【キエフ発】爆撃現場は映画のセットのようだった

瓦礫の山の中に柱だけになった高層アパートがあった。=23日、キエフ市 撮影:田中龍作=

 開戦から28日目、3月23日。

 これは映画のセットなのか。あまりの破壊の凄まじさに、現実の世界にいることが信じられなくなった。

 ロシア軍の爆撃に遭い高層アパートとスポーツセンターが全壊、スーパーマーケットが半壊した現場に入った。

 まず破壊が広範囲であることに驚く。サッカー場の面積くらいが巨大な瓦礫で覆われていた。 

 地面は瓦礫で埋め尽くされており、歩くのにも不自由する。

 柱だけが残された高層アパートとペシャンコになったスポーツセンターを間近で見た。息を呑んだ。

 たった1発で、これほどまでに破壊するとは。自分と同じ人間が製造し、人間が人間に対して使用したものなのか。

 戦争は狂気なんぞではない。人間を人間でなくさせる国家の愚挙なのである。

兵士たちがスーパーで食品を買う光景をよく見かける。ロシアはそれでスーパーを軍の施設と見なしたのだろうか。=21日、キエフ市 撮影:田中龍作=

 現場近くの住民から重大な証言が得られた―

 当日午後10時30分頃、ドローンが2機、現場上空を旋回していた。1機は高い所を、もう1機は低空を。

 続いて、何者かが来て発光弾を打ち上げた。間もなく爆撃があった。

 一部始終を見ていたチェルネンコさん(仮名)は、すぐに領土防衛隊(TDF)に連絡したが、軍、TDF、警察を挙げても発光弾を打ち上げた男の身柄は確保できなかった。ロシアのスパイと考えるのが妥当だろう。

 キエフ市内の検問はいつにも増して厳しい。街中で男性が治安警察から後ろ手錠を掛けられる光景を見た。

 3週間余り前、田中は大統領府前で後ろ手錠を経験しているだけに、他人事には思えなかった。

スポーツセンターを一瞬にしてペシャンコにさせるロシア軍の兵器は何だったのか。=23日、キエフ市 撮影:田中龍作=

 地元のメディア関係者によると、爆破されたスーパーには領土防衛隊のオフィス(自衛隊の連絡事務所に毛の生えたような物)があったとの情報がある。

 当然兵士が出入りする。ロシア軍が爆撃の口実とした軍事施設 というにはほど遠い代物なようだ。
 
 それでもウクライナ軍はピリピリしていた。田中が上記の破壊現場を撮影していると、同行の通訳に電話が掛かってきた。「すぐそこを出ろ。写真は消去しろ」と。

 幸い愛機はメモリーカードが2枚入るようになっている。

 過去に消去を強制されたり、メモリーカードを没収されたりする憂き目に遭ってきた。

 田中はとっさに1枚を肛門に入れた。ポケットや体の他の部位だとボディーチェックで発見され、没収される。

 写真はホテルまで無事持ち帰ることができ、いま田中龍作ジャーナルの誌面を飾っている。

   ~終わり~

 ◇
皆様のお力で、田中龍作は日本の新聞テレビが報道しない、ウクライナの実情を、伝えることができています。

カードをこすりまくっての現地取材です。 ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ウクライナ