【もうひとつの9・11】経産省前・脱原発テント 幻の5周年

反原発風にアレンジした「かんしょ踊り」が披露された。=11日、経産省前 撮影:筆者=

反原発風にアレンジした「かんしょ踊り」が披露された。=11日、経産省前 撮影:筆者=

 8月21日未明、原発再稼働反対のシンボルだった経産省前のテントが強制撤去された。

 福島原発事故が起きた2011年の9月11日に、反原発の市民が建てたテントは、きょうで5周年を迎えるはずだった。

 テント跡地の経産省前で「幻の5周年」集会が開かれた。(主催:経産省前テントひろば)

 久々に大勢の人々で賑わった経産省前で「テントひろば」共同代表の渕上太郎さんがマイクを握った―

 「国家権力、経産省の力で(テントは)潰されてしまったが、へこたれる事はない。テントここに在りだ」

 「テントは東京における脱原発の極めて重要な発信地と言われてきた。テントがあり続ける事が、(原発事故を)なかった事にする国や経産省と反していた」。

5年近く経産省のノド元に刺さっていた脱原発テントは、3時間足らずで跡形もなくなった。=8月21日未明、霞が関 撮影:筆者=

5年近く経産省のノド元に刺さっていた脱原発テントは、3時間足らずで跡形もなくなった。=8月21日未明、霞が関 撮影:筆者=

 「原発いらない福島の女たち」の武藤類子さん(三春町)もテントの撤去を悲しんだ。田中のインタビューに胸中を明かした。

 「心寄せあったテント。とっても寂しい。こうやって潰されていくんだな。福島では絶望的な思いがある。一気に再稼動の流れが来ている」。

 東電・柏崎刈羽原発の再稼働を阻止していた新潟県の泉田裕彦知事は、選挙戦からの撤退を余儀なくされる。

 川内原発の一時停止を求めた鹿児島県の三田園訓知事は、九電に一蹴されるありさまだ。

 原子力ムラは安倍政権と一体となって、力づくで再稼働を推し進めようとしている。

 政治の流れは、まるで福島の原発事故などなかったかのようだ。

 経産省前の脱原発テントもその奔流に のまれた のだった。

    ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

原発災害