【ベイルート発】アフガン戦争と対IS戦争の激似 潤うのは・・・

トルコのエルドアン大統領(左)とシリアのアサド大統領。IS台頭前は2人が利害を共にしていたことを人々は見抜いていた。=2013年6月、イスタンブール 写真:筆者=

トルコのエルドアン大統領(左)とシリアのアサド大統領。IS台頭前は2人が利害を共にしていたことを人々は見抜いていた。=2013年6月、イスタンブール 写真:筆者=

 

 トルコとISとの不適切な関係をロシアが暴露し波紋を広げている。

 矛先をかわしたいのか。ロイター通信によればトルコは4日、兵力数百の陸上部隊をイラク領内に侵攻させた。トルコ軍スポークスマンは「クルド人武装勢力を訓練するため」と称している。

 トルコ軍が兵を入れたのはイラク北部の都市バシカ。クルド人武装勢力が要衝モスルをめぐってISと戦う最前線だ。

 パリのテロを受けて急展開するISとの戦争。「911テロ攻撃」に脊髄反射した米国とその同盟国が、アフガンに攻め込んだ戦争(2001年10月)とあまりに似ていることに驚く。

山の向こうでは米軍がアフガン国軍兵士を訓練していた。取材車は手前で止められた。2人はアフガン国軍兵士。=2007年、カブール郊外 写真:筆者=

山の向こうでは米軍がアフガン国軍兵士を訓練していた。取材車は手前で止められた。2人はアフガン国軍兵士。=2007年、カブール郊外 写真:筆者=

 首都カブールが陥落して間もなく筆者はアフガニスタンに入った。パキスタンからトライバルエリア(部族地帯)を抜けてカブールにたどり着いた。

 部族地帯は雲を眼下に見下ろす深山幽谷だった。一応パキスタン領土でありながら、パキスタンの法治は及ばない。アンタッチャブルだ。

 ここで態勢を立て直したタリバーンは、再び首都を陥れようとしている。部族地帯はゲリラ戦に必要不可欠な後背地にピッタリなのである。カブール陥落(2001年末)から10年余りを経ての反転攻勢だ。

 戦争を長続きさせるには、アンタッチャブルな地域が必要だ。ISの手に落ちかけているクルド部族地帯でトルコが何かを企図していることだけは確かだ。

米軍に回収されるロシア製バズーカ砲や高射砲を兵営に集めたマスード派ムジャヒディーン。=2002年、カブール郊外 写真:筆者=

米軍に回収されるロシア製バズーカ砲や高射砲を兵営に集めたマスード派ムジャヒディーン。=2002年、カブール郊外 写真:筆者=

 パキスタンを通してケシの精製物(麻薬)がアフガンから運び出され、代わりに兵器がアフガンに入った。

 「ケシの精製物(麻薬)」を「石油」に置き換えれば、トルコとISの場合も構図は同じだ。

 アフガン戦争終結後、米軍がロシアや中国製の武器を回収して、米国製の兵器をアフガン暫定政府に売りつけていた。アフガン暫定政府の国防部幹部から直接聞いた話だ。

 米兵器メーカーへの支払いにはアフガン復興資金が充てられた。復興資金が米国に還流される仕組みだ。

 米国はトルコに甘い汁を吸わせながら、対IS戦争を長引かせるつもりだ。最終的に一番潤うのはアフガン戦争同様、米国である。

   ~終わり~
 
  ◇
「テロとの戦争」に揺れる世界。震源地ともいえる中東の現実を伝えるためにベイルートまで来ました。借金です。何卒ご支援お願い致します。↓

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

トルコ