【ロヒンギャ難民キャンプ発】禁じられたイスラム神学校 

少年たちはコーランの朗唱に一心不乱だった。「大きくなったら聖職者になりたい」と答えた。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

少年たちはコーランの朗唱に一心不乱だった。「大きくなったら聖職者になりたい」と答えた。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 森を切り拓いて作られたクトゥパロン・メインキャンプは、地平線まで難民テントが続く。

 車を降りて迷路のような小径を10分ほど歩くと斜面に へばりつくようにして 竹作りの小屋がひっそりとあった。マドラサ(イスラム神学校)だった。8畳ほどの広さだろうか。

 筆者が訪ねた時は10人ほどの少年がコーランを朗唱していた。頭を前後に振りながら経典を音読する独特の勉強方法だ。

 校長にあたる聖職者のハーフェス・ヌルホセン師(45歳)が、生徒たちに慈愛の眼差しを注いでいた。

 師によればマドラサは昨年9月下旬に開校した。ミャンマー国軍の掃討作戦に遭い、ラカイン州から逃れてきて、わずか一か月後のことだ。8歳から25歳までの30人がここで学ぶ。

 「ミャンマーでは5年前からマドラサを開くことが禁止されるようになった。コーランを学ぶために集まっているのが当局に見つかれば、逮捕され刑務所に送られた」。師は訴えかけるように話した。

 ミャンマー政府がマドラサを取り締まっているのは、国軍がイスラム過激組織ARSA(アラカン・ロヒンギャ救世軍)に手を焼くからだ。アフガンのタリバーンがそうであったように、イスラム戦士の多くはマドラサで教育される。

マドラサは樹々に隠されるように、しかもテントの裏側にあった。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

マドラサは樹々に隠されるように、しかもテントの裏側にあった。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

 マドラサに神経を尖らせているのは、バングラ政府も同様だ。ARSAはパキスタンのイスラム原理主義との関わりを指摘されており、難民キャンプ内にもARSAが潜んでいることは周知の事実となっている。

 かつて東パキスタンと呼ばれたバングラは、西パキスタン(現パキスタン)との内戦を経て独立した歴史を持つ。パキスタンに絡むイスラム原理主義には、自ずと警戒を強める。

 武装したイスラム原理主義勢力がダッカのレストランを襲撃し20数人の死者を出した事件が、2年前にあったばかりだ。

 イスラム原理主義勢力の温床となりかねないマドラサに、バングラ政府が神経を尖らすのは、無理もない。

 シャヒドゥル・ハク外相はBBCのインタビューに「一刻も早く(ロヒンギャ難民を)送還したい」と語った。

 マドラサが難民キャンプの迷路の奥にひっそりとあったのには、それなりの理由があったのだ。

 「ミャンマーに帰還させられたらこんなに自由に勉強はできなくなる。戻りたくない」。ヌルホセン師は顔を曇らせた。

教室の床は竹を渡しただけの質素な造りで、歩く度にミシミシと音を立てた。それでも生徒たちは楽しそうにコーランを勉強していた。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

教室の床は竹を渡しただけの質素な造りで、歩く度にミシミシと音を立てた。それでも生徒たちは楽しそうにコーランを勉強していた。=17日、ロヒンギャ難民キャンプ 撮影:筆者=

    〜終わり~

    ◇
読者の皆様。ロヒンギャ難民問題は日本政府のミャンマー支援が第2の惨劇を引き起こしかねません。その実情を伝えるために現地取材に来ました。カードをこすりまくっての借金です。ご支援なにとぞ宜しくお願い申し上げます…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

バングラデシュ