» パレスチナ(ガザ・西岸)

虐殺を伝えるため田中はパレスチナを反芻する

 戦場を離れて早や6ヵ月が経つ。耳と鼻が鈍ってきた。たまに戦場に行くのが一番危ない。「これくらい大丈夫だ」とタカをくくるからだ。  カンを鈍らせないためにも時々、パレスチナを反芻する―  難民キャンプとその周辺は真っ昼間 …
続きを読む»

アルジャジーラ活動禁止 イスラエルの真の狙いは

 イスラエル戦時内閣は5日、衛星放送局『アルジャジーラ』がイスラエル国内で活動することを禁止した。  アルジャジーラの報道が国家の安全を脅かしているという理由だ。カリ逓信相は「アルジャジーラはハマスの代弁者」とまで決めつ …
続きを読む»

【ガザ】エイドワーカーが “誤爆” される理由

 「ん、これは爆撃すると厄介なことになるかな?」…イスラエル軍は躊躇した時、ドローンの高度を思い切り下げる。ヒット可なのか、不可なのかを確認するためだ。  耳に飛び込んでくるドローンのエンジン音は、耳の傍で草刈り機がワン …
続きを読む»

これがガザに降り注ぐ砲弾だ

 「プシュン」。ダンプカーのエアブレーキを鋭くしたような音と共に戦車から砲弾が発射される。  周囲の空気を圧縮するのだろう。取材車の窓ガラスがミシミシと音を立てた。  「ドカーン」あるいは「ドーン」というのは距離のある場 …
続きを読む»

パレスチナの「日本通り」

 一部マスコミ報道によると日本政府は米国に追随し停止していたUNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)への支援を再開する方向で検討を始めた。  UNRWAによると日本政府は年間3千万ドルを拠出している(2022年)。世 …
続きを読む»

【ラファ】大量虐殺はこうして証拠隠滅する

 イスラエル軍のラファへの陸上侵攻は秒読み段階に入った。  ハマス掃討で非戦闘員に多大な犠牲者が出ることは免れない。これまでの死者2万8576人(ガザ保健省・14日現在)という数字がそれを物語る。  イスラエル軍にしてみ …
続きを読む»

【ガザ】ラファはこんな所だ イスラエル軍の地上侵攻迫る

 日本を除く国際社会がイスラエルのラファ侵攻を止めようと懸命の外交努力を続ける。  ヨルダンのアブドラ国王はワシントンに飛びバイデン大統領に直談判をした。カイロでは関係国が停戦を目指して首脳会談を持つ。  ところが米国に …
続きを読む»

ラファの大虐殺を防ぐには エジプトの革命に学ぶ

 約150万人が避難するガザ最南端のラファ。狭い街はパレスチナ住民がひしめく。  国際社会の制止をものともせずイスラエル軍は陸上侵攻するのか。侵攻すれば非戦闘員の死傷者は測り知れない。世界は固唾を呑む。  BBCがラファ …
続きを読む»

ネタニヤフ首相の戦争は収拾がつかないフェーズに入った

 イスラエル軍は2日、レバノンの首都ベイルートの南郊ダヒーヤをドローン爆撃し、ハマス幹部のサレハ・アル・アロウリ氏らを殺害した。  BBCはしばらく蜂の巣をつついたような騒ぎとなった。ハマスの幹部が殺されたからではない。 …
続きを読む»

日米合同委員会の「イスラエル‐米国版」が目論むガザ戦争の次

 世界中の批判を浴びながらも米国が国連安保理で拒否権を行使し、イスラエルのガザ戦争に肩入れするのには、れっきとした制度的根拠があった。(田中はそれを良しとしているわけではない)  AIPAC(アメリカ・イスラエル公共政策 …
続きを読む»