【キエフ発】 住民「爆心地から300m離れたビルが地震のように揺れた」

ペシャンコになったスポーツセンター。200m離れた地点からの撮影です。=21日、キエフ市 撮影:田中龍作=

 開戦から26日目、3月21日。

 いったいロシア軍は、どんなミサイル(あるいは新型爆弾)を使っているのだろうか。

 20日午後11時頃、キエフ市北西部の住宅地にロシア軍陣地の方角から飛来したミサイル(あるいは新型爆弾)が着弾し、高層アパートとスポーツセンターが全壊、スーパーマーケットが半壊した。

 2日前の18日、キエフ市内の住宅地に着弾した新型爆弾が中層アパート6棟を全半壊させたが、今回の破壊力はそれを格段に上回る。

 高層アパートは柱だけを残して壁はすべて吹き飛んだ。近くのスポーツセンターもペシャンコになった。たった1発で、だ。

 爆心地から300m離れたアパートにすむイリヤさんは、地下のシェルターに避難するため階段を駆け下りていた時、着弾した。「建物が地震のように揺れた」と語った。凄まじい爆風だったのである。

消防隊が爆弾探知犬を連れて待機していたが、消防隊とてなかなか入れなかった。=21日、キエフ市 撮影:田中龍作=

 被害が広範囲に及んでいるのが特徴だ。爆心地から300mも離れたアパートの窓ガラスが粉々だ。住民は当分住めない。

 イリヤさん(会社員30代)はドンバス戦争が始まると間もなく、ルハンスクからキエフに逃れてきた。2015年のことだ。

 「21世紀に2回も戦争に遭った。2回ともロシアの戦争だ。人生をやり直そうとキエフに来たのにこのざまだ」と悔しがった。

 現場には爆発物が残っている可能性があるため、軍の特殊部隊が出て探索を続けている。メディアはすべて立ち入り禁止となった。

 現場を見ないことには何も言えない。

 明日(22日)は外出禁止令がキエフ市全域に敷かれる。翌23日には解かれる予定だ。

 警察が現場に入ることを許可すれば、建物の焼け焦げ方、破損の程度、クレーターの大きさなどを視認したい。

柱を残して壁面がすべて吹き飛んだ高層アパート。約200m離れた地点からの撮影であることを御了承ください。=21日、キエフ市 撮影:田中龍作=

     ~終わり~
 
   ◇
皆様のお力で、田中龍作は日本の新聞テレビが報道しない、ウクライナの実情を、伝えることができています。

カードをこすりまくっての現地取材です。 ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ウクライナ