後藤さんの遺骨奪還交渉 ヨルダン人弁護士、来週にも来日

後藤さんの母・順子さんと木村三浩代表。遺骨が返還されれば共に周辺国に向かう。=8日夕、高田馬場 写真:筆者=

後藤さんの母・順子さんと木村三浩代表。遺骨が返還されれば共に周辺国に向かう。=8日夕、高田馬場 写真:筆者=

 シリアで処刑された後藤健二さんの遺骨の奪還を求めてIS(イスラム国)との間で交渉にあたっているヨルダンのムーサ・アブダラット弁護士が来週早々にも来日する予定だ。

 3月にヨルダンを訪問し同弁護士に奪還交渉を依頼した一水会の木村三浩代表が明らかにした。

 ムーサ弁護士はイスラム・ジハード系の主任弁護士でISと交渉の糸口をつけられると言われている。これを活かしてISとの間で後藤さんの遺骨の奪還交渉にあたっているとされる。

 交渉がまとまれば、後藤さんの遺骨は周辺国に運び出されDNA鑑定にかけられる。

誰もが後藤さんの生還を祈った。=1月28日、都内 写真:筆者=

誰もが後藤さんの生還を祈った。=1月28日、都内 写真:筆者=

 その際は母親の順子さんも現地に赴く。

 「健二に日本の土を踏んでもらいたい。ふるさとに帰って来てもらいたい」。順子さんは遺骨の返還を待つ心境を語った。

 木村代表は「ムーサ弁護士はISから日本の誰と会うか証しを求められたと思う」と話す。

 日本政府が高官を出さずお茶を濁した対応をすれば、遺骨は帰って来なくなることも考えられる。

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。取材制作にはコストがかかっています。

  ◇
【求人】『田中龍作ジャーナル』では取材助手を募集しています。時給、交通費当日払。ジャーナリスト志望の若者を歓迎します。学生可。詳しくは…tanakaryusaku@gmail.com

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

シリア