リオ五輪が証明する「既得権益者の祭典」「貧困層と庶民の災害」

JSC(日本スポーツ振興センター)は、ガードマンを大量投入して公園から野宿者を排除した。=1月27日、明治公園 撮影:筆者=

JSC(日本スポーツ振興センター)は、ガードマンを大量投入して公園から野宿者を排除した。=1月27日、明治公園 撮影:筆者=

 オリンピックとは庶民と貧困層が犠牲者となる災害である ―

 今夏、リオ五輪を視察してきた、いちむらみさこ氏(プラネリーNOオリンピックス・ネット)が、現地の状況を語った。

 日本のマスコミが囃し立てるようなオリンピックの幻想など一気に吹き飛ぶ悲惨な現実があった。

 まず、オリンピック関連施設の建設に伴う住民の強制排除である。

 ブラジルの人権団体によると2万2059世帯、7万7206人が住み慣れた土地を追われた。

 強制排除に遭ったのは、ファベーラと呼ばれる貧困層が住むエリアである。家屋は破壊されて更地となり、オリンピックパークが出来た。

 かろうじて残ったファベーラはオリンピックの看板で囲われた。中心には軍警の施設が建てられた。小銃を構えた治安部隊が周辺にニラミを利かす。麻薬取引の監視が名目だ。

国立競技場が取り壊される前、10張りの青テントが建物に寄り添うようにしてあった。筆者が訪れた際、建設業者が測量していた。=2013年9月、撮影:筆者=

国立競技場が取り壊される前、10張りの青テントが建物に寄り添うようにしてあった。筆者が訪れた際、建設業者が測量していた。=2013年9月、撮影:筆者=

 「家を失いました」「畑を失いました」「流れ弾にあたって死にました」「登校中、軍警に撃たれます」・・・ファベーラ住民の嘆きだ。

 オリンピックの犠牲になったのは貧困層ばかりではない。政府が公共サービスに回すべきカネをオリンピック関連予算に回してしまったため、多くの公務員の給料が滞ってしまったのだ。学校の先生、消防士、警察官、税関職員などは給料欠配の憂き目に遭った。

 いちむら氏がリオを訪れた時、市内33の公立学校で学生たちがキャンパスをオキュパイしていたそうだ。

 東京の明治公園でも新国立競技場建設のために野宿者たちが住み家を追われた。2兆円にまで膨らんだ東京五輪(2020年)の経費は税負担となる。貧困層と庶民が泣きを見るのはリオも東京も同じである。

 いちむら氏によるとブラジルでは「聖火(リレー)を止める運動」というのがあったという。聖火に水をかけたり、トーチを奪ったりするそうだ。聖火をスタートさせないように立ちはだかる学生もいた。

 ブラジルでは中道左派政権のもとオリンピックに反対する労働組合がストを打った。日本の場合、まずあり得ない。

 日本ではマスコミも五輪組織委員会(※)に組み入れられている。「スポーツと平和の祭典」として謳いあげるだろう。潤うのはほんの一握りの既得権益者だけである。

   ~終わり~

  ※
オリンピック組織委員会の下部組織、メディア委員会にはフジの日枝会長を始めテレビ、ラジオ、新聞、雑誌など各メディアの代表が名を連ねる。

オフィシャルパートナーとして、朝日・毎日・読売・日経の各新聞社がオリ・パラのスポンサーとなっている。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

オリンピック