経産省が動画・スチール写真禁止 原発賠償の不合理問う場で

ヒアリング中は会場も撮影禁止と言われていたため、開始前に撮影した。=16日午後1時30分頃、衆院会館 撮影:筆者=

ヒアリング中は会場も撮影禁止と言われていたため、開始前に撮影した。=16日午後1時30分頃、衆院会館 撮影:筆者=

 後ろめたいことは国民に知らせない・・・官僚の性(さが)なのか、それとも安倍自民のモノマネなのか。

 経産省はきょう、「スチール撮影、動画、ライブ中継の禁止」を条件に市民団体のヒアリングに回答した。会場の雰囲気ショットもご法度となった。

 経産省の若手官僚は「動画を撮ってプレッシャーがかかると、あまり建設的な意見にならない」などと説明した。開始前の頭撮りだけが許された。

 東電救済の費用を国民に押し付ける「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」なるものがある。「ノルマ達成!」と社員に檄を飛ばすブラック企業のスローガンのようである。経産省はそこで原発事故処理費用を21.5兆円とする試算を明らかにした。今までの倍だ。

 聞きなれない「過去分」の費用が東電利用者に課せられようとしている。事故前に東電契約者だった場合、別の電力会社と契約したとしても原発事故費用を徴収されるのだ。

 市民側は「過去分は東電が支払うべきではないのか?」と質問した。すると、経産省側は東電の責任を問うどころか、電力自由化を悪者扱いした。

 「事故というよりは、電力自由化のほうが引き金。規制料金の時は皆が支払うべきだったものだ」。こうなると詭弁を通り越して詐欺だ。
 
 市民側が追及した。「東電は破たん処理せず、賠償には国の費用が投入されているではないか。JALの時のように法的整理はしないのか」と。

 経産省の官僚は対抗するかのように言い放った。「同時に賠償債権もなくなる」。

食い下がった結果、ヒアリング開始前の頭撮りだけOKとなった。=16日午後2時、衆院会館 撮影:筆者=

食い下がった結果、ヒアリング開始前の頭撮りだけOKとなった。=16日午後2時、衆院会館 撮影:筆者=

 処理費用21.5兆円についても、裏付けのない数字であることがわかった。廃炉費用は8兆円とされるが、委員会に提出された説明資料はA4サイズ用紙一枚のみだったという。

 経産省「21.5兆円というのは国で用意した数字。廃炉費用8兆円、残りが13.5兆円」。

 「お金が先にあるんじゃない。21.5兆という巨額、国会で論議してないでしょ」。市民から厳しい意見が飛んだ。

 国民に過大な費用負担を強いる収束費用を、国会で承認することなく経産省は省令ひとつで処理してしまう危険性すらある。

 その後も、官僚たちは「原発は経済的、安定的、他の電源より低廉な電源。CO2低減に一定の効果がある。安全性は原子力規制委員会で確認している」とハンで押したように答えた。

 原発は発電している間はCO2を出さない。だが燃料棒にする過程と再処理で、大量のCO2を 出す。燃料ペレットは陶器だからだ。陶器を作る時、陶器を溶かす時、大量のCO2を出すのである。経産官僚が知らぬはずはない。

 原発事故の処理は国がほとんどやっている。東電を破綻させると賠償債権も失われるというのは真っ赤なウソだ。

 生保、金融機関が電力債権を持っており、東電を破綻させると金融機関の株が下がる。だから東電を生かし続けるのである。国民の負担で。

 さすがは経産省だ。首相補佐官として情報管理を手掛けていた世耕弘成氏が大臣だけのことはある。ウソがモロバレになっても密室で処理すれば、知らぬ存ぜぬで済まされるのだ。

 次はフリージャーナリストを締め出すだろう。

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

原発災害