【オリンピックの陰で】 北京・リオ・東京 追い立てられる人々

新国立競技場建設のための測量がすでに始まっている。テントの住人は着工までには出て行かなくてはならない。=千駄ヶ谷 写真:筆者=

新国立競技場建設のための測量がすでに始まっている。テントの住人は着工までには出て行かなくてはならない。=千駄ヶ谷 写真:筆者=

 オリンピックが開催されると、その国の行政はスラムを潰したりストリートチルドレンを隔離したりする。北京五輪(2008年)がそうであったし、リオデジャネイロ五輪(2016年)もそれが進行中だ。

 東京五輪(2020年)の中心地となる国立競技場周辺を歩いた。競技場西側の外壁に寄り添うように約10張りの青テントが並ぶ。

 競技場自体が明治公園の一角にあるため、テントも古木巨木の葉陰に隠れる。夏でも涼しい。タバコをくゆらせていた野宿者(ホームレス)に話を聞いた。

 「都の役人は露骨に出て行けとは言わないが、去年くらいから『居られてもあと2年だからね』と立ち退きを匂わされるようになった」。

 青テントの中は簡易ベッドがしつらえられ、食器や衣類が整然と置かれていた。ここで生活を始めて10年になる、という。

 新国立競技場の建設着工は来年7月の予定だ。嫌でもそれまでにはテントを畳んで立ち退かなくてはならない。

 「居られる間は居る。行く所はないんだから」。彼は淋しそうに話す。

テント入口には調味料や自家製の漬物が並ぶ。10年分の生活の匂いがした。=国立競技場そば 写真:筆者=

テント入口には調味料や自家製の漬物が並ぶ。10年分の生活の匂いがした。=国立競技場そば 写真:筆者=

 渋谷の宮下公園脇にも約30張りのテントが並ぶ。ここは役所が立ち退きを匂わすこともない。東京五輪開催は心配にならないのだろうか? ある野宿者(50代・男性)に聞いた―    

 「今は大丈夫だけど、いざオリンピックになったら外国人の手前、出て行ってくれなんてことになるかもしれない」。彼は不安げに語った。

 スラムを潰しストリートチルドレンを隔離しようとするリオデジャネイロ市。2011年にはヘリや武装車両などを伴い、約3,000人の部隊を投入して最大のスラムを制圧する作戦を行った。

 オリンピックの恩恵を受ける一握りが、繁栄に取り残された人々を排除する。「1%と99%」の図式というのであれば、庶民もまたオリンピックの犠牲者と言わねばならないだろう。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .