強制排除を前に緊迫 経産省前・脱原発テント 

「3年半に及ぶ 経産省前テントひろば の戦いは何人もこれを無にすることはできない」。記者会見で声明を述べる渕上太郎(左)、正清太一共同代表。=4日、経産省前 写真:筆者=

「3年半に及ぶ 経産省前テントひろば の戦いは何人もこれを無にすることはできない」。記者会見で声明を述べる渕上太郎(左)、正清太一共同代表。=4日、経産省前 写真:筆者=

 東京地裁は先月26日、経産省前の脱原発テントに明け渡しを命じる判決を言い渡した。判決には仮執行が付いていることから国はいつでもテントを強制排除できる。

 緊急事態を受け、テント前できょう記者会見が開かれた。

 「いつ(強制執行に)来てもおかしくない、緊迫している」。被告(テント代表)側代理人弁護士の大口昭彦氏が冒頭から危機感を示した。

 明日未明に、執行官が夥しい数の制服警察官と作業員を連れてテントを強制排除に来ても不思議はないのだ。

 焦点は国が強制執行に乗り出した時のテント側の対応だ。テントは原発再稼働に反対する市民が24時間体制で守っている。

 テント共同代表の渕上太郎氏は「撤去を拒否する」と明言した。そのうえで機動隊の攻撃には「したたかに柔軟に対応していきたい」とした。

珍しくテレビ局のカメラが複数あった。NHK(中央)が来ていることは国の本気度を表している。=4日、霞が関 写真:筆者=

珍しくテレビ局のカメラが複数あった。NHK(中央)が来ていることは国の本気度を表している。=4日、霞が関 写真:筆者=

 テントを守る市民の層は硬軟幅広いことから、対応を予め一つに絞ることはできないという意味だ。

 「自主撤去はあるのか?」という記者団の質問に渕上氏は次のように答えた―

 「テントはどういう力によって支えられてきたのか? (テントを維持してきた)1271日を相当深刻に考えていきたい。原発廃止を願う全世界の声がそこにある」。簡単には明け渡せないという意思表示でもある。

 事故の原因究明も果たせず、東電は補償を満足にしていない。それでも国は原発を再稼働させる。これこそ不法ではないだろうか。

 「原発事故がなかったらこのテントが建っていることはなかった」。裁判でも貫かれた渕上氏の一貫した主張だ。

原発災害

村山談話否定 元外務省中国課長「米国はアベの首をすげ代えるか」

フリー記者が真実を伝え続けるために

【辺野古報告】 本土マスコミの沖縄報道を疑え

【辺野古発】 サンゴ礁破砕 「新基地埋め立て許可」取り消しも

【辺野古発】 「新テントも認めず」 国道事務所と警察が夜襲

【辺野古発】 山城議長、2日ぶり米軍ゲート前に立つ 「辺野古だけの問題ではない」

【辺野古発】米軍 道路の境界線越えただけの反対派リ-ダーを拘束 

新安保法制 「いつでもどこでも戦争できる」

パスポート没収は安倍官邸の意向だった

一郎・太郎が街頭で定例記者会見 「市民の声を政治に」