【ベイルート発】IS石油相 トルコ大統領息子のタンカーを追って

ベイルート港に係留されたタンカー。写真は本文とは関係ありません。=7日、レバノン 撮影:筆者=

ベイルート港に係留されたタンカー。写真は本文とは関係ありません。=7日、レバノン 撮影:筆者=

 エルドアン・トルコ大統領の息子が経営する海運会社が、イラク北部でISが盗掘した石油をベイルートからタンカーで運び出している。しかも行先は日本・・・

 息を飲むようなニュース(英字)を国籍不明のオルターナティブメディアが報じた。

 トルコ大統領の息子、ビラル・エルドアン氏は「ISの石油相」とも呼ばれ、イラク北部地域から盗掘される石油を海外に売りさばいて来た。

 ビラル氏は自らが複数所有する海運会社をフルに動かしたのである。地中海に面したトルコの港町ジェイハンからの搬出ルートなどを、ロシアが暴露した。

 RUPTLY TVによると、昨年7月にクルド地域の原油がイスラエルに輸出された。クルド地域の原油は、ジェイハンから船積みされてイスラエル最大の港町アシュケロンに着く。

石油関連施設はベイルート港の北端にあった。写真は本文とは関係ありません。=7日、レバノン 撮影:筆者=

石油関連施設はベイルート港の北端にあった。写真は本文とは関係ありません。=7日、レバノン 撮影:筆者=

 タンカーはジェイハンから直にアシュケロンに着いたのではなく、マルタ島付近の海上で別の船へ積み替えているという。

 ビラル・エルドアン氏が所有する海運会社のひとつはマルタに本社を置く。これが「マルタ付近海上で積み替え」の有力な根拠となっている。

 ISが唯一度も攻撃していないイスラエルに、トルコ大統領の息子が石油を融通する。有志連合は見て見ぬフリをする。「テロとの戦争」のイカサマ性と本質を象徴するような構図だ。

 トルコ経由によるイラク北部産原油の輸出をめぐっては、関係国が諜報戦に しのぎ を削っている。慎重に見極めなければならない。

 筆者は広大なベイルート港を回ってみたが、マルタ船籍のタンカーは、きょう(7日)は見当たらなかった。

 トルコ大統領の息子が所有する海運会社のベイルート支社らしきものがないか、シラミ潰しに当たっているが、今のところ確認できていない。

 ~終わり~

 ◇
アラブの民から見た「テロとの戦争」を取材報道するためにベイルートまで来ました。借金です。何卒ご支援よろしくお願い致します。↓

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

レバノン