投稿者「tanakaryusaku」のアーカイブ

【パレスチナ発】 狂信右派政権は古都で隣人を根こそぎ排除する

 ユダヤ教徒の盛装をした男性とへジャブの女性がすれ違う。ここはユダヤ教徒とイスラム教徒が混在する古都東エルサレムだ。  密接しているだけに、ユダヤ民族とアラブ民族の憎しみのボルテージはあがる。  ウエストバンク(ヨルダン …
続きを読む»

不寛容は戦争と侵略を生む

 ウクライナ東部を実効支配するロシア軍がウクライナの本を焼却している、とCNNが伝えた。  報道に触れた時、田中はまったく驚かなかった。ウクライナ北部に侵攻したロシア軍が基地化していた小学校に、銃で撃ち抜かれた国語の教科 …
続きを読む»

【パレスチナ発】オモチャの銃を持っていた少年はイスラエル軍に射殺された

 東エルサレムのシュワハト難民キャンプ入口で、おもちゃの銃を持っていたハマッド・アリ少年(17歳)がイスラエル軍に射殺された。1月25日のことだ。遺体は2月4日、イスラエルから返されてきた。その夜、キャンプ近くの墓地に埋 …
続きを読む»

【パレスチナ発】「銃弾隠し持つ」内偵情報で家を砲撃される理不尽

 4日あさ6時30分頃、イスラエル軍がジェリコのパレスチナ難民キャンプを急襲した。  攻撃されたのはアガット・ムガッティさん宅。家人13人(アラブ人は大家族制)が負傷、死者はいなかった。  鉄筋二階建ての家は、壁がスッポ …
続きを読む»

【パレスチナ発】戦争に巻き込まれれば、殺され家も自由も奪われる

 「アラブ人に死を」と叫ぶベングビール国家治安相がナクバと呼ばれる民族浄化を企図しているエリアのひとつ、東エルサレム・シルワン地区-  ユダヤ教徒の聖地である嘆きの壁からは1㎞と離れていない。雨さえ降っていなければ肉眼で …
続きを読む»

【パレスチナ発】水は国防である 水道民営化という自殺行為

 ヨルダン渓谷まで足を延ばした。フェンスの外側にあたるパレスチナの領土を農業用水がサラサラと流れていた。  水路の川幅は1メートル足らず。水量はお世辞にも豊かとは言えない。それでも土漠と砂漠に強烈な日差しが照り付ける中東 …
続きを読む»

【パレスチナ発】民族浄化はもう始まっている

 軍と軍の戦いで敵基地を占拠したというのは当たり前のようにある。だがユダヤ教徒の聖地でもある東エルサレムで目にしたのは、あまりに異様な光景だった。  場所はパレスチナ居住区のアルトゥール地区。ハイリー・ムーサ・アルカムさ …
続きを読む»

【パレスチナ発】田中はなぜ戻ってきたのか 米国務長官が制止に

 昨年末、イスラエルに誕生した狂信的宗教右派政権がさっそく本領を発揮している。  ウエストバンクでは毎日のようにパレスチナ人がイスラエル軍によって射殺されている。ここ2~3日、誰も殺されていないな、と首を傾げていると、そ …
続きを読む»

田中龍作に紛争地報道を続けさせて下さい

読者の皆様  田中は昨年末からパレスチナ、ナゴルノカラバフ、コソボを歩いてきました。  いずれも近隣の民族同士が激しく憎み合い、殺戮を繰り広げてきた地です。  そこには戦争に至るメカニズムのようなものがあります。回避でき …
続きを読む»

民族紛争の地で噛みしめる 鈴木邦男氏が説いた保守と寛容

 民族派右翼の草分け的存在だった鈴木邦男・元一水会代表の訃報に接した。  今からちょうど10年前の光景(写真上段)を思い出す。在日外国人の排斥を叫び、日の丸を林立させながら街を練り歩く「ヘイトデモ」のカウンターに鈴木氏は …
続きを読む»