【ウクライナ発】1万3千人の遺影が語る「ロシアとの長い戦い」

「私の友人だ」。戦死した友人の遺影を指し示すボーダンさん。=26日、キエフ市内 撮影:田中龍作=

 1万3千人の遺影にウクライナの悲劇が凝縮されていた。

 1万3千という数字は、ウクライナ東部のドンバス戦争で戦死した正規軍兵士、義勇軍兵士と犠牲になった民間人の数だ。

 キエフ市の中心部に聳え立つハイリヴスカ教会の外壁には遺影が40メートルにわたって続く。

 ロシアの傀儡だったヤヌコビッチ大統領をクーデターで倒そうとしたマイダンの戦い(2014年)の際、治安部隊に追われた学生たちが逃げ込んだのが、このハイリヴスカ教会だった。


RU(ロシア)とUA(ウクライナ)のWAR(戦争)。砲弾を再利用したオブジェが遺影の前に幾つも置かれていた。=26日、キエフ市内 撮影:田中龍作=

 ロシアの操り人形を追い出したまではよかったが、ウクライナは戦争にはまり込んで行く。 

 ヤヌコビッチ大統領は徴兵制を2013年に廃止した。そのヤヌコビッチは米国が資金援助したマイダンの戦いで追放された。

 だが後に選挙で選ばれた親米のポロシェンコ大統領は徴兵制を復活させた。クリミアをロシアに併合され、東部ドンバス地方にも攻め込まれたからだ。

「クリミア半島はウクライナのものだ」。ロシア大使館前の大看板がウクライナの意地と誇りを物語っていた。=24日、キエフ市 撮影:田中龍作=

 ボーダン(30歳)さんは義勇兵としてドネツク市攻防戦で戦った。友人3人が戦死した。一人ひとりを指さしながら3枚の遺影に見入った。

 「もしロシア軍が侵攻してきたらどうするか?」。田中は聞いた。

 「ここに残る。銃を持ってロシア軍と戦う」。ボーダンさんは友人の遺影を見据えながら唸るように答えた。

 マイダンの戦いで反露闘士たちが逃げ込んだ教会の壁に、ロシアとの戦闘で命を落とした戦士や民間人の遺影が飾られる。

 「マイダンはまだ続いている。これはロシアとの長い戦争なんだ」。通りがかりの市民(男性・40代)は語った。

     ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ウクライナ