【靖国神社】戦争ができる国になって初めての終戦の日

憲法改正されて自衛隊が国防軍になった時、写真の説明は「靖国神社を参拝する高級将校」となるのだろうか。=15日午前 靖国神社神門前 撮影:筆者=

憲法改正されて自衛隊が国防軍になった時、写真の説明は「靖国神社を参拝する高級将校」となるのだろうか。=15日午前 靖国神社神門前 撮影:筆者=

 終戦の日の靖国神社。朝6時の開門から参拝客が引きも切らない。毎年変わらぬ光景だが、71回目の今年は、いつにもまして靖国神社の存在意義が問われている。 

 境内を歩くと靖国名物の蝉しぐれに混じって、 冥土に行った戦没者たちの声が聞こえてくるようだった。「俺たちの死は何だったのか?」と。

 246万英霊の犠牲によって創られた平和憲法は今、危機に瀕している。憲法改正の発議ができる環境が整ったのである。

 「私は立法府の長なんです」・・・中学生以下の教養しか持たない首相は、憲法改正を待たずして日本を戦争ができる国にしてしまった。

 憲法が改正されれば、さらに大っぴらに戦争ができるようになるだろう。

 参拝者に話を聞いた(インタビューは10日採録) ―

 76歳になる男性(都内在住)は父親が軍人だった。

 「父は戦争のことを話すのを嫌がっていた。教育がそう(軍国教育)だったように元に戻るのは良くない。自衛隊を軍隊にするのは反対。改憲すること(必要)はない」。男性は言葉を噛みしめるようにして話した。

 79歳の女性は沖縄から初めて靖国神社を訪れた。阿鼻叫喚の地獄となった沖縄戦で、看護隊だった母を失った。

 「(戦没者は)平和の礎となってほしい。平和に持って行くのが国民の願い」。女性は言葉少なだったが雄弁だった。

 2~3年前までは右傾化、右傾化と騒がれていたが、もう死語になったのだろうか。マスコミはリオ五輪とSMAP解散で持ち切りだ。日テレ最後の良心といわれていた「火垂るの墓」も今年は放映されない。

 野党議員が靖国を参拝しても当たり前のように受け止められる政治環境になってしまった。

安倍政権の大躍進でウヨクたちも活気づいて見える。=15日午前 靖国神社神門 撮影:筆者=

安倍政権の大躍進でウヨクたちも活気づいて見える。=15日午前 靖国神社神門 撮影:筆者=

 ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

平和