反原発の市民が国会包囲 「未来の子供たちの悲鳴が聞こえる」

クリスマスも近いとあってサンタ姿の原発ゼロノミクマが登場。「パブコメを書こう」と呼びかけた。=22日、国会議事堂前 写真:諏訪都=

クリスマスも近いとあってサンタ姿の原発ゼロノミクマが登場。「パブコメを書こう」と呼びかけた。=22日、国会議事堂前 写真:諏訪都=

 2013年は再稼働こそなかったものの安倍政権の原発回帰が進んだ。トルコへの原発輸出を決め、前政権の「原発ゼロ」を見直し原発を「ベース電源」とした。

 今年もあと10日足らずとなったきょう、脱原発を願う市民たちが国会を包囲した。「日本人は熱しやすく冷めやすい」と言われるが、こと原発に関してはそうではないようだ。

 多くの人が憂うのは、子子孫孫まで続く放射能被害だ。安倍政権が日本を戦争ができる国にしようとしていることも、人々を不安にさせる。

 小田原市から妻と共に参加した男性(植木職人・70代)は「未来の子供たちの悲鳴が聞こえる」と深刻な表情で言う。

 男性は続けた。「原発は次の世代に残してはいけない。未来の子供たちは本当に幸せになれるのだろうか? 彼らは銃を取らされるのではないか? 次の世代はそこまで追い込まれていることを分かってほしい」。

タイベックを着た参加者が「放射性廃棄物」と書かれたドラム缶を押して歩く。反原発集会ならではのパフォーマンスだ。=写真:田中龍作=

タイベックを着た参加者が「放射性廃棄物」と書かれたドラム缶を押して歩く。反原発集会ならではのパフォーマンスだ。=写真:田中龍作=

 妻の父親が福島県会津地方の出身という男性(40代・東村山市在住)も、安倍政権の原発回帰に憤る―

 「怒り心頭だ。信じられない。自民党が与党になってから“ 再稼働準備 ”とか“ 秘密保護法 ”が彼らのシナリオ通りに進んでいる。きょうは“ シナリオ通りにはさせないぞ ”という思いでここに来た」。

 「原発事故前に声をあげてこなかったことへの反省を込めて、長く声をあげてゆきたい」。男性は責任を感じているような面持ちで語った。

  ワンイシューではないことに人々は気づき始めた
 
 官邸前や国会議事堂前の反原発集会はずっとワンイシューだった。だが最近は安倍内閣の政策や安倍首相そのものへの反発が目立つようになった。「秘密保護法反対」のプラカードや「安倍首相とヒトラーの合成写真」は数えきれない。

 「原発問題」がすぐれて政治イシューであることが、安倍政権の登場で改めて明らかになった。「特定秘密」も「原発再稼働」も根は同じなのである。

 「原発いらない。政治を変えよう」…陽が落ちてシルエットだけが浮かびあがる国会議事堂に向かってシュプレヒコールが響いた。

《文・田中龍作 / 諏訪都》

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

原発災害