【ガザ発】 イスラエル軍、国連避難所をまた攻撃 90人死傷

国連の避難所にあてられている小学校の正門前は「ロバ馬車」の停車場だった。ロバ4頭も砲撃され死亡した。=30日、ジャバーリヤ 写真:筆者=

国連の避難所にあてられている小学校の正門前は「ロバ馬車」の停車場だった。ロバ4頭も砲撃され死亡した。=30日、ジャバーリヤ 写真:筆者=

 イスラエル軍の無差別攻撃がまた国連の避難所を襲った。

 30日午前5時30分(日本時間午前11時30分)頃、メルカバ戦車の砲弾が、ガザ北東部のジャバーリヤにあるUNRWA(国連パレスチナ難民救済機関)の小学校を直撃、20人が死亡、70人が負傷した。

 小学校にはイスラエル軍の爆撃を逃れて3,100人が避難していた。UNRWAのスタッフによると、午前5時頃からイスラエル軍がこの地域にランダムな砲撃を始めた。そのうち8発が小学校に命中した。

砲弾は避難者が寝ていた教室も直撃した。床には血のりが。=30日、UNRWAの小学校(ジャバーリヤ) 写真:筆者=

砲弾は避難者が寝ていた教室も直撃した。床には血のりが。=30日、UNRWAの小学校(ジャバーリヤ) 写真:筆者=

 避難者のなかには6日前、イスラエル軍に攻撃され200人以上が死傷したベイト・ラフィーヤの国連避難所から逃れてきた住民も少なくない。住民はイスラエル軍から追い討ちをかけられたことになる。

 フルード・アル・アタムナさん(28歳)も、ベイト・ラフィーヤから夫や7人の子供と共にここへ逃れて来た。

 「イスラエルはテロリストだ。チルドレン・キラーだ。慈悲も何もあったものではない」。フルードさんは怒気もあらわに一気にまくし立てた。

 避難してきたら、またそこが攻撃される。ガザ住民は、地獄の果てまで追われるような状況に置かれている。

 ◇
読者の皆様。田中はクレジットカードをこすりまくってガザに来ております。借金です。ご支援よろしくお願い致します。

パレスチナ(ガザ・西岸)

【ガザ発】 戦闘長期化のおそれ パン屋に長い列

【ガザ発】 難民キャンプの子供ら殺害、病院も攻撃

【ガザ発】 発電所長 「明日にも電気が止まる」

【ガザ発】 廃墟のシジャーイヤ 救出の朗報なく

【ガザ発】 殺される命と、生まれる命と

【ガザ発】人民の海に隠れるハマス 果てしなく増える犠牲者

【ガザ発】イスラエル軍、国連避難所を攻撃 死傷者200人超

【ガザ発】 激戦地シジャーイヤで何が起きているのか 記者の同行認めず

【ガザ発】 中心部も爆撃され始めた 救える命も救えず

【ガザ発】 生死分ける6㎞ たどり着いても避難所は満杯