【築地移転】役人が廊下に立ちはだかる 仲卸業者の延期要請に

立ちはだかる東京都の役人たち。薄暗い廊下で対応した。手前が築地の業者。=10日、都庁 撮影:筆者=

立ちはだかる東京都の役人たち。薄暗い廊下で対応した。手前が築地の業者。=10日、都庁 撮影:筆者=

 選挙戦で築地市場を訪れ、「(豊洲への移転は)立ち止まって考える」と言った小池ゆりこ都知事。

 築地の仲卸業者たちがきょう、「移転の延期を求める要請書」を小池知事に渡すために都庁を訪れた。

 知事に直接手渡せないことは分かっているので、秘書室に向かった。ところが、役人たちはガードマンを引き連れて廊下に立ちはだかり、仲卸業者たちを通すまいとした。

 「こんな薄暗い所で失礼じゃないか」・・・怒号が飛んだが、役人たちは意に介さなかった。異様な光景だった。

 最後まで立ちはだかったため、要請書は廊下で都政策企画局・総務部知事秘書担当課の大野貴史課長に手渡した。

 果たして知事に渡るのか。疑問だ。2月、舛添知事(当時)に公開質問状を出したところ、舛添氏は質問状の存在を知らなかった。役人の所でストップしていたのである。

 小池知事は選挙戦で「情報公開、可視化」を訴えていたが、役人の対応は真逆である。

 移転ありきで東京都が闇雲に開業を急ぐ豊洲新市場は危険で不便だ。

「息子を(空気中にさえ発がん性物質がある)豊洲で働かせたくない」と憤る仲卸業者。=10日、都庁での記者会見 撮影:筆者= 

「息子を(空気中にさえ発がん性物質がある)豊洲で働かせたくない」と憤る仲卸業者。=10日、都庁での記者会見 撮影:筆者= 

 環境基準を大幅に上回る土壌汚染ばかりではない。最近では空気中に発がん性物質のベンゼンが含まれていることがわかった。

 新市場は構造上水洗いができない。都は「ほうきで掃け」と言ったそうだ。マグロを解体した後、水洗いせずにどうしろというのか。不衛生このうえない。業者たちは「明らかに素人が設計した」と呆れる。

 移転延期要請書を手渡した後、仲卸業者たちは都庁記者クラブで記者会見を開いた。

 樋徳商店の山口タイさんは「こんな疑わしい所から魚を出していいのか?」と憤る。

 小峰商店の和知幹夫社長は「(都知事選で築地を訪れた)小池さんに豊洲の危険性を伝えるとびっくりしていた。小池知事には我々のことを認識してもらって判断して頂きたい」と訴えた。

 築地市場の仲卸業者は最盛期、1,500店舗以上あったが、都の移転決定を機に減り始め、今年6月1日には586店舗となっている。

 7月末までにさらに40店舗減ったと見られている。豊洲ではやって行けないからだ。移転時には400店舗を割るのではないかとの見方もある。

 仲卸という目利きがいなくなれば、日本の食文化は根本から崩れる。最高の魚を最高の技で提供するという魚河岸の誇りが継承されなくなるからだ。

外国人観光客の人気スポットとなっている築地。東京都は観光資源をみすみす失う愚をおかすのだろうか。=7月、築地場内市場 撮影:筆者=

外国人観光客の人気スポットとなっている築地。東京都は観光資源をみすみす失う愚をおかすのだろうか。=7月、築地場内市場 撮影:筆者=

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

築地移転