» 選挙

【宮古島市長選挙】「オスプレイが飛ぶと観光客が来なくなる」

 自衛隊新基地建設の是非などを問う宮古島市長選。きょうは翁長知事が基地建設反対の候補を応援するため島に入った。  市長選挙には賛成派と反対派が2人ずつ立候補し、舌戦を展開している。賛成派、反対派ともに分裂選挙となる。「オ …
続きを読む»

島の幹線道路でドライバーに支持を訴える奥平一夫候補(右)と翁長知事。=18日、宮古島 撮影:筆者=

「共謀しよう、捕まえたければ捕まえてみろ」― 市民連合・山口教授

 独裁者に追い詰められた市民が反転攻勢に出るのか? 昨夏の参院選挙で野党共闘を実現した立役者の市民連合と野党4党(民進、共産、社民、自由)がきょう、新宿西口で共同街宣した。  マスコミ報道によると、安倍内閣は今国会(20 …
続きを読む»

市民連合の山口二郎・法政大学教授。「今やこの日本では報道の自由も三権分立の歯止めも壊されている」と安倍独裁を糾弾した。=7日、新宿西口 撮影:筆者=

【大阪報告】 「カジノは絶対アカン」野党共闘

 大阪、横浜、佐世保・・・統合型リゾート施設(IR)の誘致に名乗りを上げる都市では、カジノが選挙の争点になりそうだ。  大阪一の繁華街、梅田できょう、野党(共産、社民、自由)の立候補予定者たちが、共同街宣した(主催:ミナ …
続きを読む»

詐欺師の政治家がいくら刷り込んでも、まっとうな庶民は「博打で景気が回復する」と思っていない。=5日、大阪梅田 撮影:筆者=

京都で野党共闘街宣 やっぱり来なかった民進地元議員

   「共産党とは徹底的に戦う」(福山哲郎・参院京都選挙区)、「共産党は白アリ」(前原誠司・衆院京都2区)・・・  民進党の看板議員が共産党を敵対視する京都で野党共闘の街宣がきょう実現する、と聞いて会場の京都駅前まで足を …
続きを読む»

共産党の国対委員長と元自民党の幹事長が同じ街宣車に乗る。「昨日の敵は今日の友」を地で行く光景だ。=25日、京都駅前 撮影:筆者=

貧困を問う国立市長選挙 片山さつき議員も参戦

 前市長の死去に伴う東京・国立市長選挙がきょう、告示された。(25日投開票)  ハイソな街のリーダーを決める選挙は、反貧困を掲げる野党候補と公共工事に力点を置いた街づくりを目指す与党候補の一騎打ちとなった。  野党候補は …
続きを読む»

小川宏美候補。「とことん寄り添う。経済的に苦しい人にも尊敬の念を持って話しを聞く」ため「頼れる課」の創設を目指す。=18日、国立駅前 撮影:筆者=

デンカツが変える選挙情勢 新潟県知事選でも威力

 入れたいと思う候補者は選挙区が違う。しかも遠方だ。投票を頼める知り合いもいない。あの都道府県の首長選挙が気になる。だが仕事、子育て、介護で外出できない。  選挙に興味があっても行動できない有権者や在外邦人・・・こういう …
続きを読む»

今夏の参院選で真山勇一陣営のデンカツチームは大車輪の活躍をした。真山議員(右)は「僕が選挙に勝てたのは市民パワーのおかげ」と目を細めた。写真左は でんわ勝手連 の黒川敦彦事務局長。=14日、参院会館 撮影:筆者= 

「生保叩きの片山さつき議員と山本太郎」選挙近し、新作ポスター

 「(衆院)解散があるとすれば年明け早々」。山本太郎議員がきょう、都内で開かれたトークライブ「国会の内から見た安倍凶行政治」で予想した。  2回目の会期延長(1回目の延長は14日まで)があったら、とする条件つきだ。「12 …
続きを読む»

ボランティアを集めてポスター貼りの説明会が開かれた。ポスター右下に片山議員の姿が見える。=11月30日、参院会館 撮影:筆者=

【都知事選秘話】 宇都宮氏に撤退迫る民進党、5時間で古賀氏から鳥越氏へ

 今夏の東京都知事選挙で宇都宮健児氏が出馬断念に追い込まれた舞台裏を、選対事務局長がきょう、支持者たちの集会で明らかにした ―   7月11日午後5時30分。東京都知事選への立候補を決めていた宇都宮健児氏と熊谷伸一郎選対 …
続きを読む»

500万枚印刷したチラシ。スタッフたちは告示の前日まで配布の準備を進めていた。幻のチラシとなった。=7月13日、宇都宮選挙事務所・新宿区 撮影:筆者=

【柏崎市長選】 原発広告にすがるマスコミに「お前ら(再稼働容認候補の)桜井んとこ行けよ」

 東電・柏崎刈羽原発を抱える柏崎市の市長選挙は20日、投開票が行われ、再稼働容認の桜井まさひろ候補(54歳)が3万220票を獲得して当選した。  「再稼働は認めない」とする政策を掲げていた市民派候補の竹内えいこ氏(47歳 …
続きを読む»

記者会見してマスコミの質問に答える竹内えいこ氏。=午後10時過ぎ、竹内陣営の開票センター 撮影:筆者=

【柏崎市長選挙】原発立地自治体の選挙は地元だけのものなのか

 東電・柏崎刈羽原発の再稼働に大きな影響を及ぼす柏崎市長選挙はあす(20日)、投開票となる。  再稼働を認めない市民派候補と連合を含めた与党候補の一騎打ちは、投票箱のフタが閉まるまで予断を許さない状態だ。  選挙戦最終日 …
続きを読む»

「いい演説だった。涙が出た」。河合弘之弁護士(左)は竹内候補を励ました。=19日、柏崎市内 撮影:筆者=