【パレスチナ発】「戦争を止めれば豊かになれる」女性救急隊員の夢壊した日本の安保法制

「また撃たれた」。救出に駆けだす女性隊員たち。=15日、パレスチナ自治区アルビーレ村 撮影:田中龍作=

「また撃たれた」。救出に駆けだす女性隊員たち。=15日、パレスチナ自治区アルビーレ村 撮影:田中龍作=

 イスラエル軍が雨あられのごとく催涙弾を浴びせ、毒ガスであたりは白く煙って視界ゼロとなる。「パン、パン」…乾いた音と共に実弾も放たれる。

 バタバタと倒れる同胞たち。サイレンを鳴らして走り回る救急車。パレスチナは世界一、救急隊が忙しい地域だ。

 現場で見る限り救急隊の半分は女性である。スカーフを被っていたり、被っていなかったりする。

 イスラエル軍が丘の上まで下がり、前線が緩んだ時だった。若い女性隊員が田中に話しかけてきた。年の頃はまだ二十歳に手が届いていないのではないだろうか。

 「どこから来たのですか?」
 「日本です」。
会話の始まりはお定まりのパターンだった。

この日も女性救急隊員たちはオリーブの木陰から心配そうに戦況を見つめていた。=15日、パレスチナ自治区アルビーレ村 撮影:田中龍作=

この日も女性救急隊員たちはオリーブの木陰から心配そうに戦況を見つめていた。=15日、パレスチナ自治区アルビーレ村 撮影:田中龍作=

 ところが彼女は「日本」と聞くと、アーモンドのような目をさらに大きくさせた。キラキラと輝いているのが手に取るように分かる。

 「日本は世界の中でも別の国。第2次世界大戦の後、戦争を止めて経済繁栄を遂げた。日本はピースフルカントリー。一度日本に行きたい。それが私の夢です」。彼女はそこまで一気に話すと「私たちの国と全く違う」と言って目線を落とした。

 田中は逡巡した。本当のことを話せば彼女の夢を壊す。しかし、もし彼女がお金を貯めて日本に来て、現実を知ったら、どうなるだろう? 立ち直れないほど落胆するだろう。

 思い切って実情を明かすことにした。「それが違うんだ。プライムミニスターが愚かで、平和な国から戦争ができる国に変えてしまったんだ」「きのう飛んだドローンはイスラエルと日本が共同開発してるんだ」。

 彼女は見る見る顔を曇らせた。唇に人差し指をあてたまま押し黙ってしまった。

 世界には豊かで平和な国がある。そうなれば血を流さずにすむ・・・戦争の最前線にいる彼女はそう信じて生きてきたに違いない。なのに日本の愚かなジャーナリストは、彼女の希望をぶち壊したのである。

 この時ほどアベシンゾウの安保法制を憎んだことはなかった。日本が米大使館移転に追随しなかったことだけが、かすかな希望として残った。

  〜終わり~

   ◇
読者の皆様。マスコミが報道しないイスラエル軍の残虐非道さを現場から伝えるために中東まで足を伸ばしました。カードをこすりまくっての借金です。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます… http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

パレスチナ(ガザ・西岸)