強制排除の野宿者 「行政に人の命を奪う権利はない」

越年最終日の昼ごはんは雑煮だった。野宿者たちは旺盛な食欲で一気に平らげた。=5日、渋谷・神宮通公園 写真:諏訪都=

越年最終日の昼ごはんは雑煮だった。野宿者たちは旺盛な食欲で一気に平らげた。=5日、渋谷・神宮通公園 写真:諏訪都=

 年の瀬に渋谷・宮下公園を強制排除された野宿者と支援者たちは、北隣の神宮通公園で共同炊事と宿泊を続けてきたが、きょうが最終日となった。7日間で約2,000食が出、のべ150人がテントで寝起きした。(主催:渋谷越年越冬闘争実行委員会)

 渋谷区が警察に要請して宮下公園から野宿者と支援者を追い出したのは12月30日未明だった。野宿者たちはすぐにフトン、テント、調理道具などの家財道具を神宮通公園に移したが、果たして大晦日を無事に越せるのだろうか。心もとない状態でのスタートだった。

 筆者は「渋谷区や警察が襲ってきたら私の携帯電話を鳴らしてね。いつでも駆けつけるから」と支援者に伝えていたが、押っ取り刀で出動するような緊急事態は起きなかった。幸いと言えば幸いである。

 元警備員、現役建設作業員、元学習塾経営者……さまざまな人がさまざまな事情で路上に弾き出され、公園で越年する。やむにやまれぬ事情で野宿者となった人たちだ。前稿でも述べたが、いつでも誰もが路上に弾き出される可能性を秘めているのである。

「やはり ここに戻って来た」。支援施設を出たり入ったりしている男性は視線を遠くに置きながら話した。=写真:諏訪都=

「やはり ここに戻って来た」。支援施設を出たり入ったりしている男性は視線を遠くに置きながら話した。=写真:諏訪都=

 「お腹が空いてどうしようもなくなることはない。炊き出しがあったりするので。でも、朝オニギリ一個だけなど、一週間まともに食べられないのは普通」。こう話す元警備員の男性(40代)は、野宿生活が4年半も続く。

 普段でも食べ物を口にするのは一苦労だ。年末年始ともなれば、さらに困難になる。共同炊事しやすい、炊き出しを受けやすい場所に集まるのは自衛上当然と言える。

 炊事道具、テーブル、テントを置くスペースを確保できる広さのある拠点公園が選ばれるのはそのためだ。宮下公園もその一つだった。渋谷区はそこから野宿者たちを追い出したのである。警察まで使って。

 「私たちがやってることは不法占拠ですよ。だからといって行政に人の命を奪う権利はない」と元警備員の男性は話す。淡々とした口調がかえって事態の深刻さを感じさせた。

 「越年は終わったが、野宿を生みだす社会の仕組みは解決されていない」。ある支援者は眉をしかめた。

 野宿者たちは今晩から、高架下、歩道橋下、元々いた公園などに戻る。

 《文・田中龍作 / 諏訪都》

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

ホームレス