原発ゼロへカウントダウン 大規模市民デモ発祥の地・高円寺で

ゼロになった瞬間、喜びが弾けた。横断幕は脱原発デモコースの沿道に飾られる。=5日午後11時、JR高円寺北口。写真:筆者撮影=

ゼロになった瞬間、喜びが弾けた。横断幕は脱原発デモコースの沿道に飾られる。=5日午後11時、JR高円寺北口。写真:筆者撮影=


 日本中の原発がすべて止まる瞬間を祝うカウントダウンが5日深夜、東京高円寺で行われた。

 高円寺は昨年4月、参加者1万人をゆうに超える脱原発市民デモが誕生した地だ。「杉並デモ」の名で定着した感がある。カウントダウンを企画したのは、デモの運営に当たっている青年たちだ。

 JR高円寺駅北口の広場が会場となった。残る1基となった北電泊原発が発電を止める午後11時直前から、「10、9、8……」と数え始めた。ゼロになった瞬間、参加者たちは手を突き上げ、クラッカーを鳴らし快哉を叫んだ。

 「枝野(経産相)さんが“一瞬止まる”と言ったことが示すように、やがて再稼働するでしょう。こちらも一瞬“ワー”と声をあげるためにカウントダウンをした。福島の実情を考えれば再稼働はありえない。どれだけ恥ずかしいことをしているのか分からせるための企画だ」。漫画家の男性はカウントダウンの意義を語った。

 米国人の男性(英会話講師・30代)は「原発がゼロになったことは嬉しい」と素直に喜んだ。「地震が多くて狭い日本に50基もの原発がひしめいているのは安全ではない。電気は足りてるじゃないか」。彼は首を傾げた。

 カウントダウンが前夜祭なら、6日はメインイベントの「杉並デモ」だ。組織にとらわれない市民5千人あまりが参加するものと見られている。デモ隊は国際社会が不信感を抱く「再稼働安全神話」のデタラメさをアピールし、「原発ゼロよ永遠に」と訴える。

 《文・諏訪 京/田中龍作》

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により、持ちこたえています。

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , .