【都議選】築地から逃げた小池知事 選挙期間中、一度も来ず

暗唱しているのだろうか。都民ファーストの女性候補は、お決まりのフレーズを、たどたどしく並べた。=1日午前、築地 撮影:筆者=

暗唱しているのだろうか。都民ファーストの女性候補は、お決まりのフレーズを、たどたどしく並べた。=1日午前、築地 撮影:筆者=

 「小池知事が明日(1日)朝、波除神社に来る」との情報が昨夜(30日)、築地界隈を駆け巡った。

 豊洲移転をめぐる小池知事のマヤカシに業を煮やす「築地女将さん会」が反応した。築地の守護神である波除神社に知事が来たら「移転反対」のプラカードを持って立ちはだかる・・・

 情報がどこからか抜けたのか。小池知事は来なかった。女将さんたちから詰め寄られる場面がマスコミで報道されれば、都民ファーストには痛手だ。投票日前日である。

 小池知事は築地で市場関係者を前に「豊洲の無害化ができなかったことをお詫びする」と頭を下げた。その際、「これからはちょくちょく築地に来させて頂く」と言っていたにも かかわらず だ。

 結局、今回の都議選期間中、一度も築地に足を運ばなかったことになる。逃げたといっても過言ではない。

 「豊洲移転は立ち止まって見直す」と宣言し、昨夏の都知事選に勝利した小池ゆりこ氏。今回の都議選直前には「豊洲移転の5年後に市場機能を築地に戻す」などという仰天プランを打ち出した。提携関係にある公明党への配慮だった。

 築地市場関係者を裏切った小池知事が、選挙最終日にそれでも築地に来たかったのには事情があった。
 
 中央区で都民ファーストから立った女性候補は、マイクを持つと政策のないことが露呈する。このため候補者本人が演説をすることはあまりない。

 小池知事の応援を受けることなく波除神社前に立った女性候補の演説は寒々としたものだった。

 「小池知事と共に都政改革を」「子育て支援の充実を」…鋳型にはめたフレーズが、たどたどしく続いた。

 肝心の築地移転問題については「築地ブランドを守る」「当選したら集会を開いて話し合って…」などと述べるだけで、内容には踏み込まなかった。踏み込めなかったのだ。

 演説後、記者団に「どうやって築地ブランドを守るのか。具体的なプランを聞かせて下さい」と問われると、女性候補は「資料が膨大にあるので・・・」とかわした。目も言葉も虚ろだ。

 これほど空疎な候補者も珍しい。陣営がマイクを握らせない事情が見えた。

地元の支持もあつい森山たかし候補。建築エコノミストの都市再生政策は具体的で深みがある。=1日午前、築地 撮影:筆者=

地元の支持もあつい森山たかし候補。建築エコノミストの都市再生政策は具体的で深みがある。=1日午前、築地 撮影:筆者=

    ~終わり~ 

   ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。国家を私物化した安倍首相の権力犯罪を追及させて下さい… http://tanakaryusaku.jp/donation

    ◇
【写真集】「ソウル・韓国市民はこうして大統領を引きずり降ろした」「沖縄・高江の原生林破壊」「パレスチナ自治区ガザの虐殺」…https://note.mu/tanakaryusaku  から入って下さい。
 
   ◇
郵便局まで行くのが難しい方々。海外在住の皆様。『田中龍作ジャーナル』はクレジットカードによるご支援も可能になりました…https://note.mu/tanakaryusaku を御利用下さい。 
         ↓
タイトル【●●写真集】をクリック → 下にスクロール → [クリエーターをサポート]をクリック
   
   ◇
【求人】取材助手の一人が英国に留学したため、欠員が出ました。『田中龍作ジャーナル』では記者志望の学生を募集します。現場でメモやインタビューを録ってもらいます。

時給1500円(当日払い)交通費支給。就職実績:全国紙、大手通信社、出版社。詳しくは→ tanakaryusaku@gmail.com

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

選挙