、それに原発が加わるようになった。究極の人殺し兵器が原爆だから戦争も原発も根は同じだ。  昨日、きょうと代々木公園で開かれたアースデイの会場では「脱原発」「反 …
続きを読む»

このブースは回収した携帯電話の電池を換金しゴリラの保護基金にあてる。=20日、代々木公園 写真:筆者=

暴走・安倍政権の歯止めとなるか 「立憲デモクラシーの会」

 自分たちの勝手な憲法解釈で集団的自衛権の行使に道を開こうとする安倍政権。「このままでは憲法も民主主義もダメになる」-危機感を抱く憲法学者や政治学者たちが立ち上がった。  「憲法に基づく政治を取り戻そう」。著名な学者約5 …
続きを読む»

「解釈改憲で憲法9条を壊すな」。市民レベルの反対運動も高まりを見せてきた。       =17日正午頃、国会周辺 写真:山本宏樹= 

再稼働反対集会に参加する自民党議員の勇気 

 むやみな原発再稼働に警告を発する集会に自民党の国会議員が参加していた。主催者が参加国会議員の名前と政党をアナウンスすると、場内に緊張が走った。「なぜ自民党が来るんだあ」・・・ヤジまで飛んだ。  安倍自民党政権は原発の再 …
続きを読む»

中選挙区制の頃はハトもサムライもザラにいた自民党だったが… =永田町 写真:筆者=

「積極的平和主義は時々戦争そのものになる」 首相のオトモダチが仰天発言

 これまで耳にしたことのない「英語名の政策」を権力側が持ち出して来た時は要注意だ。第1次安倍政権の「ホワイトカラーエグゼンプション」や先日閣議決定した「ベースロード電源」がそうである。  最も新しいところでは「パシフィス …
続きを読む»

長谷川三千子・埼玉大学名誉教授は「Sovereignty made up with force」と述べた。forceとは軍隊である。=15日、日本外国特派員協会 写真:筆者=

ウクライナ危機とダブル・スタンダード コソボ首相に聞く

 来日中のサチ・コソボ共和国首相がきょう、日本外国特派員協会で記者会見した。  ハシム・サチ氏(1968年生まれ)はコソボ民主党の党首にして初代首相。コソボ戦争(1999年)の際は、KLA(コソボ解放軍)の政治的指導者と …
続きを読む»

ハシム・サチ首相。コソボ解放軍を率いて精強なセルビア軍と戦っていただけあり、眼光は鋭い。2メートル近い巨躯と併せて凄みがある。=14日、FCCJ 写真:筆者=

首相の顔が特定秘密に指定される日

 安倍首相がきょう午前、新宿御苑で「桜を見る会」を催した。筆者は首相の「おっかけ」ではないが、抗議のデモ隊が会場を包囲すると聞き、取材に出かけた。    警戒が厳重なのに驚いた。新宿通りに機動隊のカマボコ(隊員輸送用のバ …
続きを読む»

新宿御苑・千駄ヶ谷門。安倍首相が退出する1時間前。この後、制服警察官が増強された。=12日午前9時半頃、新宿区 写真:筆者=

「原発全面解禁」 エネルギー基本計画、閣議決定

 福島の惨劇は何だったのだろうか。安倍内閣は今朝、「原発を重要なベースロード電源である」とした経産省の「エネルギー基本計画」を閣議決定した。  「原発ゼロを撤回するな」…首相官邸前には閣議決定に反発する市民たちが正午頃か …
続きを読む»

昨夜、作製したプラカードを手に抗議に訪れた男性。声をからして「原発ゼロを撤回するな」と訴えた。=11日正午ごろ、首相官邸前 写真:筆者=

集団的自衛権 自民党の説明はまるで「開戦の詔勅」

 集団的自衛権の行使を可能にする憲法第9条の解釈改憲が大詰めを迎えている。戦争への扉の一歩前といった状態だ。  自民党安全保障調査会の岩屋毅会長(衆院議員・大分3区)がきょう、日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見した …
続きを読む»

「シーレーン防衛にも集団的自衛権を行使する」と話す岩屋会長。自衛隊は中東まで出かけて行くことになる。=9日、有楽町 写真:筆者=

解釈改憲・反対集会 「戦争ができる国にしてはいけない」

 さすが若手弁護士たちが憲法の教科書を贈っただけのことはある。安倍首相は日本が立憲主義の国であることを知らないようだ。正当な手続きを踏み条文を変更したうえで、憲法を改正しようというのならともかく、解釈で憲法を変えてしまお …
続きを読む»

年配者たちは非戦を訴える登壇者の話に真剣な表情で聞き入った。=8日午後7時頃、日比谷野音 写真:山本宏樹=