【香港発】裏目に出た緊急法発動 世界の信用失う中国

中国人民解放軍・駐香港基地前をデモ行進する人々の列は、長江のごとく続いた。シュプレヒコールは「香港反抗」だ。=6日、アドミラルティ 撮影:田中龍作=

中国人民解放軍・駐香港基地前をデモ行進する人々の列は、長江のごとく続いた。シュプレヒコールは「香港反抗」だ。=6日、アドミラルティ 撮影:田中龍作=

 武力に勝る警察すなわち国家権力は局所、局所では勝つ。だが大局的に見れば、中国共産党は負けているのではないだろうか。

 6日日曜、緊急法発動後、初の本格的なデモがあった。

 機動隊がデモ隊めがけて雨あられのごとく催涙弾を撃ち込んだ。デモ隊は退却する。無傷だ。田中が視認する限り逮捕者はいない。

 反政府デモが激化するようになって香港の経済はガタ落ちだ。

 政府はデモの鎮静化を図るために緊急法を発動したが裏目に出た。第一弾は覆面禁止法だった。

 だが、数十万人がマスクを着用して政府庁舎にデモをかけたのである。デモは激化しこそすれ鎮静化のきざしはない。

火災ではない。警察が撃ち込む催涙弾で煙っているのだ。香港市民の反発を買うばかりである。=6日、アドミラルティ 撮影:田中龍作=

火災ではない。警察が撃ち込む催涙弾で煙っているのだ。香港市民の反発を買うばかりである。=6日、アドミラルティ 撮影:田中龍作=

 仮に中国が香港を潰して、深圳や上海を金融センターにしようとしても、世界第3位の香港ほどにはならない。

 政権に都合のよい情報しか出ない所に、世界は金を投資したりしないからだ。

 デモ隊を支持する政府職員が興味深いことを話していた。「貿易摩擦などで中国は米国に対して劣勢に立つ。今が香港の地位を確立するチャンスだ」と。

 中国は国慶節70周年式典で古臭い個人崇拝と共産党への忠誠を見せつけた。

 いっぽう、香港市民は強権的なデモ弾圧の映像をネット配信し続けている。さてどちらが世界に共感を呼ぶだろうか。

 「中国は信用ならない」と世界が思い直すようになれば、香港市民の勝ちなのである。

「全力抗争」。緊急法の発動は香港市民を本気で怒らせてしまった。=6日、コーズウェイベイ 撮影:田中龍作=

「全力抗争」。緊急法の発動は香港市民を本気で怒らせてしまった。=6日、コーズウェイベイ 撮影:田中龍作=

       ~終わり~

         ◇
読者の皆様。香港情勢が重大な局面を迎えました。自民党改憲草案の「緊急事態条項」にあたる「緊急法」の発動です。
今後の日本のためにも取材し、お伝えしなければなりません。長逗留で滞在費がかさんでおります。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます。
      ↓
   
        ◇

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国