» 沖縄

【那覇発】 沖縄県民大会「オスプレイ全面飛行禁止求める」特別決議 

 文・写真 佐川由佳梨(田中龍作ジャーナル)  沖縄の総意を示す県民大会が12日、那覇市で開かれ、辺野古新基地の建設断念を日米両政府に求める大会宣言を採択した。(主催:辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議)  会場と …
続きを読む»

辺野古新基地の建設に反対する翁長知事の信念はブレない=12日、奥武山陸上競技場 撮影:佐川由佳梨=

沖縄・高江で共謀罪の予行演習 写真家はこうしてデッチあげ逮捕された  

 権力による原生林の大規模違法伐採を克明に記録していたカメラマンは、沖縄防衛局職員に触ってもいないのに、公務執行妨害と傷害の容疑で逮捕されていたことが分かった。  昨年8月25日朝、ヘリパッド建設反対運動の拠点である通称 …
続きを読む»

テントの出入り口をふさいだ防衛局職員。マイクを握っているのは、抗議する山城議長。(2016年8月25日朝、高江N1テント裏 撮影:島崎ろでぃ=

【辺野古発】400~500万円で政府に頬叩かれ 漁民「そもそもが海を奪われている」

 「漁協が漁業権を放棄したから県知事の許可は要らない(※1)」・・・悪徳デベロッパーのごとき強引な理屈で、米軍新基地建設を本格着工した日本政府。  漁民が放棄したのではない。沖縄防衛局が札束で名護漁協の頬を叩き漁業権を放 …
続きを読む»

サンゴの海を破壊する沖縄防衛局(ODB)の旗をつけた漁船。皮肉で悲劇的な光景だ。=7日、大浦湾 撮影:筆者=

【辺野古発】サンゴ礁突き破り ボーリング調査進む

 安倍政権はどこまで自然を破壊すれば気が済むのだろうか。沖縄タイムスによれば、沖縄防衛局は7日午後4時から米軍新基地・建設予定海域のボーリング調査を始めた。  多目的調査船『ポセイドン(4,015トン)』の船体中央部分に …
続きを読む»

作業中の調査船『ポセイドン』。船体中央部分の掘削機がサンゴ礁を突き破る。「(辺野古沖の)長島よりも高い」と人々は恐れる。=8日午前8時30分頃、新基地建設予定海域 撮影:筆者=

【辺野古発】安倍訪米の手土産 巨大コンクリート塊がサンゴの海に投下された 

 クレーン船のアームが動くと巨大なコンクリート・ブロックはあっけないほど速く海に沈んで行った。こうして228個のコンクリート塊が海底のサンゴを押しつぶしていく。  人間の愚かさの前に、自然がいとも簡単に破壊されることを、 …
続きを読む»

クレーン船から投下されるコンクリート・ブロック。厚みは作業員の背丈ほどもある。=7日午前、大浦湾 撮影:筆者=

【辺野古発】沖縄2紙も入らない海域で、政府の環境テロ準備を撮った

 沖縄防衛局はきょう午前9時前、辺野古米軍基地の本体工事に着手した。マスコミ各社がほぼ一斉に報じた。海上埋め立てに向けた本格工事である。  まっとうな人々が固唾をのんで見守ったのは、巨大なコンクリート・ブロックの海中投下 …
続きを読む»

臨時制限区域の目安となるフロート(オレンジ色のボール)。これより30m右にブイがあり、そこから内側が実際に制限区域となる。撮影ポイントは制限区域内で立ち入りが禁止されている海域。=6日、大浦湾 撮影:筆者=

【辺野古発】政府、明日にもサンゴ破壊の環境テロ決行

 政府は明日5日にも辺野古沖の米軍基地建設を再開する。マスコミを通じて明らかにした。    琉球新報によると11~14トンのコンクリート・ブロック228個が大浦湾に投下される。サンゴやジュゴンが生息する海域にである。   …
続きを読む»

600ポセイドン

沖縄県警、高江の抗議男性を「ひき逃げ」するも否認 マスコミは追随

 事件は田中の目の前で起きた。事実はマスコミ報道とは違う。  高江のヘリパッド建設に抗議する住民・市民が警察車両を取り囲んでいた最中に事件は起きた。昨年7月21日のことだ。N1ゲート前の強制排除を翌日に控え、現地は緊迫し …
続きを読む»

Aさんが警察車両に はねられた 直後。運転手(機動隊員)は車両から降りることもなく去って行った。=昨年7月21日午後6時49分頃、高江 撮影:筆者=

【煽られる脅威】~下~ 要塞化する観光の島

 陸上自衛隊新基地の予定地とされている宮古島中央部のゴルフ場で24日からボーリング調査が始まった。  新基地建設の是非が争点となった宮古島市長選挙で、容認派の下地敏彦市長が再選された翌々日のことだ。防衛省の焦りが窺える。 …
続きを読む»

下地島空港。市長選挙で敗れた候補は「国際線の誘致で観光客を増やす」政策を掲げていた。=19日、下地島(宮古島と橋でつながる) 撮影:筆者=

【煽られる脅威】 漁師「(中国に対する)危機感はまったくない」 ~上~

 「我が国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しており…」。安倍政権が集団的自衛権と軍備拡張を正当化する際の常套句だ。  官邸のお先棒を担ぐマスコミは、常套句にリアリティーを与える。ホットスポットとされる尖閣諸島周辺海域に …
続きを読む»

港で漁網をたたんでいた漁師に聞くと「燃料代が高くて(尖閣周辺には)行かない」と答えた。