東電本店前 椎茸農家がハンスト 、 「原発事故の風化」に抗議

人見仁さん。身を切るようなビル風にも「栃木の寒さはこんなもんじゃない」。

人見仁さん。身を切るようなビル風にも「栃木の寒さはこんなもんじゃない」。
後ろは東電を守る警察の輸送車。=26日夕、東電前 写真:田中撮影=

 「原発事故の風化」に抗議して栃木県の椎茸農家の男性が今夕から東電前で無期限のハンストに入った。

 ハンガーストライキを始めたのは、栃木県那須塩原市で原木椎茸を栽培する人見仁さん(43歳)。

 那須塩原の椎茸は東電福島第一原発の爆発事故により放射能汚染されたため、去年2月から出荷停止となっている。人見さんは毎年原木3,000本に椎茸を着床させて栽培していた。

 だが栃木県の原木が汚染されたため、人見さんは椎茸栽培自体が出来なくなった。

 「東電と補償交渉すると“農協を通して下さい”“自治体を通して下さい”といった趣旨の回答が返ってくるだけ」。人見さんは無念そうに語る。

 だが人見さんが本当に怒っているのは東電に対してではない。行政に対してでもない。人見さんが憂い怒っているのは、原発事故の風化だ。

 「原発事故への関心はかつての盛り上がりを欠く。ふるさとに帰れない人が
たくさんいる。自らの命を絶った人も」。このところのマスコミ報道を見る限り、人見さんの言う通りだ。筆者も後ろめたさを禁じ得なかった。

 「僕の(苛酷な)ハンストを通じて、多くの人々が福島の人たちの苦しみに心を寄せてくれれば…」。人見さんはハンストを決行した理由を明かした。

 人見さんは水分も塩分も摂らないつもりだ。深夜は新橋のビルで体を横たえることもある、という。妻と2人の子供(中学3年、小学5年)と母親(80歳)には「東電前で座り込みをしてくる」とだけ告げて出てきた。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , , .