立法府の長に聞かせる 「でんでん太鼓」

国会議事録には「云々」と漢字で記されているだけで、首相が「でんでん」と読んだことは、残っていない。市民が声をあげることは、安倍首相の愚かさを歴史に記すうえでも意味がある。=12日、国会正門前 撮影:筆者=

国会議事録には「云々」と漢字で記されているだけで、首相が「でんでん」と読んだことは、残っていない。市民が声をあげることは、安倍首相の愚かさを歴史に記すうえでも意味がある。=12日、国会正門前 撮影:筆者=

 一国の首相が漢字を読めない。本来ならばジャーナリズムが追及しなければならない深刻な事態であるのに、彼らは「安倍礼賛」に明け暮れる。

 「王様は裸だ」。おかしいことを おかしい と言ったのは、勇気ある普通の市民だった。

 1月24日、参院本会議で安倍首相が蓮舫・民進党代表の質問に「訂正云々(うんぬん)」と言うべきところを「訂正でんでん」とやってしまった。

 「私は立法府の長なんです」(衆院予算委員会=2016年5月16日)。安倍首相の知的レベルが中学生以下であることは、永田町の常識だ。

 「でんでん」は出るべくして出たのである。にもかかわらずマスコミは及び腰だ。安倍批判のポーズをとる朝日新聞でさえ「ネット上で書き込みが相次いだ」(デジタル朝日25日夜)とお茶を濁した。

 事が起きた1月24日(火)の次の日曜日(29日)から早速、声をあげた人たちがいる。それも「でんでん太鼓」を手に。

でんでん太鼓は100円ショップでも手に入るが、最近は品薄となっているようだ。これこそアベノミクス効果だろうか。=12日、国会正門前 撮影:筆者=

でんでん太鼓は100円ショップでも手に入るが、最近は品薄となっているようだ。これこそアベノミクス効果だろうか。=12日、国会正門前 撮影:筆者=

 普通のオジサン、オバサンで作る「でんでん祭り同好会」は、毎週日曜日の昼前、国会議事堂正門前に集まり、ごく常識的な政権批判をする。

 主催者の一人は「安倍でんでん閣下に知性と教養を身につけてもらい、襟をただして頂きます」と話す。

 「3人でも5人でもいいから集まって全国各地で でんでん祭り が開ければいい」とも語った。

 言論の自由が奪われつつあるなか、ユーモアを交えた政権批判は人々に浸透しやすい。 

 「コーン、カラン」。でんでん太鼓の どこか間の抜けた乾いた音が、国権の最高機関に向かって響いた。

  ~終わり~
   ◇
「ここは立ち入り禁止区域。法令違反。速やかに退去せよ」。海上保安庁が警告するなか、田中は政府による大罪の現場を撮影し続けた。 『【辺野古写真集】サンゴ礁の海に巨大コンクリート塊が投下された日』
https://note.mu/tanakaryusaku

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治