【ロヒンギャ難民キャンプ発】まだ続くミャンマーからの脱出 それでも帰す鬼畜

18日未明、漂着したロヒンギャ難民。家族と共に住み慣れた地を脱出した少女(11歳・手前)は絶望しきっていた。=18日、サブロング収容所 撮影:筆者=

18日未明、漂着したロヒンギャ難民。家族と共に住み慣れた地を脱出した少女(11歳・手前)は絶望しきっていた。=18日、サブロング収容所 撮影:筆者=

 強制送還第一波が22〜23日にも予想されるなか、ミャンマーからのロヒンギャ脱出が続いている。

 バングラ最東南端の村サブロング。国境の川を渡ってミャンマーから逃れてきたロヒンギャをまず収容する施設がある。軍が管理する。

 田中がきょう訪れると施設には約40人のロヒンギャ難民が収容されていた。昨夜(17日)、ミャンマーのラカイン州をボートで脱出し、きょう(18日)未明、バングラに漂着した。

 ズフラベゴンさん(40歳女性)は孫と娘の3人でボートに乗った。「外出すると仏教徒の迫害に遭う。買い物にも行けない。仕事もない」と脱出の理由を語った。
 
 「向こう(ミャンマー)で殺されるくらいだったら、こちらで殺された方がまし」。力なく話す彼女の表情に生気はなかった。

 ソユット・アロムさん(55歳男性)は妻と子供4人と共に川を渡った。ソユットさん一家も仏教徒に迫害されてきた。イスラム教徒のほとんどが難民となってラカイン州を出て行ったため、残りわずかのイスラム教徒は攻撃されやすくなる。

 「畑で収穫したスイカやキンマ(葉物野菜の一種)は仏教徒に持って行かれた」。ソユットさんは無念の表情で語った。

バングラの川岸に漂着した難民はまずここに収容される。=18日、サブロング収容所 撮影:筆者=

バングラの川岸に漂着した難民はまずここに収容される。=18日、サブロング収容所 撮影:筆者=

 強制送還について尋ねると、「帰れというのなら向こうで死ぬしかない」と諦めきった顔で答えた。

 現地で援助活動にあたるNGOは「市民権も安全も保証されていない」と強制送還に懸念を示す。

 ロヒンギャは命が惜しいから家を捨て畑を捨て脱出する。脱出はいまなお続く。そこに「帰れ」というのは鬼畜という他ない。

 ミャンマーを訪問した河野外相は12日、「難民の帰還に」と言ってスーチー国家顧問に3億3千万円の支援を表明した。

 23日までに始めるとされていた送還は「ずれ込む」というのがバングラ外務省も含めた大方の見方だった。 

 だが河野外相のミャンマー訪問を機に「早期強制送還」が急浮上した。少数民族の人権よりも経済外交が優先されたのである。

難民が渡ってくるナップ川を警備するバングラ警察。=18日、テクナップ郡 撮影:筆者=

難民が渡ってくるナップ川を警備するバングラ警察。=18日、テクナップ郡 撮影:筆者=

  〜終わり~
 
     ◇
読者の皆様。ロヒンギャ難民問題は日本政府のミャンマー支援が第2の惨劇を引き起こしかねません。その実情を伝えるために現地取材に来ました。カードをこすりまくっての借金です。ご支援なにとぞ宜しくお願い申し上げます…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ