» 選挙

「しがらみのない政治」とポピュリズム 中選挙区制と民草の声

 あの家の息子は今春、中学校に上がる。娘は高校2年・・・中選挙区制時代の政治家は、支援者の家族構成まで知っていた。  衆院選挙が中選挙区制から小選挙区制となって20年余りが経つ。最も顕著な変化は自民党議員がかつてほど民草 …
続きを読む»

「しがらみのない政治」を訴えたポピュリストは、アベ独裁をアシストした。=7月、銀座 撮影:筆者=

カメラが捉えた大義と言い訳 ~ 民主主義を諦めなかった人たち

 「最後の最後までやろう」。市民勝手連のリーダーは仲間に言い聞かせるように声をかけた。皆、四方八方に散って候補予定者のチラシ配布にかかった。北海道の秋風は、素手をかじかませるに十分な冷たさだった。  民進党がこぞって希望 …
続きを読む»

「かけかくしかいさん」だったのに、選挙ではあまり争点にならなかった。まんまと安倍自民の土俵に乗った野党が未熟だったのか。=10月19日、都内 撮影:筆者=

戒厳令下のアキバ 「安倍辞めろ」を完全封殺 

 都議選のリベンジを果たすと豪語していた安倍首相 ―  大型選挙・最終日恒例となった自民党総裁の秋葉原演説が21日夕、雨の降りしきるなか、あった。  独裁者の意を汲んだ自民党と警察が「反安倍」をほぼ完ぺきに封じ込めた。警 …
続きを読む»

「リベンジをやり遂げた・・・」。満面の笑みを浮かべる安倍首相。=21日、秋葉原 撮影:取材班=

前原代表の「想定外」だった 野党大合併、頓挫の理由を明かす

 前原・民進党代表の「現時点では想定内」発言は、真っ赤なウソである。民進党の3分裂、希望の党の自壊は、前原代表の「想定外」だった。その舞台裏を明かす―  大合併による新党構想は民進党代表選挙前から進んでいた。田中は代表戦 …
続きを読む»

解散8日前。水面下で着々と大新党構想が進められていた。よもや今のような事態になろうとは、2人とも予想だにしなかっただろう。=9月20日、都内 撮影:筆者=

【衆院選・新潟5区】「安倍怖い」泉田支持者が野党選挙事務所に“転入”

 泉田裕彦・前新潟県知事を長年、敬愛し支持し続けた長岡市の主婦(40代)は、泉田前知事が自民党から出馬すると知ってからも支持する気持ちが揺らぐことはなかった。  だが、ある出来事をきっかけに“転向”することになった。それ …
続きを読む»

「自民党から出馬しちゃいけない」。古賀先輩は、ニヤニヤしながら説得に応じない泉田後輩にゲンコツを食らわすポーズで怒りを示した。=9月、東京都内 撮影:筆者=

【衆院選・沖縄3区】玉城デニー「うちなんちゅはブレないよ」 無所属で反基地貫く

 希望の党との合流が取り沙汰されていた政党の前職(解散までは議員)たちの中で、いち早く無所属で立候補することを宣言した玉城デニー(党籍は自由党)。4期目を目指し自公候補と争う。  普通の候補者であれば、無所属のハンデは絶 …
続きを読む»

街宣中の玉城候補。反基地の信念を曲げなかったことで有権者からの揺るぎない信頼を得た。

【衆院選・山口4区】アベ首相に公開討論会申入れ 顔こわばらす昭惠夫人

 総選挙公示日のきょう、下関市(山口4区)で開かれていた安倍晋三候補の出陣式でハプニングが起きた。  「加計隠し」を世に訴えるために、首相のお膝下から選挙に立った黒川敦彦が、昭惠夫人に「黒川本人と安倍首相との合同立合い演 …
続きを読む»

山本太郎議員は昭惠夫人に「公開討論会をしましょう」と呼びかけた。討論会の相手はもちろん夫君の安倍首相だ。=10日、下関市 撮影:筆者=

【衆院選・山口4区】「加計隠し問う選挙」今治の市民運動家がアベ首相の対立候補に

 「かけかくしかいさん」は小池劇場の前にすっかりかすんでしまった。連日連夜、マスコミは小池都知事の動向を これでもか というほど伝える。展開は安倍首相の思うツボとなりつつある。  加計学園に土地を無償で提供し、建設費の半 …
続きを読む»

黒川敦彦候補予定者。「96億円もアベ友にくれてやるよりも、それをもっと市民生活向上のため使うべき」が持論だ。=9日、下関市 撮影:筆者=

【衆院選・大阪10区】リベラルの灯、一人で守り抜く辻元清美 有権者「あの人しっかりしてはる」  

 「私は希望の党には行きません」― 早くから宣言していた辻元清美(民進・前)。維新が猛威をふるう大阪で唯一人、リベラルの灯を守る。  総選挙の公示を翌々日に控えたきょう、辻元は地元高槻市の街頭で有権者に支持を訴えた。   …
続きを読む»

「右向けと言うと右を向く。異議申し立てができない。踏み絵を踏ます。政党のあり方としてよいのか?」。辻元清美氏は独裁色の強い希望の党を批判した。=8日、高槻市 撮影:筆者=

【衆院選・鹿児島1区】「踏み絵は踏まないのか」民進候補予定者に迫ったのは希望・中山成彬氏だった 

 希望の党「君は安保法制に賛成か反対か?」  川内氏「憲法上の疑議がある法律に賛成も反対もなく、廃止と考えます」  希望の党「踏み絵は踏まないのか?」  川内氏「踏みません」  小池代表から依頼を受け希望の党の候補者選別 …
続きを読む»

「小池さんに忠誠を誓うのではなく県民に忠誠を尽くします」「お友達になって下さい」…腰が低くてユーモラスな川内氏は街頭の人気者だ。=6日、鹿児島市内 撮影:筆者=