再稼働反対集会 「金曜日は官邸前へ」定着

参加者の列は官邸前から霞が関前の交差点まで伸びた。=27日、午後7時30分頃、官邸前。写真:諏訪撮影=

参加者の列は官邸前から霞が関前の交差点まで伸びた。=27日、午後7時30分頃、官邸前。写真:諏訪撮影=

 「金曜夕方は官邸前で再稼働反対」が市民の一週間のサイクルに定着しつつある。官邸前の集会を恒例行事にまで押し上げた主催者(首都圏反原発連合)が、「国会包囲」(29日)の準備のため、27日は別団体の主催(再稼働反対!全国アクション)となった。

 首都圏反原発連合の関係者が、Twitterなどネット上で「金曜恒例の再稼働反対集会」は今週に限り日曜日(29日)になったことを周知したが、午後4時頃から市民が続々と詰め駆けた。前日、政府が国会に提示した「原子力規制委員会」の人事に対する怒りを吐き出したいのだ。

 参加者で埋まる歩道と車道の間は、これまでのように鉄柵で分けられた。鉄柵のない箇所は機動隊の輸送車が寸分の隙もなく並んだ。警察が、最寄りの「国会議事堂駅」に出口規制をかけたが、切れ目なく人々が押し寄せる。

 最後尾は霞が関手前の交差点まで続いた。「再稼働反対、再稼働反対…」。財務省に向かい前傾姿勢で叫ぶ女性がいた。目にはうっすらと涙を浮かべている。栃木から来た主婦(50代)だ。霞が関の官庁街を向いてアピールしているのは、「野田首相に言っても始まらないので、官僚に抗議する」と説明した。

 「こんな日本になるとはエリートは思っていなかったはず。学生時代の仲間もあそこ(霞が関)に入ると、国民の声を聞く耳を持たなくなる。原発はゼロにすべき。核のゴミを残して私たちだけ死んで行くわけにはいかない」。彼女は今にも泣き出しそうな顔で話した。

終了間際になっても熱のこもったアピールが続いた。=写真:諏訪撮影=

終了間際になっても熱のこもったアピールが続いた。=写真:諏訪撮影=

 インターネットに馴染みがなく、新聞やテレビで官邸前の集会を知った年配の参加者もいる。神奈川県相模原市から足を運んだ女性(60代)だ。

 「毎週金曜夜というのが凄くいい。集会・デモの類は初めて。危なくないと聞いたので参加した。原発にはずっと反対していた。人数が増えれば増えるほど力になるだろう」。

 再稼働反対を願う人々の思いが結集する金曜集会。どんな政権が登場しても、日本中の原発がすべて止まるまで、果てることはないだろう。

 ≪文・田中龍作 / 諏訪京≫

  ◇
読者の皆様。今月は原発再稼働で大飯へ、オスプレイ搬入で岩国へ現地取材に足を運ぶなどしたため、出費がかさみました。『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , .