【香港発】 デモ参加者「天安門事件の再現が心配」

デモ参加者たちは政府庁舎に向かって「梁振英 行政長官は辞任せよ」「まっとうな普通選挙制度を」などとシュプレヒコールをあげた。=30日夜、金鐘(アドミラルティ) 写真:筆者=

デモ参加者たちは政府庁舎に向かって「梁振英 行政長官は辞任せよ」「まっとうな普通選挙制度を」などとシュプレヒコールをあげた。=30日夜、金鐘(アドミラルティ) 写真:筆者=

 中国全人代が押し付けてきた選挙制度の改変に反対する香港の民主派が、ビジネス街や官庁街を占拠するデモは、30日で5日目に入った。

 夜の帳が降りると、仕事を終え夕食を済ませた人々が続々とデモに加わる。民主派が占拠する大通りは、見渡す限り人となる。占拠は3カ所で行われているが、全会場を合わせると参加者の数はゆうに10万人を超えるだろう。

 最大会場は金鐘(アドミラルティ)と呼ばれる地区だ。金融機関や政府関係の庁舎が集中する。その中心にあるのが中国人民解放軍・駐香港部隊の基地だ。

 超高層ビルの基地は「香港監視センター」と呼ばれ、天安門事件(1989年)の時にはまだ生まれていなかった学生たちにも恐れられている。基地は占拠会場を見下ろすようにして立つ。大型の監視カメラは会場を向いたままだ。

 50代の男性(ビジネスマン)は「若者たちを守るために来た。天安門事件の再現が心配になるからね。誰しも銃弾は怖いよ」と話す。

ライトアップされた中国人民解放軍・駐香港基地。夜になってもデモ参加者たちを見下ろしながら監視しているのだろうか。=30日夜、金鐘(アドミラルティ) 写真:筆者=

ライトアップされた中国人民解放軍・駐香港基地。夜になってもデモ参加者たちを見下ろしながら監視しているのだろうか。=30日夜、金鐘(アドミラルティ) 写真:筆者=

 28日、デモ隊に向けて催涙弾87発を放った警察は、翌29日から表に出て来ない。

 制服を着たまま参加した女子高校生3人がいた。そのうちの一人は「警察がデモ隊に向けてまた催涙弾を放つのではないかと心配している」と顔を曇らせた。

 人民解放軍・駐香港部隊の基地横には、警察車両が整然と並んでいた。香港行政のトップである梁振英・行政長官は「違法状態は許されない」として占拠を認めない構えだ。

 警察が全力を投入してデモ隊を鎮圧するのか。鎮圧できなければ中国人民解放軍の出番となるのか。

 地元ジャーナリストは「嵐の前の静けさ」と警戒する。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

中国