【香港発】中国恐怖支配の象徴 「新屋嶺拘置所に送られてもデモに行く」

「死のキャンプ」「悪魔の中国が香港の人々を虐殺する」。新屋嶺を糾弾する集会参加者がプラカードを掲げた。会場に入りきれなかったため、そばの道路で。=27日夜、エディンバラ広場 撮影:田中龍作=


「死のキャンプ」「悪魔の中国が香港の人々を虐殺する」。新屋嶺を糾弾する集会参加者がプラカードを掲げた。会場に入りきれなかったため、そばの道路で。=27日夜、エディンバラ広場 撮影:田中龍作=

 デモに参加する場合、信頼できる友人に自分の名前、香港ID、電話番号を残していく。妻帯者は妻に「デモに出てくるよ」と言い残す。デモから帰ってこなかったら弁護士に連絡してもらう・・・これがデモ隊のスタンダードだ。

 逮捕されそうになった場合は、自分の名前、香港ID、電話番号を大きな声で叫ぶ。だが機動隊から顔を殴られ、首筋に乗られたのでは声も出せない。

 一人者が友人にも告げずデモに行くのは自殺行為に近い。逮捕された場合、行方不明となってしまうのだ。殺されても闇に葬られる。

 8月31日、太子駅構内が屠殺場と化した事件があった。警察は否定するが、行方不明者が出ているというのが、市民の間では定説となっている。

 MTRが駅構内の防犯カメラ映像の一部しか公開しなかったことが、行方不明説をさらに説得力のあるものとした。

 深圳そばの山中にあって人権が蔑ろにされているとの指摘が絶えない「新屋嶺(サンオクレン)拘置所」・・・香港の民主派を震え上がらす警察施設は、行方不明問題の核心を握る。

太子駅事件で逮捕され新屋嶺に留置された経験を持つ大学生が、人権状況のひどさを訴えた。=27日夜、エディンバラ広場 撮影:田中龍作=

太子駅事件で逮捕され新屋嶺に留置された経験を持つ大学生が、人権状況のひどさを訴えた。=27日夜、エディンバラ広場 撮影:田中龍作=

 27日夜、新屋嶺拘置所の人権問題に抗議する集会が香港島中心部のエディンバラ広場で開かれた。回りの公共スペース、歩道、立体駐車場にまで人が溢れた。日本にたとえるならこうだ。会場の神宮球場が満員になり、神宮外苑にまで人が溢れた。

 参加者は1万人をゆうに超えた。強い危機感の表れだ。

 同業者が行方不明になっているという男性の話を聞いた。行方不明者(男性20代後半)をAさんとしよう。Aさんは8月31日、事件のあった太子駅を利用した。

 1ヵ月近く経った今も行方不明だ。会社に出勤してこないので社長はAさんをすぐに解雇した。Aさんは一人者で家族はいない。弁護士に依頼する人がいないのだ。

 新屋嶺拘置所での接見経験が豊富な弁護士も「行方不明者は接見のしようがない」と顔を曇らす。

集会参加者はスマホのライトをかざしながら香港国歌の「Glory to HongKong」を合唱した。=27日夜、エディンバラ広場 撮影:田中龍作=

集会参加者はスマホのライトをかざしながら香港国歌の「Glory to HongKong」を合唱した。=27日夜、エディンバラ広場 撮影:田中龍作=

 この日の抗議集会では、太子駅事件で逮捕され、新屋嶺に24時間留置された中文大学の学生(女性)が、マイクを握った。

 「トイレとシャワーは仕切りがない。周りは真っ暗だった。男性警察官に見られていても、それが分からない」。

 新屋嶺に送られる被逮捕者は大ケガを負っている。「複数個所の骨折」「脳内出血」…治療にあたった医師、看護師の証言だ。

 「行方不明者とは死者なのではないか」との指摘が根強くあるのは、このためだ。

 劣悪な人権状況と情報非公開がもたらす行方不明。新屋嶺は香港に迫りくる中国の象徴でもある。

 新屋嶺に送られてもデモに参加するか? 田中は集会参加者に聞いた。

 子供が2人いる40代の男性は、にべもなく「参加する」と答えた。17歳の女の子もきっぱりと「参加する」と話すのだった。

 中国共産党の恐怖支配にも怯んでいないのが香港の民衆だ。

    ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国