【ウクライナ発】プーチン「虐殺発言」は耄碌か ニセ旗にしてはお粗末

プーチン大統領の口に拳銃を突っ込む。「ロシアが嫌いなのではなくロシアの政権が嫌い」。よく聞く言葉だ。=12日、キエフ市内 撮影:田中龍作=

 「ウクナイナ軍による大量殺害が起きている」。プーチン大統領がショルツ独首相との共同記者会見(15日、モスクワ)で述べた。BBCのライブで世界に伝わった。

 「プーチンさん。アンタ本当にKGBの幹部だったのか?」。田中は独裁者の耄碌(もうろく)に底知れぬ不安を覚えた。

 ふつう「エスニック・クレンジング(民族浄化)は、優勢な勢力が劣勢な勢力を大量殺害する。惨劇を数えあげればきりがない。

 ごくごく稀に劣勢だった勢力が優勢だった勢力を虐殺するケースがある。「逆エスニック・クレンジング」だ。

 コソボ紛争(1990年代)でNATOが軍事介入した後で起きた。

 セルビア系住民から虫ケラ同然に扱われていたアルバニア系住民は、NATOの進駐で一転優位となった。

 人道介入を掲げたNATOはセルビア側を完膚なきまでに叩いたのである。

 

ウクライナの人々はセルビア人指導者のミロシェビッチ元ユーゴ大統領とプーチン大統領を重ねる。「戦争犯罪者、大量殺人者」の横断幕が。=12日、キエフ市内 撮影:田中龍作=

 田中は現地で双方の住民から話を聞いた。アルバニア系住民は「カゴの中の鳥ではなくなった。(セルビア系住民に)殺されることもなくなった」とNATOの軍事介入を喜んだ。

 セルビア系住民は「(アルバニア系住民から)隣人がいとも簡単に撃ち殺された」と言って、コソボのはるか郊外に逃れた。

 ドンバスはロシア側の支配下にある。ウクライナは民族構成比でも少数派だ。ウクライナ側は明らかに劣勢なのである。

 先に手を出せばロシア軍の本格介入を招くだけだ。

 劇的な力の変化がない限り、劣勢な勢力が優勢な勢力を大量殺害するなどと云うことはありえない。

 コソボ紛争の際、ロシアはセルビア側についていた。年寄りはもの忘れが激しいというが、プーチンさんはコソボの教訓を忘れたのだろうか。

 ニセ旗作戦にしてはお粗末である。

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ウクライナ