次はクーデター 幹部自衛官が国会議員に「お前は国民の敵だ」

 イラク日報問題で防衛省を厳しく問い質す小西議員(手前)。安倍政権による集団的自衛権行使の違憲性を追及する急先鋒である。=3日、野党合同ヒアリング 衆院第16控室 撮影:筆者=


イラク日報問題で防衛省を厳しく問い質す小西議員(手前)。安倍政権による集団的自衛権行使の違憲性を追及する急先鋒である。=3日、野党合同ヒアリング 衆院第16控室 撮影:筆者=

 国会議事堂前で幹部自衛官が現職の国会議員に対して「お前は国民の敵だ」と言い放つ事件が起きた。軍部が国会議員を蔑ろにした 戦前戦中に逆もどりしたかのような光景だった。事件の一部始終を小西議員に聞いた ―

 16日夜9時ごろ、小西洋之参院議員(民進)が参院会館前を歩いていたところ、ジョギングの男と目が合った。

 男は「小西か? お前は国民の敵だ。お前は気持ち悪い」と落ち着いた口調で言った。その目は据わっていた。

 男が「私は自衛官だ」と続けたので、小西議員は驚いた。右手には国権の最高機関である国会議事堂が聳え立っていた。

 同議員が「ここがどういう場所だか分かっているのか?」と問うと、自衛官は「何が悪いんだ。市民が国会議員に文句を言って何が悪いんだ?」と居直った。

 17日午前の参院外交防衛委員会で、前夜の事件を挙げてシビリアンコントロールの観点から、小野寺五典防衛相を追及した。小野寺大臣は事実を確認すると引き取った。

 事態は急展開した。午後1時、防衛省人事教育局の武田博史局長が、小西議員の事務所に自衛官の本人情報を持ってきた。

自衛隊観閲式の安倍首相と稲田防衛相。お粗末な政治家たちがシビリアンコントロールを危うくした。=朝霞駐屯地 撮影:筆者=

自衛隊観閲式の安倍首相と稲田防衛相。お粗末な政治家たちがシビリアンコントロールを危うくした。=朝霞駐屯地 撮影:筆者=

 小西議員は度肝を抜かれた。暴言の主は、30代の3等空佐だったのである。バリバリのエリート将校だ。しかも所属は統合幕僚監部ときている。

 統合幕僚監部は陸・海・空の3自衛隊を束ね指揮する中枢組織だ。今回の日報隠しでは中心的な役割を担っていた。渦中の組織に所属する幹部自衛官が国会議員を「お前は国民の敵だ」と言ってのけたのである。

 夕方、制服組トップの河野克俊統幕議長が謝罪に訪れた。統幕議長は「あってはならないこと。申し訳ありません」と頭を下げた。

 小西議員は「全組織をあげて再発防止のため再教育しろ。特に法令順守とシビリアンコントロール」と語気を強めた。

 統幕議長は「教育します」と うな垂れた。

 「シビリアンコントロールが崩壊して、文民に対して自衛隊が牙をむいてきた小野寺大臣と統幕議長が即刻辞任しなければ、将来クーデターが起きる。次は機関銃」・・・小西議員は指摘する。「マスコミや野党の反応が鈍い」と残念がった。

 青年将校が首相や大臣を襲撃した2・26事件(1936年)は、5・15事件(1932年)の処分が甘かったために起きた。

 幹部自衛官がこうした発言をするということは、普段から「国会議員の某はけしからん」などという言葉が飛び交っていることの証左ではないだろうか。でなければ、とっさに出てくる言葉ではない。この国の実力組織は危うい。

    〜終わり~
    
    ◇
権力監視が『田中龍作ジャーナル』の役目です。苦しい台所ですが、読者の支えで維持運営されています…
http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治