【香港発】「警察から学生を守れ」デモ隊救出、送り届けの車 同乗記

デモ現場から無事救出された学生。=21日夜、元朗 撮影:田中龍作=

デモ現場から無事救出された学生。=21日夜、元朗 撮影:田中龍作=

 自由を守るために香港人はここまで助け合うのか。そう思わずにはいられなかった―

 デモに参加し警察に追われる若者を、現場で救出し、彼らの家まで自家用車で送り届けるボランティア集団がいる。

 田中は21日夜、その車に同乗した。

 この日は、政府系ヤクザが乗客とデモ隊を襲撃した元朗駅事件から2ヵ月目だった。駅に隣接するショッピングモールで始まった抗議集会は、元朗の街に広がった。

 デモ隊がバリケードに火をつけたことから、機動隊1個大隊が出動し、街は一時騒乱状態となった。

 沿道に繰り出した地元住民や通行人から激しい怒号が飛び、機動隊は民衆に包囲される格好となった。

 権威を示さないことには、メンツが立たないからか。この状況になると、機動隊は決まって催涙弾を放つ。

デモ隊逮捕に血眼となる機動隊。=21日夜、元朗 撮影:田中龍作=

デモ隊逮捕に血眼となる機動隊。=21日夜、元朗 撮影:田中龍作=

 催涙ガスが煙るなか逃げ惑うデモ隊に「3人乗れるよ」と3本指を示しながら声をかける女性(30代)がいた。自らもガスマスクを着用しながら。

 彼女は上述の「救出、送り届け」ボランティアだった。相棒のドライバーは50代の男性だ。

 最初に女性が2人乗り(共に21歳)、次に男性(22歳)が乗った。3人とも大学生だ。車のドアが閉まると、こわばっていた顔がゆるんだ。

 「デモから電車で帰るのは危ない。駅で警察が検問しているから」。

 「バスやミニバスも警察の検問にかかる。機動隊が乗り込んできてデモ参加者を逮捕する」。

 ボランティアの車の御陰で命拾いすることを、学生たちは語ってくれた。

ボランティア(右)が、機動隊から逃れてきた若者2人を自分の車に案内した。=21日夜、元朗 撮影:田中龍作=

ボランティア(右)が、機動隊から逃れてきた若者2人を自分の車に案内した。=21日夜、元朗 撮影:田中龍作=

 車のニックネームは「スクールバス」というのだそうだ。「学校まで無事送り届けてくれるという意味です」。21歳の学生(女性)が嬉しそうに説明した。

 「(ドライバーは)父親みたい」と女の子が言うと、男子学生が「私たちはKidsです」と続けた。

 学生たちと車の中で話が弾んだ。田中は彼らに聞いてみた。

 「あなたたち民主派勢力が求めている『五大訴求』を中国共産党が飲むはずはない。民主派も(五大訴求の)一つ欠けても認められないと言ってる。戦いは永遠に続くよ」と。

 21歳の学生(女性)が「私が一番求めているのは普通選挙」と言うので、田中は「それこそ、中国共産党が認めっこない。戦いは永遠に続くよ」と繰り返した。

 彼女は答えた。「We have no way to go back.(私たちは後戻りできない)」。淡々とした口調が決意の固さを感じさせた。

 別れ際、ドライバーに尋ねた。「彼らを助ける理由は何か」と。

 ドライバーは「彼らが正しいことをしているからだ」「彼らの犠牲は尊い」と話した。

 覚悟を決めている若者がいて、彼らを助ける大人がいる。

 中国人民解放軍が香港人を皆殺しにしない限り、自由を求める戦いは続く・・・と確信した夜だった。

  ~終わり~

      ◇
香港の人々の気高い戦いを日本のマスコミは報道しません。香港の真実を伝えるために、いささか長逗留となっています。

足が震えるほど借金が膨らんでいます。ご支援何とぞ宜しくお願い申しあげます。
              ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国

【香港発】人間の鎖 中高生「私たちの歴史が消されるのがイヤ」

【香港発】デモ隊が目指す中国支配の拠点

【香港発】仲間を逃がすため 血みどろ、ペッパースプレーで逮捕の男性は19歳だった 

【香港発】母親「息子は香港を守っている」 対中国抵抗闘争の戦士は尽きない

【香港発】デモ隊の少年「今やらないと次はない」 パレスチナ化する対中国抵抗運動

【香港発】 警察、右目失った女性のカルテ押収 一斉逮捕も可能に

【香港発】「我々の国歌」でスタジアムが揺れた サッカー国際試合もデモの場に

【香港発】SAVE Hong Kong 米国総領事館に陳情デモ 香港人権法の制定求め

【香港発】警察が暴徒と化した夜 無差別に住民追い回す狂気

【香港発】香港の天安門事件 監視カメラ映像の公開求め市民が機動隊追いつめる