【辺野古発】県知事選への目くらまし 埋立て土砂投入延期

台風の影響で波浪注意報が出るなか沖に出て抗議のプラカードを掲げる市民。写真奥は建設が進む米軍新基地。=17日午前、辺野古沖 撮影:筆者=

台風の影響で波浪注意報が出るなか沖に出て抗議のプラカードを掲げる市民。写真奥は建設が進む米軍新基地。=17日午前、辺野古沖 撮影:筆者=

 翁長知事が命と引き換えにストップをかけた。政府はきょう17日に予定していた辺野古埋立ての土砂投入を延期した。正午現在、土砂を積載した台船が大浦湾に入った、との情報はない。(辺野古と同じ名護市の本部港沖に停泊していた台船が一隻動いたとの不気味な情報もあるが)

 「このまま新基地建設を断念して」・・・辺野古埋立てに反対する市民が海上で抗議行動を展開した。海上保安部の退去命令が響き渡るなか、カヌー49艘と抗議船5隻は、建設が進む護岸に限りなく近づこうとした。

 サンゴとジュゴンの海を囲い込むコンクリートの護岸は南北に1㎞余りも延びる。巨大だ。それでも全体のまだ3分の1ぐらいという。

コンクリートの巨大構造物が海の上にイビツな姿を晒していた。姿は日に日に大きくなってゆく。手前は海の警備会社。=17日午前、辺野古沖 撮影:筆者=

コンクリートの巨大構造物が海の上にイビツな姿を晒していた。姿は日に日に大きくなってゆく。手前は海の警備会社。=17日午前、辺野古沖 撮影:筆者=

 現場海域は白いサンゴの海底が果てしなく広がる。実際は倍以上あるのに水深3mくらいにしか見えないのは海水の透明度が高いからだ。

 産卵場所を失ったウミガメが さまよって いた。抗議船の船長は「(渡り鳥の)アジサシが減った」とボヤく。自然へのテロである。とんでもないシッペ返しを食らうだろう。

 土砂投入は沖縄県知事選の投開票日である9月30日以降と見られている。

在日米海兵隊の水陸両用戦車が訓練のため浜に出ていた。=17日、辺野古の浜 撮影:筆者=

在日米海兵隊の水陸両用戦車が訓練のため浜に出ていた。=17日、辺野古の浜 撮影:筆者=

   ~終わり~

    ◇
現場から真実を伝えるのが、田中龍作ジャーナルの使命です。沖縄取材は多大な交通費を要します。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます
http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

沖縄