【辺野古発】400~500万円で政府に頬叩かれ 漁民「そもそもが海を奪われている」

臨時制限区域(灰色)の外周にはフェンスが張られていて、漁船は入れない。後楽園ドーム34個分の面積(赤色)が滑走路建設のために埋め立てられる。

臨時制限区域(灰色)の外周にはフェンスが張られていて、漁船は入れない。後楽園ドーム34個分の面積(赤色)が滑走路建設のために埋め立てられる。

 「漁協が漁業権を放棄したから県知事の許可は要らない(※1)」・・・悪徳デベロッパーのごとき強引な理屈で、米軍新基地建設を本格着工した日本政府。

 漁民が放棄したのではない。沖縄防衛局が札束で名護漁協の頬を叩き漁業権を放棄させた。漁師(組合員)1人につき年400~500万円の補償であることが漁業関係者の証言で分かった(※2)。

 今回、漁業権を放棄させたのは「臨時制限区域(地図・灰色)」の約562ヘクタールだ。ここは米軍新基地の建設に伴い立入り禁止水域となっている。

 滑走路となる「埋め立て予定区域(地図・赤)」の160ヘクタールについては、漁業補償費として2013年に、沖縄防衛局から漁師(漁協組合員)1人あたり2千万円が支払われた。

 「埋め立て予定区域(赤色)」は永久に、「臨時制限区域内(灰色)」は建設工事が終わるまで漁ができない。そのための補償(2013年と今回)である。

 「漁ができないのは屈辱だ」。腕の良さで定評のある海人(うみんちゅ)は語る。漁民に基地建設を反対されると沖縄防衛局は工事を進めにくくなる。

 そこで防衛局は漁業補償とは「もうひとつ別」の慰撫作戦を考え出した。漁師へのアルバイト発注である。

 漁師は自らの漁船を沖縄防衛局の「警戒船」として海に出すのである。臨時制限区域に入ってくる抗議船やカヌー隊を監視するのが警戒船の役目だ。日当は一隻5万円。ひと月に6回出動する。

サンゴの海を破壊する沖縄防衛局(ODB)の旗をつけた漁船。皮肉で悲劇的な光景だ。=7日、大浦湾 撮影:筆者=

サンゴの海を破壊する沖縄防衛局(ODB)の旗をつけた漁船。皮肉で悲劇的な光景だ。=7日、大浦湾 撮影:筆者=

  朝8時から夕方5時まで境界線に船を浮かべるだけ。警戒活動(見張り)は海上ガードマンが行う。

 「正直言ってキツイよ。何もしないので船酔いする」。海人が船酔いするというのだ。

 それでも漁師には「漁業補償費」プラス「警戒船アルバイト料」が入ることになる。

 「(日米地位協定に基づき設定された)臨時制限区域では漁業にも規制がかかるんだからな」というのが政府の理屈のようだ。
 
 「建設に反対すれば補償金も入らない。警戒船のアルバイトもなくなるんだよ」。ある漁師は漁協幹部からこう説き伏せられたという。

 沖縄防衛局は力づくで漁師を建設推進派の方につけたのである。

 「そもそもが海を奪われている」。海人は悔しさと あきらめ が入り混じった顔で話した。

 ◇
※1
漁業調整規則によれば、漁業権の免許権者は県知事となっている。

※2
漁師の手元にわたるのは3~4月になる見込み。漁協には1月までに支払われた。漁協から組合員にわたる。

~終わり~
 ◇
読者の皆様。「辺野古埋め立て」という安倍政権の大罪を、マスコミにはない視点でお伝えするため沖縄まで足を延ばしました。多大な経費がかかっております。ご支援宜しくお願い致します…http://tanakaryusaku.jp/donation

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

沖縄