» 政治

安倍首相がにぎる希望の運命

 立党の意味さえ失う大惨敗を喫した希望の党の両院議員懇談会がきょう午後、国会内で開かれた。  小池百合子代表が会場に到着すると、議員たちはほぼ全員が起立で迎えた。  小池が近づくと近畿地方の選挙区で当選した官僚出身議員は …
続きを読む»

会場に到着した「敗軍の将」、小池百合子代表。一か月前のオーラは かけら もなかった。=25日午後、衆院会館 撮影:筆者=

霞が関「かけかくし」 加計文書の開示は選挙翌日の23日

 今治市出身の夫を持つ女性が、政府に対して行った加計文書開示請求で、内閣府と文科省が「10月23日に開示する」と回答していたことがわかった。きょう、女性と代理人弁護士らが司法記者クラブで会見し明らかにした。10月23日は …
続きを読む»

今治市の開示文書は「部分黒塗り」でも大体内容が分かる。政府はそれさえも出そうとしない。文書をかざしているのは代理人弁護士。=17日、司法記者クラブ 撮影:筆者=

【速報】加計学園獣医学部、23日にも認可 同日に孝太郎理事長が記者会見

 田中龍作ジャーナルが政府関係者から入手した情報によると、文科省の大学設置審は衆院選投票日翌日の23日にも加計学園・岡山理科大学獣医学部の設置を認可する方向で最終調整に入った。    同日中に加計孝太郎理事長が記者会見を …
続きを読む»

加計孝太郎理事長。安倍首相にとっては森友学園の籠池前理事長のように逮捕させるわけにはいかない事情があった。 =撮影:筆者=

「レイプ犯」不起訴相当 第2、第3の詩織さんが出る

 レイプ犯の不起訴相当に抗議した市民がきょう、検察審査会の入る東京地裁前でプラカードを手にスタンディングした。  「性暴力許さない」「もみ消し許さない」・・・この国が法治国家でなくなりつつあることを憤る言葉が検察審査会に …
続きを読む»

「日本人は自分が被害者になってみないと事の重大さが分からない」。プラカードを持つ女性は悲愴な表情で語った。

【今治発】「加計隠し解散は許さない」疑惑の本丸に市民がデモかける

 加計疑惑の震源地である今治。「かけかくしかいさんは許さない」。市民たちがきょう、獣医学部の建設現場にデモをかけた。  森友問題を闇から外に出した豊中市議会の木村真議員、安倍政権にとって最も不都合な男である山本太郎参院議 …
続きを読む»

「96億円あったら、高齢者が暮らしやすく、子育て世代が定着するような自治体にできるはず」と考える市民は少なくない。=23日、今治市内 

【解散総選挙】安倍自民圧勝 それでも加計で攻め立てれば改憲は阻止できる

 「自民・公明・小池・民進離党組・維新で310(議席)獲りそうだ」。某社政治部記者が田中にメールを送ってきた。某社は選挙報道では定評がある。大きく外れることはないだろう。  310という議席数がミソである。310議席は改 …
続きを読む»

市民の方が新聞・テレビよりも まっとうな 政治感覚を持っているようだ。=19日夕、国会前 撮影:筆者=

小池国政新党 これが受け皿? 改革に名を借りた秘密結社

 小池国政新党は都議選のような反自民の受け皿ではなかった ―  若狭勝衆院議員が代表を務める小池国政新党(日本ファースト)の政治塾がきょう、開校した。その名も輝照塾。  小池都知事が講師をつとめた一回目の講義には、20代 …
続きを読む»

若狭代表は塾生たちを前に「我が国の30年先の未来図を描く政治」を説いた。=16日、都内 撮影:筆者=

佐川国税庁長官の罷免求め 第2次署名運動始まる

 佐川国税庁長官の罷免と辞任を求めて、大学教授や弁護士たちからなる市民グループが、きょうから第2次署名運動を開始した。(主催:森友・加計問題の幕引きを許さない市民の会)  主催者が先月、繰り広げた第1次署名運動には1万7 …
続きを読む»

第1次署名の束を携えて財務省に向かう市民の会。=8月21日、霞が関 撮影:筆者=

【今治報告】加計疑惑生んだ 市役所と市議会と記者クラブの密室政治

 「市長、今のお気持ちを聞かせて下さい」― 6日、今治市議会で開かれた加計問題を審議する特区委員会(※)に出席した菅良二市長に、田中が声を掛けた。まだ審議開始前だった。(※特区委員会=国家戦略特区・特別委員会)  すると …
続きを読む»

加計幹部が出席した特区委員会のもようを伝える愛媛新聞(7日朝刊)。「(新潟県)柏崎原発」の方が断然大きな扱いだ。

山尾離党 「ポピュリズム政党なのに大衆の気持ちが分からない民進党」

 民進党のホープと目されていた山尾しおり議員が、週刊誌の不倫報道により離党に追い込まれた。  SNS上に「山尾議員を守れ」との投稿はほとんど見かけない。「不倫は犯罪ではないのだから離党することはない」とする趣旨の投稿をた …
続きを読む»

待機児童を持つ母親たちの意見を聞く集会であいさつする山尾議員。離党に追い込まれるとは誰も思っていなかった。=昨年4月、国会内 撮影:筆者=