【エジプト】ムスリム同胞団、大規模デモへ 殉教の行進にしてはならない 

エジプトの民衆は自由のためなら戦車にひき殺されることも厭わなかった。=2011年2月、タハリール広場 写真:田中龍作=

エジプトの民衆は自由のためなら戦車にひき殺されることも厭わなかった。=2011年2月、タハリール広場 写真:田中龍作=

 軍事クーデターによって大統領の座を追われたモルシ氏を支持するムスリム同胞団が金曜礼拝のある今夜(日本時間)、大規模なデモを呼びかけている。暫定政権は軍に自衛のための実弾発砲を指示しており、流血の惨事が危惧される。

 金曜礼拝で思い出すのが2011年1月28日だ。ムバラク大統領(当時)の辞任を求める民衆が蜂起して初の金曜礼拝だった。カイロのタハリール広場には約10万人の市民が集まっていた。アラーへの祈りが最高潮に達しようとした時に治安部隊の銃口が火を噴いたのである。数十人が犠牲となった。

 ムスリム同胞団は食糧、医療など生活の隅々まで人々の面倒を見ており、国民の7割が何らかの形で関わっていると言われる。民衆からの支持は厚い。

 2011年、後にアラブの春と呼ばれた市民革命の際、タハリール広場に配置されていた戦車がエンジンをかけた。戦車周辺にいた男性たちはキャタピラの下に身を置いた。「恐くないか?」と筆者が聞くと、「恐くない、自由のために死ぬ」と答えた。

 広場にいた別の男性は「軍は国民すべてを殺さない限りデモを鎮圧できない」と話した。イスラムの教えによる殉教精神がある限りその通りとなるだろう。

 15、16日の2日間、治安部隊とモルシ支持派との衝突で620人以上が死亡している。

 今夜(日本時間)のデモが「殉教の行進」とならないことを祈ってやまない。

  ◇
読者の皆さま。残念ですが本稿は日本で執筆しています。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , , , .