【甘利疑惑】 UR、口閉ざす支払いの日付 それでもリラックスムード

検察官出身の山尾しおり議員は、畳み掛けるようしてUR幹部を問い詰めた。=12日、衆院第4控室 撮影:筆者=

検察官出身の山尾しおり議員は、畳み掛けるようしてUR幹部を問い詰めた。=12日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 「ひた隠しにする理由は甘利(前)大臣側に致命的だからじゃないですか?」「ここまで隠すのは よっぽど 理由があるんですね」・・・

 検事出身の山尾しおり議員が問い詰めた。それでもUR(独立行政法人・都市再生機構)の幹部たちは、薄ら笑いを浮かべてまともに答えようとしなかった。

 千葉県白井市の道路建設をめぐって、S社に法外な移転補償費用を支払うよう甘利明経済再生担当相(当時)がURに働きかけたとされる「口利き疑惑」。

 民主・維新両党がきょうも、URと国交省から事実関係を聴取した。

 きょうはS社に補償費2億2千万円を支払った日付が焦点となった。S社の一色武氏は民主党の大西健介議員や報道機関に対して平成25年(2013年)8月20日と答えている。

 支払日が焦点となっているのは「口利き」の効果が証明されるからだ。時系列で追ってみる。

 平成25年6月7日、甘利事務所の秘書がURに初めて現れた(UR面談記録)。

 同年8月20日、URがS社に2億2千万円支払う(一色氏証言)。

 一色氏は、大西議員に対して次のような証言をした。「(それまで)URはゼロ回答だったが、いつの間にか2億2千万円支払われるようになった。甘利事務所のおかげで難航していた補償交渉がすんなりと進むようになった」。

余裕の笑みで「個人情報ですから」を繰り返すUR幹部。=12日、衆院第4控室 撮影:筆者=

余裕の笑みで「個人情報ですから」を繰り返すUR幹部。=12日、衆院第4控室 撮影:筆者=

 同年11月14日、一色氏は内閣府の大臣室に甘利氏を訪ね50万円を渡した。桐箱に入った虎屋の羊羹と封筒はここで登場する。甘利大臣は50万円の入った封筒をスーツの内ポケットに入れた。(一色氏証言)。口利きの御礼だった。

 S社への法外な補償費の支払日は、甘利大臣側の「口利き」を裏付けることになる。URがどうしても口を割らない理由がここにある。

 民主・維新両党の疑惑追及チームは「(S社に)支払ったのは何日ですか? すでに一色氏は明らかにしているんですよ」と尋ねたが、UR幹部は「個人情報に関わることですから」の一点張りだった。

 真剣に答えようとしないため山尾議員が「開き直っている場合ですか?」と咎める場面もあった。

 民主・維新両党による聴取に応じるURの幹部たちには、いずれもリラックスムードが漂った。疑惑発覚当初に比べると180度の違いだ。

 最も顕著なのはN総務部長である。N総務部長は顔色がなく目も虚ろだった。不慮の死を遂げないか。先行きが心配された。だが今は穏やかな表情だ。

 URが提出した面談記録によれば、甘利前大臣側とURの面談は計12回。N総務部長はうち6回に渡って出席している。

 そのうち4回は甘利氏の地元事務所(神奈川県大和市)まで足を運んだ。横浜市の居酒屋でも1回、甘利氏の秘書2人と酒食を共にした。N総務部長は甘利事務所との交渉の中心人物と言ってよい。

 そのN部長でさえ最近は余裕を見せるようになった。聴取のもようを取材する記者の数も半減した。検察の手下ともいえるマスコミの注目度は低い。「甘利口利き疑惑」は不発に終わるのだろうか。

  ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治