ドケチ東電 「自主的避難等対象区域」外の住民に和解金

東電との和解にこぎつけた一家の母親。「子どもたちの2段ベッドから高い線量が出た時は、自分の無知さと“大丈夫だ”と言い続けてきた行政に怒りがこみあげた」。=17日、司法記者クラブ 写真:田中龍作=

東電との和解にこぎつけた一家の母親。「子どもたちの2段ベッドから高い線量が出た時は、自分の無知さと“大丈夫だ”と言い続けてきた行政に怒りがこみあげた」。=17日、司法記者クラブ 写真:田中龍作=


 遅々として進まない東京電力の原発事故補償。なかでも「自主的避難等対象区域」の外の住民への補償は最も後回しにされてきた。

 だが原子力損害賠償紛争解決センターの仲介により、対象区域外にあたる白河市から札幌市に自主避難した一家が4月5日、対象区域内からの避難者と同じ水準の和解を勝ち取った。極めて稀なケースだ。一家の母親が17日、司法記者クラブで記者会見した。

 一家は父親、母親、子ども2人(事故当時、中1と小5)。父親の仕事の都合で母子避難となった。一家が損害賠償を申し立てたのは2011年12月。請求金額は母親の離職による減収や交通費など約1,100万円だった。1年4ヵ月の法廷外闘争を経て和解した金額は174万7,190円。申し立てをしなければ、東電が一家に支払った損害賠償は40万円だった。

 申し立てても東電からはナシのつぶてだった。11ヵ月目にして東電からやっと届いた回答は『あなた達の避難には、合理性がない』。

 「悲しい怒りで一杯だった」。母親は悔しそうに当時を振り返った。

人の命よりもカネが大事な東電が、「自主的避難等対象区域」外の住民に和解金を支払ったことを不思議がる記者は多い。=東電本社・内幸町 写真:田中龍作=

人の命よりもカネが大事な東電が、「自主的避難等対象区域」外の住民に和解金を支払ったことを不思議がる記者は多い。=東電本社・内幸町 写真:田中龍作=

 ~補償金減らしの線引きを打破~

 原子力史上最悪の原発事故が起きているのにもかかわらず、政府は避難区域を狭く指定し、しかも細かく線引きしてきた。補償をできるだけ少なくするためだ。

 事故後、白河市にも行政の広報車が回ってきて「安全です、心配いりません」と吹聴した。政府と東電は、避難指定区域から外した地域の住民は外に出したくなかったのだ。今だにその姿勢は変わらない。ばかりか避難区域を解除して住民を返そうとしている。

 白河市に隣接する浅川町や石川町は「自主的避難等対象区域」圏内だ。白河市を脱出する2011年7月、母親が自宅の周りの線量を測ったところ、0・68μSv/hもあった。放射線管理区域となる数値だ。白河市はそれでも対象区域外なのである。線引きは非情という他ない。

 一家の代理人である福田健治弁護士は「(線引きは)政府がまさに行ってきたよくない一面だ。その線引きを打破することができた」と話す。福田弁護士は「圏外被害者からの賠償請求が増えていくのではないか」とも語った。

 福島の事情に詳しいジャーナリストによれば、白河の人たちは『損害賠償を申し立ててもどうせ取れないんだから』とあきらめているという。今回、和解を勝ち取った意義は大きい。

 「あの場所に実際に汚染があったということ。怖くても我慢している人や怖くて逃げ出したにもかかわらず、かかった費用を請求できずにいる人に『あなた達の避難は正当だったんだよ』ということが証明できた」。母親は少し頬を緩ませて話した。

田中龍作の取材活動支援基金

個人の自由や権利が大きく制限され、選挙さえも行われなくなる「緊急事態条項」の発令が現実味を帯びてきました。戦前に戻らぬよう田中龍作に権力の監視を続けさせて下さい。

田中龍作

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

, , , , .