【パリ発】超高級ホテルの労働争議 メイドの月収は一泊料金の1/10

労働総同盟CGTのホテル部門専従は「ハイアットの闘いが他のホテルの闘いにも影響を与える」と檄を飛ばした。=20日、パリ・ハイアットホテル玄関前 撮影:田中龍作=

労働総同盟CGTのホテル部門専従は「ハイアットの闘いが他のホテルの闘いにも影響を与える」と檄を飛ばした。=20日、パリ・ハイアットホテル玄関前 撮影:田中龍作=

 一握りの金持ちのために人々は奴隷となって働く。新自由主義に毒されたフランスを象徴するような労働争議が今、パリで起きている。

 超高級ホテルの代名詞ともいえるハイアットホテル。とりわけパリの「パーク・ハイアット・パリ・ヴァンドーム」という舌を噛みそうな名のハイアットホテルは、オペラ座のすぐ近くで、周辺には世界を代表するブランドショップや宝石店がひしめく。

 ホテルの宿泊料金を見て、田中は腰を抜かした。最高級のインペリアルスイートは一泊141万円、安い部屋(ツイン)でも10万円を超える。

 一方でホテルのルームメイドなど下請け労働者の収入は最低賃金(1,100ユーロ=14万円余)スレスレだ。

 ここで15年間、ルームメイドとして働く女性に話を聞いた。彼女は「手取り1,300ユーロ、家賃を払い、学校に行く子供3人を養うと生活してゆけない」と肩をすぼめた。

名門ホテルの玄関は閉じられ横断幕が垂れる。さながら集会場だ。=20日、パリ・ハイアットホテル玄関前 撮影:田中龍作=

名門ホテルの玄関は閉じられ横断幕が垂れる。さながら集会場だ。=20日、パリ・ハイアットホテル玄関前 撮影:田中龍作=

 パリ・ハイアットホテルで働く下請け労働者たちが中心になって起こした労働争議は9月25日から始まり、今なお続く。日曜をのぞく毎日午前10時から午後3時まで、ホテルの玄関前で集会を開くのである。要求は「賃金を上げろ」「直接雇用せよ」だ。

 労働総同盟の支援を得た抗議活動はエネルギッシュだ。打楽器とシュプレヒコールが界隈に鳴り響く。この時間帯になると、名門ホテルといえども玄関を閉じざるを得ない。

 パリきっての金ピカ通りに「ハイアットは賃金上げろ」の叫びが、ドラムのリズムに乗って、毎日5時間も響き渡るのだ。名門ホテルの労働争議は人々に知られるまでになり、メディアも取り上げるようになった。

 根負けした格好のハイアットは、あす21日、労使交渉に応じる。パリ郊外のホリディ・インでも同様の労働争議が起きていたが、下請け労働者はつい先日、直接雇用を勝ち取った。

 

ブランド品で一杯の袋を下げた毛皮の女性(後ろ姿)はホテルの客だ。玄関は使えないため通用門から入って行った。=20日、パリ・ハイアットホテル前 撮影:田中龍作=

ブランド品で一杯の袋を下げた毛皮の女性(後ろ姿)はホテルの客だ。玄関は使えないため通用門から入って行った。=20日、パリ・ハイアットホテル前 撮影:田中龍作=

 

    ~終わり~

    ◇
フランスは日本と同じ社会事情になっています。金持ち優遇のマクロン政権と安倍政権が同じ政治手法を取っているからです。

「アベシンゾーに野垂れ死にさせられる前に、マスコミが報道しない本当のことを伝えたい」。田中はクレジットカードをこすりまくってパリまで来ました。大借金です。ご支援何とぞ宜しくお願い致します… http://tanakaryusaku.jp/donation

   ◇
海外在住の皆様。郵便局まで行くのが難しい方々。『田中龍作ジャーナル』はクレジットカードによるご支援も可能です …https://note.mu/tanakaryusaku を御利用下さい。 
         ↓
タイトル【●●写真集】をクリック → 下にスクロール → [クリエーターをサポート]をクリック

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

フランス