過労死促進法案 「でたらめデータ」のまま強行採決

強行採決の後、記者団の取材を受ける佐戸恵美子さん。「最後まで戦う。あきらめない。未和が背中を押してくれている」。=25日、衆議院玄関 撮影:筆者=

強行採決の後、記者団の取材を受ける佐戸恵美子さん。「最後まで戦う。あきらめない。未和が背中を押してくれている」。=25日、衆議院玄関 撮影:筆者=

 過労死促進法案が、今夕、衆院厚労委員会で強行採決された。田中は「過労死家族の会」に同行し、強行採決のもようを傍聴した。夫や我が子を過労死で亡くした妻や母親たちは、遺影を抱いて席についた。

 安倍官邸は経営者にとって夢の制度をなんとしても実現させたかった。厚労省に改ざんを命じたことが2月に発覚し、社会を揺るがした。その後も意図的としか言いようがないデタラメなデータが次々と見つかった。

 採決の日となったきょうも野党議員がデータの矛盾を追及したが、政府側はまともに回答できなかった。それでも高鳥修一委員長(自民)は「質問時間を過ぎている」と告げて、採決に踏み切った。

 野党議員が高島委員長のマイクを奪ったため、自民党の橋本岳・厚労部会長が、法案の可決を告げた。それは勝利宣言のようでもあった。

 過労死家族の会は鬼の形相で議場を見つめた。NHK記者だった娘の未和さん(享年31)を過労死で失った佐戸恵美子さんの肩が、大きくゆっくりと上下した。

プラカードで顔を隠した男性(40代)は「遺族の心を踏みにじるような心ない議員の声をメディアは記録し伝えてほしい」と語気も強く話した。=25日、新橋駅SL広場 撮影:取材班=

プラカードで顔を隠した男性(40代)は「遺族の心を踏みにじるような心ない議員の声をメディアは記録し伝えてほしい」と語気も強く話した。=25日、新橋駅SL広場 撮影:取材班=

 高プロと呼ばれる過労死促進法案は、年収1075万円以上の専門職に適用され、休息、労働時間、深夜労働などの規制が撤廃される。

 年に104日、4週で4日休ませれば、いくらでも働かせてよい。28日のうち4日休ませれば、24日、毎日24時間連続で働かせても違法とはならないのである。労働者が何万人、何十万人死んでも過労死認定されないのだ。

 年収制限についても、今後、次々と引き下げられることは必定だ。高プロの子分格である裁量労働制について、安倍政権は「最低賃金労働者や契約社員にも適用可能」とする閣議決定をしているのだから。

 佐戸恵美子さんは「数の力で冗談じゃない。娘の命をなんと思っているのか」「データ改ざんで人が殺せるのは日本だけ」と話した。淡々とした口調は、静かに燃える炎のような怒りを感じさせた。

 「東京過労死家族の会」の中原のり子さんの夫は、医師で高プロの走りのように働かされたあげく過労死した。

 「過労死の奴隷船に乗っている気がする。奴隷は家族と食事ができるだけまだマシ。私は家族を失っている」。中原さんは涙を流しながら語った。

  〜終わり~

   ◇
アウシュビッツの地獄を経験した民族が、かくも残虐非道になれるのか・・・

マスコミが報道しないパレスチナ情勢を現場から伝えるため足を伸ばしましたが、台所がかなり危うくなっております。ご支援何とぞ宜しくお願い致します… http://tanakaryusaku.jp/donation

   ◇
【写真は雄弁な物的証拠】

中東随一の軍隊に占領地の人々が丸腰で立ち向かう【パレスチナ戦争写真集】を公開しました・・・

https://note.mu/tanakaryusaku  からお入り下さい。

大量虐殺があった2014年の【ガザ写真集・いとも簡単に殺される命】と併せて御覧ください

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

雇用