【辺野古発】埋立て土砂投入はホントに延期されるのか 台船は名護沖に待機

辺野古新基地を抱える米軍キャンプシュワブのゲート前はいつにも増して緊迫した。=16日朝、名護市 撮影:筆者=

辺野古新基地を抱える米軍キャンプシュワブのゲート前はいつにも増して緊迫した。=16日朝、名護市 撮影:筆者=

 政府は明日17日に予定していた辺野古埋め立ての土砂投入を延期した、との見方が広がる。9月30日投票の沖縄県知事選への影響を考慮したためとされる。

 ただ、辺野古と同じ名護市の本部港沖には、赤土などを満載した台船6隻が待機しており、政府のゴーサインが出れば、いつでも土砂投入できる状態だ。

 伊波洋一参院議員は今朝、キャンプシュワブゲート前の集会で「(政府は)土砂(投入)の準備を進めていると思う。県は(埋立て承認)撤回の手続きを継続してもらいたい」と訴えた。伊波氏は自身のTwitterでも「不意打ちを食らう恐れがある」と警戒を呼びかけている。

 安倍政権は工事が遅れた場合、翁長知事個人を相手取って損害賠償を請求するとしていた。今度はそれが副知事に来る。生来の政治家ではない副知事が、そのプレッシャーに耐えられるだろうか。政府はそこを見透かしてくるだろう。

 赤土等流出防止条例にもとづき、政府は土砂投入を沖縄県に通告しなければならないが、すでに17日の投入を通告している。沖縄県が撤回しなければ、通告は活き、非合法ではなくなる。

 埋立て土砂を投入してしまえば辺野古は県知事選の争点にならなくなる、というのが元々の政府の目論見だった。息詰まるような神経戦があす(17日)日没まで続く。

作業船がウヨウヨ浮かぶ大浦湾。土砂投入はいつでもOKの状態だ。写真奥の建物はキャンプシュワブの米軍施設。=16日午前、名護市 撮影:筆者=

作業船がウヨウヨ浮かぶ大浦湾。土砂投入はいつでもOKの状態だ。写真奥の建物はキャンプシュワブの米軍施設。=16日午前、名護市 撮影:筆者=

  〜終わり~

   ◇
現場から真実を伝えるのが、田中龍作ジャーナルの使命です。沖縄取材は多大な交通費を要します。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます
http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

沖縄

【辺野古発】「新基地反対」の貼り紙、全て撤去 

【那覇発】 敵も味方も翁長知事惜しむ きょう告別式、鳩山元首相の姿も

私はこうしてブラックバイトから抜け出した

「宮下公園大安売り」 五輪あてこみ渋谷区がホテルに転換、地方自治法違反の疑いも

「アベ3選」 新聞・テレビの世論操作に乗せられるな

【豪雨水害】 自衛隊、瓦礫の山残し真備町の撤去作業終了

【会計報告】7月期

違憲、新宿区デモ規制1日から 議会にも諮らず

杉田水脈が選挙応援に呼ばれる理由 自民党の高等ネット戦略

杉田議員の辞職求め、自民党本部前に5千人 「私には自由に生きる権利がある」