山本太郎氏、参院選出馬を表明 「ひとつになってTPP、原発を止めたい」

「もう時間がない」、各党の出席議員に懸命に訴える山本太郎氏。=27日夕、参院会館 写真:田中龍作=

「もう時間がない」、各党の出席議員に懸命に訴える山本太郎氏。=27日夕、参院会館 写真:田中龍作=

 俳優の山本太郎氏(38歳)が今夕、国会内で緊急集会を開き、7月の参院選挙に出馬することを表明した。どの選挙区(比例も含めて)から出るのか、どの政党(無所属も含めて)から出るのかは未定だ。

 参院会館で開かれた集会には、山本氏を支援する社民党の福島みずほ党首、生活の党の森ゆうこ代表代行、日本未来の党の阿部知子議員をはじめ、日本共産党の笠井亮議員らが出席した。

 山本氏は「ひとつになって大きな受け皿になりたい。このままじゃ自公に持っていかれる」と危機感を示した。

 「統一名簿にするとウチの政党が消えるんじゃないか?と心配する人がいるかもしれない。じゃあボクはその政党から出てもいい。やりたいことは一つ。TPPを止めたい。原発を止めたい。被曝を止めたい。だったらこのラストチャンスに乗っかるしかない」。山本氏は出席した各党の重鎮に訴えた。

 しかし各党ともお家の事情がある。歴史の長い党もある。統一名簿はなかなか容易ではない。生活の党の森代表代行は「東京選挙区から出てほしい」と要望した。

 各党それぞれに思惑があり、候補者調整は容易ではない。昨年末の総選挙は、候補者調整がつかないまま選挙に突入し敗北を喫した。二の舞を演じれば、「脱原発」「反TPP」のシンボルを失うことになりかねない。

 社民党、生活の党、共産党の本気度が選挙結果を左右すると言っても過言ではない。山本氏は各党の出席議員に「党に持ち帰って今月末までに結論を出して下さい」と要請した。各党議員はそれを了承した。

森ゆうこ議員(右)、福島みずほ議員(中央)、講談師の神田香織氏(左)と秘策を練る。=写真:田中龍作=

森ゆうこ議員(右)、福島みずほ議員(中央)、講談師の神田香織氏(左)と秘策を練る。=写真:田中龍作=

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , .