» 選挙

【宮古島市議補選】新基地反対の母親が当選 「生命の水を守れ」

 市長選とダブルとなった宮古島市議会議員補欠選挙(※)。陸自ミサイル部隊の配備に伴う新基地建設への反対を掲げていた3児の母、石嶺かおり候補(36歳)が初当選した。(※欠員2議席に対して5人が立候補)  石嶺氏が最も強く訴 …
続きを読む»

石嶺かおり氏。政治はズブの素人だが、戦争や環境汚染に対する危機感は、凡庸な政治家よりも強い。=20日、宮古島 撮影:筆者=

【宮古島市長選挙】オッサンVSママ 基地か子育てか 

 選挙戦最後の街頭演説を「打ち上げ」という。各陣営の選挙戦が凝縮されていて翌日の開票結果を占えることから、メディアも注目する。  選挙戦最終日となったきょう、田中は陸自新基地建設容認で3期目を目指す下地敏彦候補と、新基地 …
続きを読む»

「標的の島にはしたくない」。子を持つ母親が奥平候補の街宣に足をとめた。=21日夕方、宮古島 撮影:筆者=

【宮古島市議補選】安倍政権に挑む母親候補 「新基地で地下水を汚染するな」

 宮古島市長選挙と同日の22日に投開票となる市議会議員補欠選挙。欠員補充2名のところに5名が立候補している。  田中は自衛隊の新基地建設に反対する3児の母、石嶺かおり候補(36歳)を追った。  石嶺候補が基地に反対する最 …
続きを読む»

「子どもの将来を考えた場合、基地は大きな負担となる。基地は一度受け入れてしまったらどんどん増殖する」。石嶺かおり候補の演説は核心を突く。=20日、宮古島 撮影:筆者=

【宮古島市長選】 作り出された中国の脅威 結果しだいで新基地拒否も

 宮古島のほぼ中央に位置する航空自衛隊・宮古島分屯基地。巨大なレーダーが宮古海峡と尖閣上空の空域にニラミを利かせる。  分屯地の地下深くでは司令部の建設工事が進む。南西諸島における防衛の要である宮古島に、中国がミサイル攻 …
続きを読む»

「年々大きくなっていく」と地元民は眉をひそめる。小さな島の巨大なレーダー施設は威容だ。=航空自衛隊・宮古島分屯地 撮影:筆者=

【宮古島市長選挙】「オスプレイが飛ぶと観光客が来なくなる」

 自衛隊新基地建設の是非などを問う宮古島市長選。きょうは翁長知事が基地建設反対の候補を応援するため島に入った。  市長選挙には賛成派と反対派が2人ずつ立候補し、舌戦を展開している。賛成派、反対派ともに分裂選挙となる。「オ …
続きを読む»

島の幹線道路でドライバーに支持を訴える奥平一夫候補(右)と翁長知事。=18日、宮古島 撮影:筆者=

「共謀しよう、捕まえたければ捕まえてみろ」― 市民連合・山口教授

 独裁者に追い詰められた市民が反転攻勢に出るのか? 昨夏の参院選挙で野党共闘を実現した立役者の市民連合と野党4党(民進、共産、社民、自由)がきょう、新宿西口で共同街宣した。  マスコミ報道によると、安倍内閣は今国会(20 …
続きを読む»

市民連合の山口二郎・法政大学教授。「今やこの日本では報道の自由も三権分立の歯止めも壊されている」と安倍独裁を糾弾した。=7日、新宿西口 撮影:筆者=

【大阪報告】 「カジノは絶対アカン」野党共闘

 大阪、横浜、佐世保・・・統合型リゾート施設(IR)の誘致に名乗りを上げる都市では、カジノが選挙の争点になりそうだ。  大阪一の繁華街、梅田できょう、野党(共産、社民、自由)の立候補予定者たちが、共同街宣した(主催:ミナ …
続きを読む»

詐欺師の政治家がいくら刷り込んでも、まっとうな庶民は「博打で景気が回復する」と思っていない。=5日、大阪梅田 撮影:筆者=

京都で野党共闘街宣 やっぱり来なかった民進地元議員

   「共産党とは徹底的に戦う」(福山哲郎・参院京都選挙区)、「共産党は白アリ」(前原誠司・衆院京都2区)・・・  民進党の看板議員が共産党を敵対視する京都で野党共闘の街宣がきょう実現する、と聞いて会場の京都駅前まで足を …
続きを読む»

共産党の国対委員長と元自民党の幹事長が同じ街宣車に乗る。「昨日の敵は今日の友」を地で行く光景だ。=25日、京都駅前 撮影:筆者=

貧困を問う国立市長選挙 片山さつき議員も参戦

 前市長の死去に伴う東京・国立市長選挙がきょう、告示された。(25日投開票)  ハイソな街のリーダーを決める選挙は、反貧困を掲げる野党候補と公共工事に力点を置いた街づくりを目指す与党候補の一騎打ちとなった。  野党候補は …
続きを読む»

小川宏美候補。「とことん寄り添う。経済的に苦しい人にも尊敬の念を持って話しを聞く」ため「頼れる課」の創設を目指す。=18日、国立駅前 撮影:筆者=

デンカツが変える選挙情勢 新潟県知事選でも威力

 入れたいと思う候補者は選挙区が違う。しかも遠方だ。投票を頼める知り合いもいない。あの都道府県の首長選挙が気になる。だが仕事、子育て、介護で外出できない。  選挙に興味があっても行動できない有権者や在外邦人・・・こういう …
続きを読む»

今夏の参院選で真山勇一陣営のデンカツチームは大車輪の活躍をした。真山議員(右)は「僕が選挙に勝てたのは市民パワーのおかげ」と目を細めた。写真左は でんわ勝手連 の黒川敦彦事務局長。=14日、参院会館 撮影:筆者=