イスラム国人質 後藤さんの母「日本政府からの接触は全くない」

実母の順子さんは目を潤ませ声を詰まらせながら息子の救出を訴えた。=23日、日本外国特派員協会 写真:筆者=

実母の順子さんは目を潤ませ声を詰まらせながら息子の救出を訴えた。=23日、日本外国特派員協会 写真:筆者=

 イスラム国に拘束されているフリージャーナリスト後藤健二さんの実母・順子さん(78歳)が、きょう、日本外国特派員協会で記者会見した。

 イスラム国が日本政府に突き付けた期限が迫るなか、母の順子さんは「健二の命を救って下さい」と訴えた。

 「私はこの3日間、近辺に何が起きているのか分かりませんでした」。順子さんは降って湧いたような事件に戸惑っている心境を率直に語った。

 後藤さんはシリアに行く前に順子さんに連絡しなかった、という。「反対されたくなかったから。母親に心配されたくなかったからでしょう」。順子さんは息子の気持ちを察した。

 昨夜、嫁(後藤さんの妻)と電話で話した。2週間前に子どもが生まれたことを知らされた、という。

 「健二は生まれて2週間にも満たない子供を置いて友人の救出に行ったんです。イスラムの方々、日本人は好意的に接しています」。

 中東のアルジャジーラはじめ多くの海外メディアのカメラを前に、順子さんは切々と語った。

 ロシアの記者が「日本政府から接触はあるか?」と聞くと、順子さんは「日本政府からは全くない」と答えた。

母親が息子の救出を訴えるとあって、テレビカメラだけでも22~23台、記者200人余りが詰めかけた。=23日、有楽町 写真:筆者=

母親が息子の救出を訴えるとあって、テレビカメラだけでも22~23台、記者200人余りが詰めかけた。=23日、有楽町 写真:筆者=

 1977年、ダッカで起きた日航機ハイジャック事件で福田赳夫首相は「人命は地球より重い」と言って身代金を払った。国際社会からは非難されたが、乗員乗客の命は救われた。

 外国人記者が上記の例をあげて「安倍首相にもこの言葉を思い出してもらいたいか?」と質問した。

 「そう願っております」。順子さんはキッパリと答えた。

 「日本は戦争をしないと憲法9条で誓った国です。70年間戦争をしていません。日本はイスラム諸国の敵ではなく友好関係を保ってきました」。

 安倍首相はイスラム国を名指しして「テロとの戦い」などと不用意な発言をした。愚かな首相のおかげで身を危険にさらすジャーナリストの母親が懸命に軌道修正した。

 「あと残された時間はわずかです。日本政府の皆さん、健二の命を救って下さい」。順子さんは涙ながらに訴えた。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

シリア