渋谷区仮庁舎前で野宿者が越年 締出しにリベンジ

雑炊の他に差し入れの弁当や おにぎり も振る舞われた。=31日、渋谷区役所仮庁舎前 撮影:筆者=

雑炊の他に差し入れの弁当や おにぎり も振る舞われた。=31日、渋谷区役所仮庁舎前 撮影:筆者=

 宮下公園を締め出された野宿者(ホームレス)たちが、リベンジの思いを込め渋谷区役所仮庁舎の前で年を越す。

 仮庁舎前には大型テントが建ち、炊き出し用の鍋が湯気を立てていた。

 大晦日の昼食は定番の雑炊となった。110食が瞬く間になくなった。

 「本来は行政がやるべきことなのだということを見せたい」。ベテラン支援者(女性)は区役所前で越年することの意義を語る。

 全国の自治体に先駆けてLGBTに「パートナーシップ証明書」を出した渋谷区は、「マイノリティーに開かれた街」を喧伝する。

 これを表向きの顔とするならば、本当の顔は宮下公園からの野宿者締め出しに象徴される「弱者切り捨て」だ。

 宮下公園からの野宿者締め出しは、まもなく区民締め出しになりそうだ。

本庁舎解体に伴い美竹公園内に設けられた渋谷区役所仮庁舎。カンパの野菜や米などが積まれていた。=31日、撮影:筆者=

本庁舎解体に伴い美竹公園内に設けられた渋谷区役所仮庁舎。カンパの野菜や米などが積まれていた。=31日、撮影:筆者=

 宮下公園の敷地を商業施設の入った複合ビルにする計画が区議会で可決された。設計予想図を見る限り、公園はビルの最上階に追いやられる。

 歩道を歩いていた人が、これまでのように簡単に公園で憩うなんてことは不可能になるのだ。野宿者の男性は「入れなくなる。あれは公園じゃない」と憤る。

 前出の支援者は「閉めやすくなる。お金を持っていないと入れなくなる。公共の場所として異常だ」と指摘した。
 
 住民のものであるはずの公共財を民間企業に独占させて利益を上げさせる。カネ儲けがすべてに優先するのだ。

 渋谷区は「アベ竹中政治」の真髄を実践しているに過ぎない。

 強欲資本主義と一体化した行政によって締め出されるのは野宿者ばかりではない。「99%」に対する締め出しはすでに始まっているのだ。

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ホームレス