渋谷区は「だまし討ち」で野宿者の命を断とうとした

炊き出しは冷え切った体を温めてくれる。=31日、宮下公園前 写真:筆者=

炊き出しは冷え切った体を温めてくれる。=31日、宮下公園前 写真:筆者=

 それは だまし討ち から始まった。12月25日に持たれた交渉の際、渋谷区「水と緑・公園課」の吉武成寛課長は野宿者と支援者に対して「年末年始は公園を開ける」と明言した。

 ところが翌26日朝、美竹、神宮通、宮下の3公園を施錠したのである。年末年始でもない時期から、だ。3公園とも野宿者たちがよく使う公園だった。

 狙い撃ちとしか言いようがない。見事な だまし討ち でもあった。

 上に政策あれば下に対策あり。野宿者と支援者は、宮下公園と歩道の間の空きスペースで炊き出し(共同炊事)と野宿をした。

 テントを張ると渋谷区に排除の口実を与えるので、夜露を浴びながら睡眠をとった。

 それでも野宿者たちの表情は和らぐ。ある男性(50代)は「暖かい食事が出るのがいいねえ、皆で一緒だと安心して寝られるし」と話した。

 1週間続けて毎食暖かい物が出るのは「越年越冬」をおいて他にない。集団で寝れば暴漢や不良少年に襲われる心配もない。

夫と共に訪れた主婦は缶詰やコメなどを差し入れた。左側は支援者。=31日、渋谷区 写真:筆者=

夫と共に訪れた主婦は缶詰やコメなどを差し入れた。左側は支援者。=31日、渋谷区 写真:筆者=

 行政からは排除されても、民間からの差し入れが次から次へと届いた―

 青森県の青果商からゴボウ100㎏、ジャガイモ100㎏、山芋20㎏。

 栃木県の農家からネギ、ニンジン、白菜、ほうれんそう、ブロッコリーなどが10~20㎏ずつ。肉とコメはフードバンクから頂戴した。

 調理担当の支援者は「食材はほとんど買っていない」と嬉しそうに話す。これまで(12月29日~1月3日)に、のべ1,200人の野宿者が胃袋を満たした。

 炊き出しは「民間の善意と野宿者の命をつなぐシステム」なのだ。それを断ち切ろうとしたのが渋谷区だった。

 取材に訪れたFCCJ(日本外国特派員協会)のマイケル・ペン副会長(米国人)は、目を吊り上げるようにして言った―「渋谷区のヘンな政策を世界に発信したい」。

田中龍作の取材活動支援基金

今夏の参院選で与党が3分の2を獲れば、この国は暗黒となります。子供や若者の将来を暗くしないために、田中龍作ジャーナルは懸命の報道を続けています。真実を明らかにする取材活動には、どうしてもコストがかかります。何とぞお力をお貸し下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ホームレス