【パリ発】凱旋門前に翻る ‘NO WAR NO WARMING’

中南米系、欧米系、アジア人、アメリカ・インディアン…あらゆる人種が参加していた。環境問題と戦争の脅威が世界に拡がっていることの表れだ。=12日、パリ大軍団通り 写真:筆者=

中南米系、欧米系、アジア人、アメリカ・インディアン…あらゆる人種が参加していた。環境問題と戦争の脅威が世界に拡がっていることの表れだ。=12日、パリ大軍団通り 写真:筆者=

 「地球温暖化防止」と「反戦」が結びついた。と言っても市民レベルだが。

 パリで開かれていたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)最終日の21日、各国の環境団体、市民団体、平和団体などが凱旋門前に集った。(主催:ATTACK FRANCE、地球の友など)

 世界195の国と地域(BBC調べ)の政府首脳が出席して2週間も議論を重ねた仰々しい会議だったが、集会主催者の一人がいみじくも指摘した―
 
 「地球的規模の危機が迫っているのに(COP21は)何ひとつ前進的な決定がなかった。今回の決定では20年先も生きてゆけない」。

 時局を象徴するような横断幕に目をひかれた。『石油のために空爆している、私たちの命は石油よりも重い』と書かれている。

 「99%STAND FOR CLIMATE」という名のグループが掲げた横断幕だ。同グループは欧州各国の若者たちが今夏、立ち上げた。

機動隊員にバラの花をプレゼントしようとする参加者。抗議の意志表示だ。自主規制が当たり前の日本では見かけない光景である。 =12日、凱旋門そば 写真:筆者=

機動隊員にバラの花をプレゼントしようとする参加者。抗議の意志表示だ。自主規制が当たり前の日本では見かけない光景である。 =12日、凱旋門そば 写真:筆者=

 「COP21は資本主義を推進しようという人たちの集まり。(地球温暖化が)解決されるはずがない」。メンバーの一人(女性20代)は語る。問題を適確に見抜いていた。拝金主義がまかり通る限り、地球温暖化も戦争も止むはずがないのだ。

 彼女はフランスによる空爆についても否定的だった。「叩かれたら叩き返す、では中東の問題は解決しない」と。
 
 戦争は最大の環境破壊と云われる。地球温暖化防止と反戦は当然のように結びついた。COP21のホスト国が、ISへの空爆を続けるフランスだったというのが、問題を象徴している。

 凱旋門周辺の警備は厳重を極めた。フランス国家警察の治安部隊が車両を並べて、参加者たちをシャンゼリゼ通りに入らせないようにした。地下鉄の出入口もシャッターを下ろさせた。

 デモ隊が花のシャンゼリゼをパレードできるようになった時、「環境問題と戦争」は少しは解決に向かうのだろうか。

  ~終わり~
  
  ◇
13日投開票のフランス版統一地方選挙では、テロの ”追い風” を受けて右翼政党が首位を狙う勢いを見せています。田中は選挙を見届けて帰国する予定です。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

フランス