【ロヒンギャ難民キャンプ発】ゲットー化始まる 政府高官「強制送還は1~3ヵ月遅れる」

警察は3輪タクシーを一台一台止めて検問した。=23日、難民キャンプ沿いの幹線道路 撮影:筆者=

警察は3輪タクシーを一台一台止めて検問した。=23日、難民キャンプ沿いの幹線道路 撮影:筆者=

 強制送還の開始が遅れることが決まると、難民キャンプの治安対策は一気に強化された。軍と警察は増派され検問が厳しくなった。

 22日夕方、軍は難民キャンプすべてのリーダーに以下の お達し を出したー

1、リーダーは毎日テントに行って住人(難民)の数を数えること

2、日没後、(自分が所属する)キャンプの外に出てはいけない

3、よそのキャンプから、人を来させてはいけない

4、キャンプの外から客人が来た場合は軍に知らせること

5、地元のマーケット以外で買い物をしてはいけない

 田中と地元紙記者は、きょう、あるキャンプのリーダーを訪ねた。彼は4千人を束ねる。田中らの顔を見ると、すぐに軍の詰所に出向き、客人の来訪を兵士に告げた。リーダーは「4」をお達し通りに履行したのである。

軍はマーケットなど人が集まる、すべての場所に展開した。通過車両の検問もする。=23日、ウィキヤ郡 撮影:筆者=

軍はマーケットなど人が集まる、すべての場所に展開した。通過車両の検問もする。=23日、ウィキヤ郡 撮影:筆者=

 リーダーは「日本人ジャーナリストらがキャンプを見たいというので案内する」とでも理由をつけたのだろう。私たちはキャンプ内をひたすら歩いた。きのう発出された お達し について取材に来たことを軍に悟られないためだ。

 本当の要件は最後にした。リーダーとは軍の詰所から遠く離れた取材車の蔭で話した ―

 「お達しは口頭で告げられた。気持ちが悪かった。それでも治安のことを考えれば、仕方がない」

 「23日の強制送還開始が遅れたことは良かった。もし帰されれば、刑務所に送られたも同然だ」。

 軍の増派は驚くばかりだ。難民キャンプの中、数十メートルごとに詰所がある。日本の警察駐在所よりも はるかに 高い密度だ。

 よそ者は一人たりとも入れない。キャンプの住人(難民)は一人たりとも外に出さない。軍は水も漏らさぬ構えである。ロヒンギャ難民はゲットーに閉じ込められたに等しい。

 難民問題のバングラ政府最高責任者であるアブル・カラン氏は、田中が同行する地元記者の電話取材に「強制送還は1~3ヵ月遅れる」と答えた。

  〜終わり~

     ◇
読者の皆様。ロヒンギャ難民の強制送還は遅れることになりましたが、難民たちをミャンマーに送り返すバングラ政府の方針は変わっていません。田中龍作ジャーナルは日本のマスコミが報道しない現状を伝えます。カードをこすりまくってバングラデシュに来おります。ご支援なにとぞ宜しくお願い致します… http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ