【Occupy経産省】 興奮の一夜明け、テントの女性「臭い飯を食うのも覚悟」

テントを訪れ「責任者の顔を写したい」と迫る経産省の警備担当者(右側、制服姿)。=28日午前、経産省前。写真:筆者撮影=

テントを訪れ「責任者の顔を写したい」と迫る経産省の警備担当者(右側、制服姿)。=28日午前、経産省前。写真:筆者撮影=

 28日、経産省前「脱原発テント」―退去期限から一夜明け、警察官も大勢の支援者もいない静かな週末を迎えた。マイクのボリュームを一杯にあげた演説と鳴り物が響き、制服警察官の警備でものものしかった前夜の興奮が嘘のようだ。

 午前8時半、経産省の警備担当者(経産省職員)がビデオカメラを手に訪れた。「(テントの)責任者の顔を写したい」。「ダメだ。カメラは下に向けろ」。警備担当者は声だけ録音して帰った。

 午前10時半、警備担当者は再びテント前に現れた。前回同様、ビデオカメラを携えている。「(どうしても)責任者の顔を写したい」と迫ったが、テント側は「ダメだ」と突っぱねた。

 27日の夜は支援の市民が去った後で、強制排除に乗り出すのではないかとの危惧があった。男性テントは、普段の倍の8人が泊りこんだ。女性テントには、日頃より1~2名多い4人が泊った。福島の女性2人、鎌倉からと横須賀から一人ずつだ。

 この日の夜、横須賀の女性(40代)は、仕事が終わった後、押っ取り刀で応援に駆け付けた。テントに足を運ぶのさえも初めてという。横須賀の女性に限らず「テントを守るために経産省前に来た、これが初めて」と話す市民は少なくなかった。

 市民の支援を受けてテントを守る当事者も熱が入る。女性テント呼びかけ人の椎名千恵子さんに、経産省が強制排除に乗り出してきた時の対応を聞いた。「ごぼう抜きにされても、また戻って来て座り込む。臭い飯を食う(逮捕される)のも覚悟している」。椎名さんは本気だ。

 28日は脱原発のシンボルとなりつつあるテントが、存亡の危機に晒されていることを聞きつけた人たちが続々と訪れた。学生はじめ若者の姿が目立つ。椎名さんらが、放射能に汚染された地元福島の実情を具体的に話すと、来訪者は静かに聞き入った。

 27日夕の光景が再現されれば、経産省もテントの撤去は難しくなる。下地はできつつある。

椎名さん(正面左角、はんてん姿の女性)の話に聞き入る来訪者たち。=写真:28日午後、写真:中野博子撮影=

椎名さん(正面左角、はんてん姿の女性)の話に聞き入る来訪者たち。=写真:28日午後、写真:中野博子撮影=

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .