森友質問封じ ここまで来た「国会崩壊」

おなじみになった野党共同街宣だが、安倍一強を脅かすまでには至っていない。=13日夕、新宿西口 撮影:筆者=

おなじみになった野党共同街宣だが、安倍一強を脅かすまでには至っていない。=13日夕、新宿西口 撮影:筆者=

 マスコミが「浅田真央の引退」一色に染まっていた12日。日本の民主主義は重大で危険な一線を越えた。

 衆院厚労委員会で民進党議員が「森友疑惑」について質問したところ、委員長(自民党)が審議中の「介護保険関連法改正案」を職権で強行採決してしまったのである。(詳しくは衆院インターネットを参照されたい)

 選挙で国民の付託を受けた国会議員の質問権が封殺された。これは国民の言論の自由が封殺されたに等しい。

 国民の危機感に応えるように、4野党(民進・共産・自由・社民)1会派(沖縄の風)が、今夕、新宿で共同街宣をした。

 民進党の小川敏夫議員は同僚議員の質問が封殺されたこともあり、言葉を叩きつけるようにしてスピーチした。

  「(与党の姿勢は)気に入らないから議論を打ち切っちゃおう。気に入らないから逮捕しちゃおう・・・」。逮捕とは共謀罪のことだ。

 自由党の森ゆうこ議員は「戦前と一緒。今が踏ん張り所」と力を込めて訴えた。

 市民はどう受け止めているのだろうか。聴衆に聞いた。

 「議論もせずにヒドイ。(安倍政権は)何でも好き放題。あれ(質問封じて強行採決)が許されるのだから本当に怖い。日本はおかしい」。(50代主婦・都内)

 「(森友質問を封鎖し強行採決は)言語道断。議会の崩壊。劣化なんてものじゃない」。(男性60代・年金生活者=都内)

 「私たちは崖っぷちに立ってますよ」。ある女性(50代・都内)は悲痛な声で聴衆に訴えかけていた。

安倍内閣の退陣を求める声は根強くあるが・・・=13日夕、新宿西口 撮影:筆者=

安倍内閣の退陣を求める声は根強くあるが・・・=13日夕、新宿西口 撮影:筆者=

  ~終わり~
   
   ◇
【アベ友疑獄・写真集】を発表しました。安倍首相にハシゴを外された籠池理事長の逆襲、そして独裁者を追い詰める市民の怒りを、田中龍作のカメラが記録しています。未公開写真多数…
https://note.mu/tanakaryusaku/n/n23bede9644ca
   ◇
郵便局まで行くのが難しい方々。海外在住の皆様。『田中龍作ジャーナル』はクレジットカードによるご支援も可能になりました…https://note.mu/tanakaryusaku を御利用下さい。 
         ↓
タイトル【●●写真集】をクリック → 下にスクロール → [クリエーターをサポート]をクリック

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

政治