» ウクライナ

【ウクライナ発】「レーニン像と戦車」 親露勢力の支配地域に入った

 ドネツク州の州都ドネツク市とポロシェンコ大統領が同州の新しい州都に定めたがっているマリウポリは、車で2時間弱の距離(180㎞)しかない。  ドネツク市は親露勢力が実効支配し、彼らが自称する「ドネツク共和国」の首都となっ …
続きを読む»

巨大レーニン像の前に集って赤旗を振り、ソ連を懐かしむ人々。西側から来た筆者には別世界に思えた。=7日、ドネツク市 写真:筆者=

【ウクライナ発】 戦闘経験なき民兵たちの愛国心

 「前進」「膝を落とせ」…教官の掛け声を受けて年若い兵士たちが訓練に励んでいた―  民兵アゾフ連隊の本部基地はマリウポリから車で1時間余り走った郊外にあった。  寒冷のウクライナにあって海辺の広大な敷地は別天地のように暖 …
続きを読む»

訓練兵たちの動作は緩慢だった。いわゆるヘッピリ腰の若者もいた。=5日、アゾフ連隊本部基地 写真:筆者=

【ウクライナ発】「分離主義者は夜動く」 ゲリラ戦で戦略要衝陥れるロシア

 ドネツク州の州都ドネツク市周辺を制圧した親露武装勢力が次に狙うのは、戦略要衝マリウポリだ。  マリウポリから北へ60キロのボルノボハ村(人口2万3千人)は、ウクライナ軍が前線基地を置く。  戦争の実相を知るには前線を見 …
続きを読む»

ウクライナ軍部隊。戦車数両と機関砲を積んだピックアップトラック(後方)を備えていた。=1日、ボルノボハ村・前線基地 写真:筆者=

【ウクライナ発】そして誰もいなくなるのか 突きつけられる体制の選択

 ドネツク州東南部の港湾都市マリウポリ。クリミヤ半島やオデッサにつながる要衝の地だ。3月に虎の子のクリミヤ半島を陥れたロシアは、親露勢力を使ってマリウポリに攻勢をかけた。  大統領選さなかの5月には政府庁舎や銀行などが火 …
続きを読む»

焼けただれた政府庁舎。親露勢力が内部に侵入し火を放った。=30日、マリウポリ 写真:筆者=

【ウクライナ発】大統領陣営、圧勝するも米国に踊らされたツケ重く

 26日に投票が行われたウクライナの最高議会選挙は、ポロシェンコ大統領自身のブロックと大統領を支持する政党が過半数を制することが確実になった。  中央選管の中間発表によると、ポロシェンコ大統領自身の政党「ソリダリティー」 …
続きを読む»

中央選管に設けられた開票センター。地元マスコミから選挙特有の緊張感は伝わって来なかった。=26日夕方、キエフ市内 写真:筆者=

【ウクライナ発】 総選挙 「ポロシェンコになっても何も変わらなかった」

 前大統領追放後、初めてとなる最高会議(定数450議席)の選挙が26日、ウクライナで実施された。  親露勢力の支配が続くドネツクやルハンスクなど東部地域では実施できなかった。  ロシア系住民の多い東部で選挙がボイコットさ …
続きを読む»

投票用紙には立候補者と政党名がすべて書かれていて、有権者は意中の候補と政党に印をつける。そのため投票用紙は大きい。=26日、キエフ市内 写真:筆者=

【ウクライナ発】 26日総選挙、米国の傀儡政府完成 

   欧米にそそのかされて親露派の前大統領を追い出したウクライナで、政変後初の総選挙が26日、実施される。  欧米にとって最大の関心事は、ポロシェンコ大統領がリーダーを務める「ペトロ・ポロシェンコ・ブロック」が、過半数( …
続きを読む»

一時は隆盛を極めたティモシェンコ元首相の「祖国」からは有力政治家が抜けた。苦戦が予想される。=24日、キエフ 写真:筆者=

ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ

 読者の皆様。田中は本日(31日)、ウクライナを離れて帰国の途につきます。滞在が長引いたのはウクライナ軍の投降を見届けるためでした。  首都キエフの独立広場(マイダン)に来て驚いたのは、治安警察と戦っていた市民たちに日当 …
続きを読む»

スナイパーは正面ビルの屋上から狙撃した。死体に残された弾丸から同じスナイパーが治安警察と市民の両方を撃っていたことも明らかになっている。騒乱を激化させるためだった。=キエフ市内 写真:筆者=

【キエフ発】 次期大統領 「ガスの女王」は「メディアの女王」

 5月に実施されるウクライナの大統領選挙で当選確実とみられているのがユーリア・ティモシェンコ元首相だ。ヤヌコビッチ大統領が追放された2月24日の夜、幽閉を解かれ、公の場に姿を現した。  独立広場(マイダン)で「ヤヌコビッ …
続きを読む»

あちこちのバス停に掲げられたティモシェンコ氏の写真は雑誌の表紙である。メディア支配の一端がうかがえる。=キエフ市内 写真:筆者=

【キエフ発】 ウクライナ危機・新局面に 極右が国会封鎖

 ウクライナ危機が新局面を迎えた。28日、極右組織「ライトセクター」が国会を封鎖したのだ。ライトセクターは3日前、幹部のサチコ・ビリーが内務省の特殊部隊によって射殺されたことから「報復」を宣言していた。  ライトセクター …
続きを読む»

国会正面を封鎖した「ライトセクター」。右から2番目の隊員は斧を手にしていた。=28日正午頃(日本時間午後7時頃)、キエフ 写真:筆者=